パナソニックの光IDソリューション
光が切り拓く、新たなコミュニケーション、体験

NEWS

「LinkRay」ってなに?

パナソニックの独自技術「光ID」を活用した、これまでにない情報配信システムです。街の中で使われているLEDを光源とした明かり(ライト)やディスプレイから送信されるID信号をスマートフォン(※)で読み取ることで、例えば、交通案内や店舗・商品に関する情報、さらにはスマートフォン所有者の言語に応じたコンテンツなど、多彩な情報を簡単に入手できるようになります。マーケティングでの活用やホスピタリティの広報など、さまざまな分野への応用が期待できます。

LinkRayの仕組み

  • アプリをダウンロード
  • 光ID送信機能つきの照明器具やディスプレイを光ID送信機にかざす
  • コンテンツを表示

MOVIE

LinkRay 紹介動画 ユースケース編

  • LinkRay 仕組み
  • LinkRay 技術紹介

LinkRayの特長

  • 受信レスポンスが速い

    対象物に近づいての正確な画角合わせやピント合わせは不要です。また、短い読み取り時間でIDを受信し関連した情報(リンク先)への誘導を可能にします。

    • ※OSバージョンやカメラ仕様などが、専用アプリケーションの利用条件を満たしたスマートフォンに限ります。
  • 混雑状況に強い

    スマートフォンで光を受信することができれば、人混みで画面が遮られた場合であってもIDの受信が可能です。

  • 隣接した発信光源設置が可能

    電波を使用しないので、電波干渉を気にせず複数の光ID発信光源を隣接する場所に設置することができます。

    • ※光が重なる状態での設置はできません。また、反射光などの影響を受ける場合があります。
  • 多彩な器具や機器に対応

    LEDを光源とする照明看板、ショウウィンドウなどで利用される外照式照明器具、またはデジタルサイネージに用いられる液晶ディスプレイでの利用が可能です。

    • ※「光ID」発信機能付きの照明看板、照明器具、デジタルサイネージディスプレイなどに限ります。

2次元バーコード・
Bluetoothとの比較

光ID技術は、受信速度の速さに加えて、従来の通信方式と比べても大きな利点があります。例えば、QRコードなどの画像読み取り方式では、読み取り位置の調整や、複雑な画像の認識処理に手順がかかる場合があります。これに対して光IDはスマートフォンのカメラをLED光源や、LED光源で照らされた対象物にかざすだけで素早く情報を受信できます。

LinkRay
  • 直感性

    看板・サイネージ方向に
    向けて
    かざす

  • 受信速度

    かざすと即受信

  • 混雑時

    光が届けば受信

QRコード
  • 直感性

    QRコードに
    近づいてから
    かざす

  • 受信速度

    カメラの位置合わせ
    ピント調節待ちと
    待ち時間が長い

  • 混雑時

    近寄れないと
    認識できません

LinkRay
  • 直感性

    近くに発信機が
    複数あるとき
    どこからの情報か不明

  • 受信速度

    近づくと自動受信

  • 混雑時

    人が電波を
    吸収・乱反射し
    正しく受信できず

  • ※設置条件によっては、スマートフォン、タブレットで光を受信できない場合があります。
  • ※スマートフォン、タブレットによってはリンクレイに対応していない機種があります。

導入までの流れ(一般例)

  • 01お問い合わせ
    ご相談

    技術的な質問やご相談もお気軽にお問い合わせください。

  • 02ご訪問・ご提案

    ご利用用途や設置環境などをお聞かせください。

  • 03概算見積もり
    詳細仕様検討

    必要設備や必要ID数、運用などの取り決めを行います。

  • 04正式見積もり
    ご契約

    具体的な導入に向けて、正式にご発注いただき、サービス契約をいただきます。

  • 05納品・設置
    サービス開始

    必要機器を設置、環境設定、動作確認を行います。管理ポータルをご提供し、サービス開始となります。

パナソニックセンター東京で
実際に体験いただけます。

新横浜のラボにて、
導入機器・技術・施工等の検討が行えます。