2017年、さらに進化したエネファームが誕生。
これまで以上に性能を向上させ、発電耐久時間9万時間を実現。
また、レジリエンス機能を強化、IoT化に対応しトラブル時対応の強化により、さらなる安心をお届けいたします。

基本性能の向上

発電耐久時間9万時間の実現による、ロングパフォーマンス「12年発電設計」

基幹部品の高耐久化により、従来の発電耐久時間7万時間(10年相当)が9万時間(12年相当)へアップしました。
発電耐久時間が長くなったことにより、経済性がさらに向上しました。

レジリエンス機能を強化

万一の停電時に、電気とお湯もつくれます

停電発生時に、エネファームが発電している場合、継続して電気を供給します。
エネファームが発電停止中の場合は、外部電源とつなげることにより、発電が可能になります。
また、いざという時にタンクの水を取り出して雑用水として使えます。

IoT化に対応

パナソニックスマートHEMS®の新機能とつながることでくらしをサポートします

エネルギーの見える化に加え、新たにスマホ〔宅内外〕からの機器制御(お風呂のお湯はり、床暖房のON/OFF)が可能になります。更に、スマホアプリから満タン事前報知などのプッシュ通知も可能になります。※2018年3月21日対応予定。

AiSEG2品番:MKN713(7型モニター機能付)、MKN704

注意:すべての動作を保証するものではありません。
一定(または、試験や特定の)の環境下において、弊社にて動作確認したものです。

リモコンが使いやすい

省エネ貢献度がわかりやすい、大画面カラーリモコン

エネファームの発電量や電気・お湯・ガスの使用量、エコ貢献度などが、わかりやすい表示・音・光で確認できます。
また、各ご家庭のニーズにあわせて、7つの発電モードをご用意しました。


本文の先頭家庭用燃料電池「エネファーム」トップへ戻る