パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > ソリューションPRESS > 導入事例 > サフォクリニック様 - 手術室映像システム

サフォクリニック様 - 手術室映像システム

2008年6月

 

 

 

 

『手術室の様子をリアルタイムで
モニタリングする手術室映像システムを導入』

手術室のカメラ映像をネットワークで配信、記録


サフォクリニック様待合室

 東京・六本木にある医療機関サフォクリニック様では、手術室の様子をリアルタイムでモニタリングする手術室映像システムを導入されました。

 

この映像システムは、手術室の無影灯に取付たカメラの映像をネットワークで一元管理することで、その映像を院内に配信し、手術室の様子をリアルタイムでモニタリングすることが可能になります。またその映像は同時に記録され、その後の会議の材料として活用したり、カンファレンス用にPCで編集することも行えます。


無影灯に取付たカメラ

手術室用機器

会議室では検討材料として活用

 ネットワークによる一元管理方式なので、記録媒体の管理が省け、なおかつ記録した映像をすぐに検索することが可能です。記録方式はMPEG2なので、編集作業、資料作成はPCを用いて簡単に行えます。

簡易操作に加え、拡張性にも長けた映像システム

 手術映像を記録するのに必要な作業は録画用のボタンの操作のみなので、手術の支障にならず簡単に運用できる仕組みになっています。さらにネットワーク対応型のシステムなので今後の拡張性も約束されています。



 

導入いただいたポイント

 サフォクリニック様では、手術室映像システムを導入する前は、会議用や後学用の資料の作成に膨大な時間が必要で、そのために「資料を作っている間に、技術革新や細かな手法の変化があり、なかなかタイムリーな情報を提供することができませんでした」との問題を抱えておられました。

 

 現在では、導入いただいたシステムを利用することでリアルタイムの手術の様子を会議室に映すことが可能になり、さらには、資料作成の時間が軽減し、より視覚的な資料を作成できるとお喜びいただけました。


パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > ソリューションPRESS > 導入事例 > サフォクリニック様 - 手術室映像システム