受け取り用冷凍・冷蔵ロッカー

街中さまざまな場所で受け取りを実現する「受け取り用 冷凍・冷蔵ロッカー」非対面受け渡しで、受け取り側・お届け側双方の利便性向上に貢献。好きな場所・時間の受け取りで顧客満足度の向上に貢献。Eコマースのご利用促進を実現します。再配達コストを削減。配送の効率化にもおすすめです。クラウド型遠隔監視サービスで利用状況・庫内温度を24時間管理。だから安心安全!


ご紹介動画


本動画では製品の特長やご利用シーン、ご利用の流れをご紹介します。


ご利用シーン

ライフスタイルに寄り添った受け取りの仕組み作りで、Eコマースのご利用促進を実現します。

忙しく働く方:会社や自宅最寄り駅に
小さなお子様のいるご家庭:保育園・幼稚園・学童保育に
近くにスーパーがないご家庭:病院・団地・店舗に
集合住宅のメリットを生かす:共用ロビー・各フロアに

ご利用の流れイメージ例:ネットスーパー


①注文者様がECサイトで注文。受け取り先にロッカーを指定。
②ECサイトから暗証番号をメールで受け取る。
③店舗の従業員様が商品をピックアップ。
④配送員様がロッカーまで商品を配送。暗証番号を入力して商品をロッカーに入庫。
⑤注文者様が暗証番号を入力し、商品を受け取る。

※1店舗様側で注文システムをご準備いただきます。

※2暗証番号はバーコード・QRコードでも対応できます。


仕様


ユニット仕様

ご利用状況に合わせ、「制御ユニット」と「冷蔵ロッカーユニット(冷蔵・常温)」「冷凍ロッカーユニット」を組合せ。「制御ユニット」1台に対して最小1列~最大20列まで構成可能です。

ユニット構成例

クラウドサービス

ロッカーの利用状況や機器の状態などの遠隔監視や解錠などの遠隔制御も可能です。

ロッカーのご利用にはクラウドサービスへのご加入が必要となります。

※画面は開発中のもので実際の仕様とは異なる場合があります。

特長


POINT1

屋内・屋外への設置が可能

様々なシチュエーションに応じて屋内はもちろん、屋外スペースでの設置にも対応します。

設置環境により性能が影響を受ける場合があります。

屋外設置対応の「制御ユニット」は近日発売予定です。




POINT2

冷凍含む3温度帯対応

用途に合わせた温度設定が出来るのでいろいろな食品の保管も可能です。


設置環境により性能が影響を受ける場合があります。



POINT3

庫内二重扉を採用

外扉と内扉の二重扉で商品を保管するボックス構造です。



POINT4

広告ラッピング(オプション)

広告ラッピングをすれば広告効果も抜群。
景観になじんだ空間演出も可能です。


QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。