2017年、さらに進化したエネファームが誕生。
これまで以上に性能を向上させ、発電耐久時間9万時間を実現。
また、レジリエンス機能を強化、IoT化に対応しトラブル時対応の強化により、さらなる安心をお届けいたします。

基本性能の向上

発電耐久時間9万時間の実現による、ロングパフォーマンス「12年発電設計」

基幹部品の高耐久化により、従来の発電耐久時間7万時間(10年相当)が9万時間(12年相当)へアップしました。
発電耐久時間が長くなったことにより、経済性がさらに向上しました。

レジリエンス機能を強化

万一の停電時に、電気とお湯もつくれます

停電発生時に、エネファームが発電している場合、継続して電気を供給します。
エネファームが発電停止中の場合は、外部電源とつなげることにより、発電が可能になります。
また、いざという時にタンクの水を取り出して雑用水として使えます。

IoT化に対応・トラブルにつよい

IoT化に対応。インターネットを介して、よりスピーディ&セーフティに対応

エネファームに故障が生じても、インターネット接続機能を標準搭載しているので、お客様へのご訪問なしで故障内容を確認できます。そのため、故障などで困ったときにも、迅速な対応が可能です*1

リモコンが使いやすい

省エネ貢献度がわかりやすい、大画面カラーリモコン

エネファームの発電量や電気・お湯・ガスの使用量、エコ貢献度などが、わかりやすい表示・音・光で確認できます。
また、各ご家庭のニーズにあわせて、7つの発電モードをご用意しました。

デザイン性にすぐれた、ルーバーパネル

ご自宅の外観や庭のテイストにあわせて、お選びいただけます

2種類の木目調ルーバーパネル*2(オプション)で、デザイン性をアップ。

《 関連情報 》

  1. *1:有線LANによるインターネット接続が必要です。
  2. *2:ルーバーパネルは、住商メタレックス株式会社扱いです。

本文の先頭家庭用燃料電池「エネファーム」トップへ戻る