新機能のご紹介ページのメインビジュアルです。 4つの新機能を紹介した画像です。停電そなえ発電で安心!、ヒーター給湯機能で安心!、おてんき連動でかしこく運転!、スマホアプリで操作も便利!新機能のご紹介ページのメインビジュアルです。 4つの新機能を紹介した画像です。停電そなえ発電で安心!、ヒーター給湯機能で安心!、おてんき連動でかしこく運転!、スマホアプリで操作も便利!

ENE・FARM エネファーム
安心・快適・便利!
エネファームの新機能

新しいエネファームは、レジリエンス機能の強化やネットワークの活用で、
いつでも快適に、もしものときも安心できる毎日をご提供します。

LPWA搭載(NEW)

エネファームがLPWAの電波を発信しているイメージの画像です。

新エネファームはセルラー方式のLPWA通信機能を標準搭載。有線LAN工事やWi-Fi設定は不要、お使いいただくその日からすぐネットワークにつながります。
クラウド接続を利用した様々な新機能も搭載され、エネファームがますます便利になりました。

LPWAとは、Low Power Wide Area-network の略称です。特定の通信規格を表した言葉ではなく、低消費電力かつ広範囲なエリアでの通信が可能という特長をもっている無線ネットワーク方式の総称として用いられています。

停電そなえ発電(NEW)

停電そなえ発電のキービジュアルです。家族がリビングに集まってTVで台風情報を見ている画像です。エネファームは、停電の発生リスクを検知して自動で停電に備えます(停電そなえ発電自動切替)。

新しいエネファームは、停電発生にそなえて48時間連続発電を行う「停電そなえ発電」機能を新たに搭載。クラウド接続により停電の発生リスクを検知すると、「停電そなえ発電」に自動的に運転を切り替えて停電に備えます。

<停電そなえ発電>

リモコン画面:停電そなえ発電開始時

停電発生に備えて、48時間連続発電を
行う発電モードです。

  • ❶ 発電停止中の場合は、発電の準備をします(起動します)※1
  • ❷ 48時間発電を継続します※2
  • ❸ 停電が発生すると、停電発電に自動で切り替わります
  • ※1 発電停止状態から発電開始まで、都市ガスで約40分、LPガスで約90分かかります。
  • ※2 発電を継続するために、貯湯タンクのお湯が満タンに近づくと、浴槽にお湯を自動で排水します。
  • 停電そなえ発電を開始するためには、ガス・水道・系統電力が供給状態であることが必要です。
  • 停電そなえ発電は、停電時の発電を保証するものではありません。
  • 停電そなえ発電中は、700Wまで発電ができます。

(株)ウェザーニューズからの情報で停電に備える(株)ウェザーニューズロゴ

ネットワークを経由して、(株)ウェザーニューズからの停電リスク予測情報を受信すると、
発電モードが「停電そなえ発電」に自動で切り替わります

台風に発生によりエネファームが停電リスク予測情報を受信しているイメージの画像です。
リモコン画面:停電リスク予測情報受信時
  • 停電そなえ発電の自動切り替えを行うには、ネット―ワーク関連規約に同意している必要があります。
  • 停電そなえ発電の自動切り替えは、ネットワーク関連初期設定を開始してから10年間のご利用が可能です。
  • 停電そなえ発電は停電時の発電を保証するものではありません。停電リスク予測情報を受信した際のエネファームの状態や、
    停電発生のタイミングなどによっては、停電発生までに発電を開始できない場合があります。

「停電そなえ発電(発電停止中状態から)」のイメージ

「停電そなえ発電(発電停止中状態から)」の運転イメージを説明するイラストです。エネファームの発電状態の変化と、電気の使用量、購入電力使用、エネファームで発電した電力の使用、停電時に利用可能な電力をグラフで示しています。エネファームは、発電停止中に(株)ウェザーニューズから停電リスク予測情報を受信すると、停電そなえ発電に自動で切り替えて起動・発電します。発電停止状態から発電開始まで、都市ガスで約40分、LPガスで約90分かかります。停電そなえ発電中は最大700Wまで発電できます。停電そなえ発電中に停電が発生すると、エネファームは停電発電に切り替えて発電を継続します。停電発電中は最大500Wまで発電できます。また停電中の発電は、停電前の発電開始から最長8日間(192時間)発電可能です。停電そなえ発電開始から48時間以内に復電すると、エネファームはふたたび停電そなえ発電に自動で切り替えます。停電そなえ発電開始から48時間経過後は、通常の発電モードに戻ります。

※発電停止状態から発電開始まで、都市ガスで約40分、LPガスで約90分かかります

  • 購入電力を使用
  • エネファームで発電した電力を使用
  • 停電時にご利用可能な電力
  • グラフは一例であり、実際の電気・お湯のご使用状況によって異なります。

こんな使い方もできます!

「停電そなえ発電」に手動で切り替える

急な天候変化で停電の恐れがある
場合や、計画停電などに備えたいとき

  • ネットワークに接続していなくても使用できます。
  • 手動で切り替えるときは、停電が予想される時刻よりも2時間ほど前までに設定してください。
  • 「発電設定」スイッチを3秒以上押す

    リモコン画像:「停電そなえ発電」手動切り替えの手順①。「発電設定」スイッチを枠囲みした画像
  • 停電そなえ発電に切り替わります

    リモコン画像:「停電そなえ発電」手動切り替えの手順②。リモコン画面に停電そなえ発電を設定した旨のお知らせのポップアップが表示された画像
  • 停電そなえ発電を開始します

    リモコン画像:「停電そなえ発電」手動切り替えの手順③。リモコン画面に停電そなえ発電を開始した旨のお知らせと停電そなえ発電終了までの残り時間がポップアップで表示された画像

ほかの新機能を見る

ヒーター給湯(NEW)

ヒーター給湯のキービジュアルです。子供がシャワーを浴びている画像です。エネファームは、ヒーター給湯で、ガスが止まってもあたたかいお湯が使えます。

新しいエネファームは、ガスが止まった際にもお湯がつくれる「ヒーター給湯」機能を備えています。もしもの時にもあたたかいお湯で家事をしたり、おふろに入ったり…と、ガスが止まってもお湯が使える、家族のご要望に応えた新機能です。

ガスが止まっても、おふろに入れる、お湯が使える

ヒーター給湯

■ 簡単な操作で、お湯がつくれる

ヒーター給湯機能のイメージイラストです。エネファームはガスが止まっても、停電や断水が発生していなければ、電気ヒーターで水を温めてお湯をつくることができます。できたお湯はおふろや手洗いなどにお使いいただけます。貯湯タンクが満タンならお風呂一杯分のお湯が利用可能です。水温15℃の場合、40℃のお湯が、一体型は約230L(所要時間目安19時間)、別置型は約180L(所要時間目安15時間)できます。水温が低い場合や浴槽の大きさにより、おふろ一杯にならない場合があります。

ガスが停止した場合、周囲の安全を確認した上で、「ヒーター給湯」を「入」に設定すると、ガスが復旧するまで電気ヒーターでお湯をつくり、貯湯タンクにお湯を貯めます。

  • 貯湯タンクのお湯は給湯に使用できるので、おふろや家事などにお使いいただけます。
  • ガス復旧を検知すると、「ヒーター給湯」は自動で解除されます(「切」に切り替わります)。
  • ※水温15℃の場合、40℃のお湯が、一体型は約230L(所要時間目安19時間)、別置型は約180L(所要時間目安15時間)できます。水温が低い場合や浴槽の大きさにより、おふろ一杯にならない場合があります。
  • 「ヒーター給湯」はガス停止時のみ使用できます。停電や断水が発生している場合は使用できません。
  • 「ヒーター給湯」の場合、お湯がなくなることがありますので、残湯量表示を確認しながらお使いください。
  • 冬期など凍結のおそれがある場合は、凍結予防動作が優先され、その間「ヒーター給湯」は使用できません。

ほかの新機能を見る

おてんき連動(NEW)

おてんき連動のキービジュアルです。絨毯の上で日向ぼっこしている親子の画像です。おてんき連動では、晴れの日は太陽光発電の活躍を優先させることができます。

新しいエネファームは、(株)ウェザーニューズと連携し天気予報にあわせて運転する「おてんき連動」機能を搭載しています。 天気予報が晴れで太陽光の発電量が多いと予測される時間帯はエネファームの発電を停止することで、太陽光発電でつくった電気を優先的にご家庭でご使用いただくことができ、太陽光発電の自家消費をサポートしながら上手にダブル発電をします。

太陽光発電の自家消費を優先する新機能「おてんき連動」

エネファームが天気予報にあわせて運転
太陽光発電のFIT制度による売電期間が過ぎたお宅をサポート

エネファームが(株)ウェザーニューズから天気予報を受信するイメージ画像です。

「おてんき連動設定」を「入」に設定すると、前日の18 時以降に(株)ウェザーニューズより翌日の天気予報を受信し、エネファームが天気予報にあわせた運転スケジュールを作成して発電します。

  • おてんき連動を利用するには、太陽光発電の設置、およびネットワーク関連規約に同意している必要があります。
  • おてんき連動は、ネットワーク関連初期設定を開始してから10年間のご利用が可能です。
おてんき連動の運転イメージ(晴れの日)
おてんき連動のイメージ(晴れの日の日中):エネファームは発電を停止し、太陽光で発電した電気と購入電気を使用します。
おてんき連動のイメージ(晴れの日の夜間):エネファームがでつくった電気と購入電気を使用します(太陽光発電は行いません)
晴れの日のおてんき連動の運転イメージのグラフです。朝は購入電気と太陽光で発電した電気を併用します(エネファームは発電を停止しています)。太陽光発電の電力量が上がり太陽光発電だけで使用量をまかなえるようになると、太陽光で発電した電気のみを使用します(エネファームは発電を停止しています)。夕方から太陽光発電の発電量が落ちるため、エネファームが発電を開始し、夜から朝にかけては、エネファームで発電した購入電気を併用します。
おてんき連動の運転イメージのグラフの凡例です(電気使用量、太陽光発電量、太陽光で発電した電気、エネファームで発電した電気、購入電気)。
  • イメージは一例で、おてんき連動の時間は季節により異なります。
    また、エネファームと太陽光の発電時間や発電量および電気使用量は、各家庭の電気とお湯の使用量や、発電設備の状況により異なります。
  • おてんき連動でエネファームの発電を停止する天気予報は、「入(晴れ)」または「入(晴れと曇り)」から設定できます。
    設定以外の天気予報の場合は、エネファームの発電を停止しません(実際の発電時間は、家庭の電気とお湯の使用量により異なります)。 

ほかの新機能を見る

LINEのエネファーム(NEW)

スマートフォンアプリサービスのキービジュアルです。楽しそうにスマホを操作する夫婦の画像です。エネファームは、使いやすくて、わかりやすいスマートフォンアプリサービスを利用することができます。

新しいエネファームは有線LAN工事やWi-Fi設定をしなくてもネットワークに接続できるので、手間なくスマートフォンアプリサービスを使うことができます。

LINEアイコンパナソニック エネファーム LINE公式アカウントと
友だちになると便利な機能をお使いいただけます

いつでも どこからでも
操作ができます

  • おふろのお湯はりをON/OFF
  • 床暖房の運転をON/OFF
  • エネファーム本体の発電を操作
  • 運転状態の確認
LINEを使って、いつでもどこでも操作できることを説明するイラストです。おふろのお湯はりのON/OFF、床暖房の運転のON/OFF、エネファームの発電、運転状態の確認の操作ができます。
  • *通信環境や機器の状態などによって、ご利用になれない場合があります。

つくった量、使った量などを
確認できます

  • 電気、お湯のつくった量をみる
  • 電気やガスなどの使った量や料金の目安をみる
  • 電気、お湯の自給率をみる
LINEのエネファームの発電実績画面です。左側は発電量(W発電)をグラフで表示した画面、右側は電気の使用量をグラフで表示した画面です。

エネファームの使い方を
確認できます

  • かんたん操作ガイド
スマートフォンでガイドを確認して、「なんだ、こうすれば良かったんだ」と納得した女性の画像です。
2021年秋以降提供開始予定

エネ牧場でエネファームの
ある暮らしをもっと楽しめます

  • キャラクターに名前をつけて自分だけの牧場をつくれる!
  • 牧場やキャラクターがエネファームの活躍に応じてどんどん成長!
  • 防災などのお役立ち情報や、エネファームの状態・実績などを
    キャラクターがかわいくお知らせ!
エネ牧場の基本画面(左)と、エネ牧場をスマートフォンで見て「昨日より成長してるね!」と楽しんでいる親子の画像(右)です。
  • スマートフォンアプリサービスは、ネットワーク関連初期設定を開始してから10年間のご利用が可能です。
  • サービスの内容は予告なく変更・中止になる場合があります。
  • スマートフォンの画面はイメージです。お使いのスマートフォンの機種、およびブラウザによっては表示が異なる場合があります。
    また画面のデザインは、改善等のため予告なく変更する場合があります。
  • LINEおよびLINE関連サービスのロゴ・アイコン・シンボルなどはLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • 「エネ牧場」およびエネ牧場に登場する羊のキャラクターはパナソニック株式会社の商標です。
スマートフォンアプリサービス「LINEのエネファーム」のリンクバナーです。クリックすると、LINEのエネファームの紹介ページにリンクします。

ほかの新機能を見る


本文の先頭

up