ここから本文です。


音声会議ホン

KX-NT700N 特長

KX-NT700Nイメージ

IP回線(LAN)、一般電話回線対応
IP音声会議ホン
KX-NT700N

[付属品]
  • ACアダプター(長さ:約1.8m)かける1
  • USBケーブル(長さ約1.8m)かける1
  • かんたんガイドかける1
  • セットアップCD-ROMかける1
本体希望小売価格
158,000円(税別)

機能的で操作性のよいフォルムとデザインが評価され、3つの賞を受賞しました。

●2007年財団法人日本産業デザイン振興会主催の商品デザイン部門(業務用コンピュータ、システムおよび関連商品、医療機器・設備)で「グッドデザイン賞」を受賞。
●2008年iF International Forum Design GmbH主催の02Telecommunications部門で「iF product design award」を受賞。
●展示会Interop Tokyo 2008のユニファイドコミュニケーション部門で「Best of Show Award」を受賞。

※ 一般電話(アナログ)回線を使用時には通話開始から一定時間、回線状態の学習を行います。これにより、良好な通話が可能となりますが、ご使用になる回線状態によって学習時間中、音が途切れたり、音量が変化することで通話ができないことがありますが故障ではありません。

広帯域な音声通話が、スムーズで自然な会話をサポート。

7KHz広帯域のクリアな音質(G.722準拠)

IP接続時に、一般電話回線での会話に比べ、高域の音声を送れるため、より明瞭で臨場感のある音声会議ができます。

ストレスなく会話できる全二重対応

当社独自のビームフォーマー技術(特許出願中)により全二重での双方向通話が可能。両者が同時に話しても頭切れのないスムーズな会話をサポートします。

リアルタイム話速変換、独自のノイズリダクションで聞き取りやすい。

ゆっくりと聞き取れるリアルタイム話速変換

通話中に話速ボタンを押すことで相手の会話速度を遅くすることができます。会議などで聞きやすい「会話モード」、朝礼や研修など、相手の話を聞くことが多い場合に聞きやすい「リスニングモード」があります。

話速変換の説明図

周囲の雑音を減少させる独自のノイズリダクション

通話中にマイクノイズカットボタンを押すと、相手に送る音声ノイズを減少させることができます。自分のマイクに周囲の雑音が入りやすい環境で利用するときに便利です。

ノイズリダクションの説明図

サーバーなしで、3拠点間の音声会議が可能。

二者通話中に、別の相手に電話をかけたり、別の相手からの着信を受けると同時に三者での通話ができます。

サーバなしでの3拠点間の音声会議の説明図

多彩な回線接続が可能な端子搭載でさまざまなシーンに柔軟に対応。

電源のない場所でも使用できるPoE対応

付属品のACアダプターに加えPoEにも対応。給電HUBがあれば、ACアダプターを利用しなくても音声会議を行えます。

※ PoE (Power over Ethernet)

外部マイク(別売品)の接続で広範囲な集音が可能

より広範囲の集音が可能となり、広い部屋や人数の多い会議でも快適に会議を行うことができます。

外部マイク接続での集音範囲の説明図

●設置・ご利用環境によっては、通話が聞き取りにくかったり集音範囲が狭くなることがあります。

パソコンにつないで複数人で音声を共有

付属品のUSBケーブルでパソコンと接続すればKX-NT700Nをパソコンのマイクスピーカーとして利用できます※1。Web会議サービス※2利用時などヘッドホン代わりに複数人で音声の入出力を共有できます。

  • ※1 動作モードが「USB Audio」に設定されている場合、他の回線(IP回線、一般電話回線、PHS接続、音声入出力端子接続)での発着信はできません。
  • ※2 サービス提供者との契約(有料)が必要です。また、回線状況やご利用環境によっては、IP音声会議ホンの性能を発揮できない場合があります。

パソコンからIP音声会議ホンを操作

付属品のUSBケーブルで接続したパソコンからIP会議ホンマネージャーを利用して操作・設定することができます。別売のIP会議ホンマネージャー(KX-NCS7101N)で、双方の資料共有など、便利な機能が利用できます。

IP会議ホンマネージャーのパソコン画面の説明図

※ IP会議ホンマネージャーをご利用中はUSBオーディオ機能は利用できません。

■付属のIP会議ホンマネージャーとパッケージ版(別売)との違い
IP会議ホンマネージャー 付属 KX-NCS7101N
操作パネルのダイヤル操作
本機の設定
発着信履歴からの発信
ネットワークカメラ連携
アプリケーション共有
ホワイトボード

会話を録音できるSDメモリーカードスロット搭載

市販の2ギガバイトのSDメモリーカードを挿入して最大約67時間の通話※1録音やメモ録音が可能。録音内容は、本装置またはパソコンで再生※2できるので、正確な議事録作成などに役立ちます。

SDメモリーカードスロット搭載

  • ※1 IP回線、一般電話回線、PHS接続、USBオーディオ利用時のいづれも録音可能です。
  • ※2 PCM形式で保存。再生にはWindows Media PlayerやQuick Timeが必要です。

以上が本文です。ここから関連メニューです。