9型LCDビデオモニター BT-LH910G


BT-LH910G

 

9型LCDビデオモニター

BT-LH910GWXGA/LED



 


ポータブルクラス最高のWXGA(1280×768)解像度

従来機(BT-LH900A)から面積比20%以上の高精細化を成し遂げた新画素構造のNewIPS液晶パネル。17型LCDモニター(当社BT-LH1710)に匹敵する1280×768ピクセルの画素数を9型サイズで得ています。ポータブルモニターとして最高水準の高解像度であり、従来の小型モニターの概念を越えて、HD収録・制作・放送の幅広い用途に新たな運用を拓きます。

高輝度・高コントラスト・広視野角

NewIPS液晶パネルの新画素構造は液晶パネルの透過率を飛躍的に向上し、高輝度を実現しました。さらに液晶材料とカラーフィルターの新設計によって高コントラストな鮮明画像を獲得。屋外収録でも視認性の高いモニターが可能です。また上下左右各176°というLCDディスプレイとして最高水準の広視野角を実現しました。視野角による輝度変化や色変化を抑えた高品質な発色特性を備えています。

バックライトにLEDを採用

NewIPS液晶パネルはバックライトにLEDを採用しています。水銀をまったく使用せず、地球環境の保全に貢献する先進テクノロジーです。

高性能画像処理エンジンによる動画画質

●RGB各色データから三次元LUT(Look Up Table)を用いた高精度10bit処理により、低輝度から高輝度まで正確な色再現を実現。
●斜め線補正処理回路によりギザギザのノイズ発生を抑制。
●入力/出画の遅延を1フィールド未満に抑えた高速高性能I/P変換回路を搭載。
●中間調の応答性を高めた、にじみの少ないクリアな映像を再現。

放送用の階調性とRGBマニュアル調整

製品1台ごとにRGB 独立256ステップで補正を行い、放送用の階調性(γ=2.2)を実現しています。色温度は9300K/6500K/5600Kが選択できるほか、R/G/BそれぞれのGAINとBIASをダイレクトにボリューム調整するマニュアル・ホワイトバランス設定が可能です。

キャリブレーション機能搭載

キャリブレーションソフトウェアをインストールしており当社指定のプローブセンサーとディスプレイカラーアナライザを接続するだけでPCなしでキャリブレーションを行えます。


放送業務用として充実した表示性能と収録アシスト機能、豊富なインターフェイス。

シネガンマ補正と新機能ブラックモード

ノーマルモードとブラックモードの比較VARICAMのF-RECモード撮影映像を最適な階調でモニターできるシネガンマ補正機能を搭載しています。さらに新機能として低階調シーンの暗部を見やすくするブラックモードを搭載。映画制作、フィルム質感のHD番組・CM制作に対応しています。

新オーディオレベルメーターとヘッドホン端子

カラー化された新オーディオレベルメーターは、エンベデッドオーディオ(3G SDI、SDI、HDMI)入力のレベル表示が可能。基準ポイント設定、ピークホールド、オーバーレンジ表示機能も備えています。ヘッドホン端子も装備、モニターチャンネルをメニュー選択可能です。

WFM(Y/R/G/B)とベクトルスコープ表示

波形モニターおよびベクトルスコープ機能を内蔵し入力信号の波形と色域が表示できます。波形表示はY/R/G/Bの信号切替が可能です。

収録をサポートするフォーカスアシスト機能

フォーカス・イン・レッドON時●フォーカス・イン・レッド:フォーカスが合った部分の映像のエッジを赤く強調表示。ピントの山がはっきり確認できます。
●ピクセル・ツー・ピクセル:入力された映像をリサイズすることなく表示。1080/60i信号は13.5型ワイド相当に拡大して確認できます。

クローズドキャプションとタイムコードの表示

SDI、VIDEO入力時にクローズドキャプションを表示できます。HD SDICC 規格EIA-708(SD SDI CC 規格EIA-608)に対応し、最大8つまでのウインドウを同時に表示できます。
またSDI入力時にタイムコード(VITC/LTC/LTCUB/VITCUBから選択)を表示できます。



多彩なマーカー表示

セーフエリア/センターマーカー表示例16:9モード時、4:3モード時ごとに多彩なマーカー表示ができます。
●アスペクトマーカー(16:9): 4:3、13:9、14:9、CNSCO2.39、CNSCO2.35、2:1、VISTAの7種類の画角が確認可能。背景色はBLACK(0%)、HALF(50%)、NORMAL(100%)が選べます。
●セーフエリアマーカー(16:9/4:3): 95%、93%、90%、88%、80%のセーフエリアを表示。
●センターマーカー(16:9/4:3):ON/OFF。例のように他のマーカーと併せて表示できます。16:9モード時、アスペクトマーカーの画角に対応したセーフエリアマーカーを重ねて表示できます。


その他の表示サポート機能

●クロスハッチグリッド:40/80ピクセル間隔(メニュー選択)のグリッドを表示することにより、カメラの水平調整、構図どりをサポートします。
●HVディレイ表示:映像のブランキング期間を表示します。
●MONOモード:白黒映像表示に切換えることが可能です。
●2画面表示:任意フレームの映像を副画面として静止画表示できます。予め撮影しておいた映像とのフレーム合わせなどに活用できます。

ファンクションボタン

3つのファンクションボタンには、豊富な表示・切換機能の中から選択して1 つずつ割り当てでき、ワンタッチで操作が可能です。

3G SDI/HDMIも備えた豊富な入力

3G SDI、SDI(HD/SD対応)、HDMI、コンポジット(VIDEO)、コンポーネント(YPBPR)入力を装備。ほとんどのHD/SD 映像をサポートしてお り、幅広い用途に、またワールドワイドな使用に応えます。

ビューファインダーとしての接続

15ピンVF 端子を備え当社製対応カメラレコーダーのビューファインダーとして使えます。(別売VFケーブル/ BT-CS910Gを使用)。

フィールドワークに応える放送業務用デザイン

●チルトスタンド、ヘッドホン端子を新たに装備。
●タリーランプはフロント&リア、カメラVF 用途時にも対応します。
●SERIAL(9ピン)およびGPI(9ピン)のリモート入力端子を装備。
●薄型・軽量・コンパクトなデザインが設置の自由度を拡大。
●堅牢で耐久性にすぐれたマグネシウムダイキャストフレーム。
●DC駆動。アントンバッテリーを背面に装着可能。

3Dカメラのアシスト機能を多彩に装備。

2つのSDI入力端子に3DカメラのL/R 映像を接続して、2 画面で3D映像を確認・チェックできます。リグ式3Dカメラシステムの調整アシスト機能を多彩に備え3D撮影における準備時間の短縮と精度向上に貢献します。

 

 


 

カメラレコーダーとのシステム接続