エネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)の「工事説明書」が
「マニュアル オブ ザ イヤー」を受賞

2017年11月1日
パナソニック株式会社

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、一般財団法人テクニカルコミュニケーター協会が主催する「日本マニュアルコンテスト2017」において、エネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)工事説明書が、最も評価の高いマニュアルを表彰する「マニュアル オブ ザ イヤー」を受賞しました。

今回受賞した工事説明書は、産業部門の「部門優秀賞」を受賞し、「マニュアル オブ ザ イヤー」にノミネートされ、10月4日(水)に行われた最終プレゼンテーションと最終審査を経て、「マニュアル オブ ザ イヤー」が発表されました。

今回の受賞に際し、「従来の業者向け工事説明書のスタイルから、一般ユーザー向けの取扱説明書を意識したスタイルへと、大幅な改訂改善を試みている。具体的には、工程全体を俯瞰できる図解説明を加えたこと、施工手順の説明に3Dイラストを適切に用いて見やすさわかりやすさを改善したこと、レイアウトやデザインの工夫により検索性を向上させたこと、安全への配慮に関する情報の提示方法を工夫したことである。」と評価されました。

また、発表同日に行われた表彰式では、「正しく、安全に工事を行うためだけの工事説明書づくりだけではなく、お客様に安心して安全にご使用いただくことも考えて制作した視点」についても高く評価されました。

マニュアル オブ ザ イヤー 表彰状

以上

本文の先頭家庭用燃料電池「エネファーム」トップへ戻る