法人向けトップ > MeAV Anatomie

MeAV Anatomie 3D多視点3D解剖教育システム

「実写」の多層像解を
3Dで再現

大学の講義・セミナー・診療科での
研修医教育に

多視点多層3D解剖は、2007年より
岡山大学 麻酔科蘇生科 武田吉正准教授が開発してきました。
人体構成学教室 大塚愛二教授監修の下、岡山大学3D 解剖プロジェクトに参画する
各診療科専門医が解剖を行い、パナソニックが撮影とシステム化を実施しました。
産学連携による共同研究成果です。

多視点実写3D
解剖映像の特長

一部位あたり十数万枚にもおよぶ実写3D解剖映像の中から、
学習者が見たい方向、見たい深度を選んで、解剖を学ぶことができます。

1

多層解剖

体表から体内までを段階的に解剖

  • 体表から体の奥に向けて段階的に解剖
  • 体内の構造を熟知した岡山大学各診療科専門医が、整然かつ丁寧に解剖
  • 日々の臨床経験より、学習者に着目して欲しい部位を各層毎に剖出
2

多視点3D撮影

体表から体内までを段階的に解剖

  • 多層解剖の進行とともに、各層を囲む球面上の多視点から3D立体撮影
  • 緯度、経度方向それぞれに視点を変えながら観察可能
  • 一視点に限定された解剖映像からは得がたい、部位の位置関係把握が可能
3

インタラクティブ3D表示

視点変更
解剖深度の切り替え
拡大・縮小

その他の特長

高解像度撮影

  • 4Kを超える高解像度で撮影
  • 部位の拡大表示においても、鮮明な画像を表示
  • 微小かつ複雑な構造を持つ部位における理解を促進

実写の解剖映像

  • 本物の実写解剖映像のみが持つ限りない情報量を保有
  • 学習者の知識向上、経験の蓄積に応じてさらに深い知識の取得が可能
  • 実写の持つ正確な情報で医療従事者の生涯学習を支援

正しい奥行き再現技術

  • パナソニック独自の3D映像処理技術(日米で特許取得済み)を導入
  • ディスプレイサイズと視聴距離の設定により、正しい奥行き再現
  • 過度な飛び出しや立体感不足を解決し、正しい体内の立体構造の把握が可能

機能

名称ラベル表示機能、ラベルインフォ表示機能、検索機能など、
多種多彩な機能を搭載。

ラベル表示

ブックマーク

オーバーレイ

検索

画像キャプチャ

さらに詳しく

コンテンツ

全身約43種類の解剖映像の中から、必要な映像をご利用いただけます。
また、今後さらに解剖映像をリリース予定であり、映像を追加でご利用いただけます。

さらに詳しく

システム構成

スタンドアロン型パッケージ

単一ユーザーでの利用に適しています。
ご利用目的にあわせて、3Dディスプレイ等
様々な表示機器をお選びいただけます。

ネットワーク型パッケージ

ご利用端末数が多数の場合、
大学・病院内にサーバーを設置し
ご利用いただけます。

さらに詳しく

関連情報

さらに詳しく

お問い合わせ

  • お電話
  • メール

ビジネスアイディアを実現する パナソニックの革新的技術をお探しなら

コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター ビジネスに共創イノベーションを。
コンシューマー視点のノウハウ・発想力と確かなコア技術力でビジネスの明日の姿をお客さまとともに創りだしてまいります。

法人向けトップ > MeAV Anatomie