2013年6月14日、日本政府は新たな成長戦略として「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」を閣議決定し、その中で、「クリーン・経済的なエネルギー需給の実現」として、燃料電池技術の開発やエネファームの普及促進目標が示されました。

また、日本における2012年度の新築住宅着工戸数は、936,330戸で、63%(588,415戸)が戸建て住宅、37%(347,915戸)が集合住宅となっています。

2012年度新築住宅着工戸数

しかし、東京都や神奈川県などの都市部を見ると、新築住宅における集合住宅の比率が増え、東京都においては、集合住宅の割合が63%(90,858戸)となり、今後のエネファームの普及拡大には、集合住宅への設置が不可欠となります。

しかし、東京都や神奈川県などの都市部を見ると、新築住宅における集合住宅の比率が増え、東京都においては、集合住宅の割合が63%(90,858戸)となり、今後のエネファームの普及拡大には、集合住宅への設置が不可欠となります。


本文の先頭家庭用燃料電池「エネファーム」トップへ戻る