顔認証 入退セキュリティ&オフィス可視化システム KPAS 2019年4月26日受注開始

顔認証 入退セキュリティ&
オフィス可視化システム
Panasonic Deep Learning Facial Recognition System 2019年4月26日受注開始

いこう、会社で顔認証
あたりまえ時代

KPASは、「顔」で本人認証を行う入退セキュリティシステム。
家電で培った、使いやすさへのこだわりやノウハウと、
お客様との実証実験を重ねて徹底的に追求した、
「現場」にあった機能やデザインで快適なオフィス空間づくりと
お客様のビジネスに貢献します。

KPASの特長

ディープラーニングを応用した世界最高水準※1の顔認証技術を活用。
顔の向きや経年変化、メガネなどにも影響されにくく、快適にご利用いただけます。
さらに、デジタル名刺や人的ネットワークの見える化など
ビジネスに活用できる新たな情報を獲得できます。

  • 顔認証で
    らくらく入退

    約1秒以内で素早く認証※2。ICカードを取り出す必要はありません。カードの貸し借りによるなりすましや、紛失・盗難などのリスクも低減できます。

  • 利用者登録も
    素早くかんたん

    レジスターで顔写真と名刺を撮影するだけ。3ステップの簡単操作で登録※3でき 、即時利用が可能になります。ICカードの発行や管理も不要になります。

  • 認証だけじゃない
    名刺検索・人脈分析

    顔写真入りデジタル名刺や、誰と誰がミーティングしたかなどの情報を閲覧可能。蓄積されたデータをビジネスに活用できます。

  • 2017年4月28日に公開されたNIST公式の評価レポート(IJB-A Face Verification Challenge Performance Report、IJB -A Face Identification Challenge Performance Report)における評価点において。
  • 状況によっては、認証に時間がかかる場合があります。
  • 顔登録は、管理者による一括登録も可能です。

活用シーン

  • エントランスで
    らくらくウォークスルー

    立ち止まらずにウォークスルーでセキュリティゲートを通る事ができます。ICカードを取り出す必要が無いので、両手がふさがっていても大丈夫。社員はもちろん来訪者の方にも、快適でストレスフリーなオフィス空間を実現できます。

  • 会議の場で
    “名前が分からない”を解消

    「この人名前なんだったっけ…?」そんなときでもKPASなら、会議室の一覧から入室中の人の一覧を顔写真付きで確認可能。部署や名前だけでなく、過去のコンタクト履歴も確認できます。

  • 営業活動で
    社内人脈を徹底活用

    人脈検索を使って、アプローチしたいキーマンとつながりの強い人を発見。自分自身は直接接点がない場合でも、社内の人脈をトータル活用して効果的な営業活動を展開できます。

事例

当社本社ビル来客受け付けに先行導入。

システム構成例

登録人数は最大3万人、ゲート・チェッカーは合計最大100台まで対応可能。
大規模なオフィスビルにも導入いただけます。

  • システム構成は一例です。ネットワークの構築には別途ハブ等が必要になります。
  • KPASゲートは、ご使用のセキュリティゲートに応じた特注対応となります。
  • 製品のデザインは予告なく変更となる場合があります。
  • 登録人数や接続台数の上限は、ご利用ライセンスによって異なります。
  • μSocketsはパナソニックのB2B向けIoTサービスです。

ラインナップ

現場のニーズに合わせて選べる豊富なラインナップ。

登録/認証装置

登録装置

XC-KPR30J

KPASレジスター

認証装置

XC-KPC40J

KPASチェッカー
壁掛けタイプ

特注品

KPASチェッカー
壁掛けタイプ
ICリーダー付属版

特注品

KPASゲート
アダプタータイプ

参考品

KPASチェッカー
スタンドタイプ

  • 製品のデザインは予告なく変更となる場合があります。

ライセンス

エントリー

XC-KPL30J

管理・認証サーバー
ライセンスエントリー

登録人数:最大1万人
チェッカー・ゲート収容台数:最大16台

  • 最大台数/人数の拡張はできません。

ベーシック

XC-KPL20J

認証サーバーライセンス
ベーシック

チェッカー・ゲート収容台数:最大16台

  • 接続台数に応じ複数ライセンスご利用可能。ただし、1システムあたりの合計収容台数は最大100台までです。
  • 別途「管理サーバーライセンスベーシック」が必要です。

XC-KPL10J

管理サーバーライセンス
ベーシック

登録人数:最大1万人

  • 1システムあたり1ライセンスとなります。登録人数の拡張は「管理サーバー+1万人追加ライセンス」をご利用ください。(合計最大3万人まで拡張可能)
  • 別途「認証サーバーライセンス ベーシック」が必要です。

XC-KPL11J

管理サーバー+1万人追加
ライセンス

登録人数追加:1万人

  • 1システムあたり2ライセンスまで追加可能。(合計最大3万人まで拡張可能)
  • 別途「管理サーバーライセンスベーシック」が必要です。
  • エントリー版への追加はできません。
  • エントリーとベーシックの混在はできません。
  • ベーシックでは、管理サーバーライセンスと認証サーバーライセンスが最低1ライセンスずつ必要です。

様々な現場へ活用拡大中
パナソニックの顔認証技術

パナソニックの顔認証技術は、空港での出帰国手続きで使われている「顔認証ゲート」や、アミューズメントパークの「顔認証入退場&チケットレス乗車システム」にも採用。高い認証精度と、家電で培った「使いやすさ」が評価されています。

お問い合わせ

  • お電話
  • メール
  • 「KPAS」及びKPASはパナソニック株式会社の登録商標です。