燃料電池は、使用されている電解質の違いにより、発電効率や運転温度等が異なり、それぞれに想定されている用途が異なってきます。

  • 固体高分子形燃料電池(PEFC)
    電解質材料にイオン交換膜を使用したもので、発電効率は30~40%(HHV)であるものの、運転温度が70〜90℃と低く燃料電池を構成する機器の小型化が可能なことから、家庭用の燃料電池として実用化された他、自動車や携帯端末の動力源として実証試験や研究開発が進められています。
  • りん酸形燃料電池(PAFC)
    電解質材料にりん酸水溶液をセパレーターに含浸させたものを使用し、発電効率が35〜42%(HHV)で、動作温度が180〜200℃前後と、工場や事業所のコージェネレーション発電設備として実用化されています。
  • 溶融炭酸塩形燃料電池(MCFC)
    燃料として炭酸イオンを用い、電解質材料には溶融した炭酸塩を使用するもので、発電効率が約40~50%(HHV)で、動作温度が600~700℃となり、火力発電所等の高出力の発電設備の代替としての用途が期待されています。
  • 固体酸化物形燃料電池(SOFC)
    電解質材料にジルコニア系セラミックスなどを使用したもので、発電効率は40~65%(HHV)と高くなりますが、動作温度が700~1,000℃のため、火力発電所等の高出力の発電設備の代替としての用途が期待されています。

主な仕様
  固体高分子形燃料電池 りん酸形燃料電池 溶融炭酸塩形燃料電池 固体酸化物形燃料電池
電解質材料 固体高分子膜 りん酸水溶液 溶融炭酸塩 ジルコニア系セラミックス
運転温度 70~90℃ 180~200℃ 600~700℃ 700~1,000℃
発電効率(HHV) 30~40% 35~42% 約40~50% 約40~65%
想定出力 ~100kW ~1,000kW 100~100,000kW 1~100,000kW
想定用途 家庭用、小型業務用、自動車用、携帯端末用 業務用、工業用 工業用、分散電源用、火力代替 家庭用、業務用、工業用、分散電源用、火力代替

本文の先頭家庭用燃料電池「エネファーム」トップへ戻る