法人向けトップ > MeAV Anatomie > コンテンツ

MeAV Anatomie 3Dコンテンツ

全身52種類の解剖映像の中から、必要な映像をご利用いただけます。

頭部

脳動脈 脳動脈とその灌流域の理解を目的とした脳解剖 脳を灌流する内頸動脈系、椎骨脳底動脈系の動脈の走行と灌流域を観察するために、着色シリコンを灌流した脳を11層に解剖。 11
脳解剖脳底アプローチ 脳の深部構造の理解を目的とした脳底(下方)からの脳解剖 脳神経と脳の深部構造、特に辺縁系を観察するために脳を脳底(下方)より4層に解剖。(高度脳萎縮、低灌流による側副血行) 4
脳解剖上方アプローチ 脳の深部構造の理解を目的とした上方からの脳解剖 脳の深部構造、特に大脳基底核、脳室系を観察するために脳を上方より11層に解剖。 11
前頭側頭開頭 前頭側頭開頭に必要な局所解剖(Orbito-zygomatic approachも含む) 脳神経外科で最も一般的な開頭。全10階層。 10
前頭側頭開頭(拡大) 前頭側頭開頭に必要な局所解剖(Orbito-zygomatic approachも含む)(拡大) 前頭側頭開頭の最終層を拡大、全大脳動脈、中大脳動脈、視神経などを観察する。 1
側頭開頭-2 Orbito-zygomatic approach(Extradural approachから)における局所解剖 脳神経外科アプローチを13階層で示す。側頭筋膜、蝶形骨縁、動眼神経などを観察する。 13
側頭開頭-3 経錐体骨アプローチに必要な局所解剖 脳神経外科アプローチを9階層で示す。硬膜、三叉神経、動眼神経などを観察する。 9
眼球 眼科手術に必要な解剖 水晶体、網膜、眼動脈などを観察するため、眼球を15階層に解剖。 15
中耳 中耳手術に必要な解剖 中耳手術のための臨床解剖。全6階層。 6
中耳、内耳、耳下腺 中耳、内耳および耳下腺手術に必要な解剖 中耳、内耳および耳下腺手術に必要な臨床解剖。全22階層。 22
副鼻腔および副咽頭 顔面深部の手術に必要な臨床解剖 外側翼突筋、頸動脈、茎突舌筋、耳管などを観察するため、副鼻腔および副咽頭を9階層に解剖。 9
顔面・下顎・側頸部-1 インプラント手術に必要な上下顎の解剖と、関連した頸部の解剖 上歯神経叢と伴行動脈、下歯槽神経と下歯槽動脈の追究。上顎洞粘膜や下顎管の観察と、舌・舌下神経、舌下動脈とオトガイ下動脈の吻合部を中心に8階層に解剖。 8
頭蓋骨 頭蓋骨の観察 頭頸部構造理解のための頭蓋骨の観察。全3階層。 3
顔面・下顎・側頸部-2 歯科手術に必要な解剖 歯科手術に必要な解剖を観察する。全7階層。 7
顎関節とその周囲 顎関節症の診断と治療に必要な解剖を、15層に分けて表示。 食生活の変化に伴い顎関節症等の疾患が増加していることから、その診断と治療に必要な解剖学的知識を把握する必要が高まっている。本コンテンツでは顎関節周囲に重点を置いて解剖した。 15

上肢

肩関節周辺の手術に必要な解剖学 三角筋、僧帽筋、大胸筋、上腕筋、広背筋、小胸筋、上腕二頭筋、腱板、関節窩などを観察するため、肩を13階層に解剖。 13
腋窩 腋窩リンパ節郭清と腋窩腕神経叢ブロックに必要な解剖 腋窩郭清を行う際に必要な解剖を理解する。
全10階層。
10
左肘(肘外側) 肘関節周辺の手術に必要な解剖学 尺側手根筋、総指伸筋、長母指外転筋などを肘外側から観察するため左肘を15階層に解剖。 15
右肘(肘内側) 肘関節周辺の手術に必要な解剖学 尺側皮静脈、上腕筋、輪状靱帯などを観察するため、右肘を15階層に解剖。 15
左前腕 手関節周辺の手術に必要な解剖学 内側前腕皮神経、尺骨神経、正中神経などを観察するため、左前腕を14階層に解剖。 14
右前腕 手関節周辺の手術に必要な解剖学 尺骨神経、背側骨間筋、中手骨などを観察するため、右前腕を11階層に解剖。 11
前腕伸側から手背 手背の停止腱と左前腕伸側の筋腹との関係の解剖 指や手根の伸筋腱と筋腹の関係、支配神経である橈骨神経の走行や、尺骨神経の分布状況などを6層で解剖した。 6
前腕屈側から手掌 手掌の停止腱と前腕屈側の筋腹との関係の解剖 指や手根の屈筋腱と筋腹の関係、支配神経である正中神経や尺骨神経の走行や分布状況、動脈弓などを8層で解剖した。 8
手関節 動脈ラインの確保やリストブロックに必要な手関節・手掌の解剖 手関節と手掌を10層に解剖。橈骨・尺骨動脈、橈骨・正中・尺骨神経、屈筋腱を観察できる。 10
前腕 上肢静脈ルート確保に必要な前腕部の解剖 上肢静脈ルートに確保に必要な解剖。皮静脈、皮神経などを理解するため、前腕部を11階層に解剖。 11

胸部

胸郭 呼吸器外科手術に必要な縦隔の解剖 呼吸器外科解剖。普段の手術で見慣れない頸部、縦隔深部、大血管などを観察するため、胸郭を10階層に解剖。 10
心臓 心臓手術に必要な解剖
— その裏に何があるか? —
体静脈系、右心系、左心系、などを観察するため、心臓を7階層に解剖。心内の血流に沿った観察ができる。 7
胸部食道 食道手術に必要な縦隔解剖
— 腹臥位 —
食道手術に必要な縦隔の臨床解剖。腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘を念頭におき、反回神経、迷走神経、気管支動脈などの上縦隔の解剖を中心に術野展開と合わせて立体的に理解する。全5階層。 5
胸椎・胸郭 胸郭および椎体の神経ブロックに
必要な解剖
傍脊椎神経ブロック(PVB)を行う際に把握すべき、傍脊椎腔を構成する各部の位置関係を示す。全17階層。 17

骨盤

直腸 直腸手術に必要な解剖 手術に必要な複雑な骨盤内の解剖を次の2点から示す。
(1)骨盤解剖∼骨を削ること無く膜を中心に血管・神経の走行を解剖。
(2)断面解剖∼骨を切りながらわかりやすい断面を構成。全21階層。
21
女性骨盤 女性骨盤手術に必要な解剖 女性骨盤を11階層に解剖し、体表、体内両面から観察する(第2層∼第11層を表示)。 11
腰部後方 腰部後方手術に必要な解剖 腰背筋群の配列、腰神経と坐骨神経の走行、椎間板と神経根の関係などを詳細に把握。
全10階層。
10

頸部

頸部両側前面 背臥位での左右両側頸部の前面からの解剖 背臥位で左右両側の頸部を前面から解剖したもので、この部位の基本的な構造の学習に加え、中心静脈カテーテル穿刺(内頸静脈穿刺・鎖骨下静脈穿刺)に必要な解剖を確認できる。 10
頸部 気道確保及び腕神経叢ブロックに必要な頸部の解剖 腕神経叢ブロックに必要な解剖。後結節、腕神経叢、気道、浅頸神経叢、胸鎮乳突筋、大胸筋などを観察するため、頸部を12階層に解剖。 12
顎下部・ロ腔底部 頭頸部(副鼻腔、舌、口腔、咽頭を含む領域)の手術のために把握しておくべき解剖。 顔面神経下顎縁枝、顔面動静脈、舌神経およびワルトン管の観察。全7階層。 7
後頭部・後頸部・側頸部 後頭頸部と腕神経叢プロックに必要な解剖 大後頭神経ブロック、小後頭神経ブロックや第三後頭神経ブロックを行う際に必要な解剖を示す。全29階層。 29

背部

頸椎 頸椎後方手術に必要な頸部後方解剖 頸椎の後方アプローチを行う場合にぜひ知っておきたい重要な筋、神経、血管の解剖。全12階層。 12
後頭蓋窩-
頭蓋頚椎移行部
(後方)
後頭蓋窩-頭蓋頚椎移行部手術に必要な解剖 後頭蓋窩-頭蓋頚椎移行部手術に必要な解剖を観察する。全6階層。 6

腹部

腹部 肝胆膵外科手術に必要な解剖 肝胆膵手術のための解剖。 肝門部・膵頭部手術習得に必要な立体構造を理解する。
全10階層。
10
腹部・大腿部 腹部及び大腿前面の神経プロックと鼠径ヘルニア手術に必要な解剖 腹部・大腿部神経ブロック、鼡径ヘルニア手術を行う際に必要な解剖を理解する。全16階層。 16
上腹部(肝胆膵) 上服部(肝胆膵)手術に必要な解剖 上胆部(肝胆膵)手術に必要な解剖を観察する。全15階層。 15
腹部総論 腹部構造全般の理解を目的とした解剖–看護教育にも役立つ– 上部・下部消化管、腹腔神経叢、腰神経叢、腰方形筋、大腰筋、尿道、直腸、膣などを観察するため28階層に解剖。 28
右側腹部、骨盤腔、男性生殖器 体幹∼骨盤∼男性生殖器の解剖 (側臥位) 腰神経、仙骨神経の走行、 XLIF手術に必要な膜構造、 骨盤内臓器、男性生殖器を理解するため体幹∼骨盤を側臥位で解剖。 25

下肢

股関節 股関節手術に必要な解剖 筋膜張筋、大殿筋、中殿筋、外側広筋、寛骨臼、関節唇、坐骨神経、坐骨切痕部などを観察するため、股関節を14階層に解剖。 14
腹壁. 殿部、 大腿 大腿神経ブロック、坐骨神経ブロック、閉鎖神経ブロック、腹横筋膜面(TAP)ブロックに必要な腹壁、殿部、大腿の解剖 臀部〜大腿の筋肉、神経の走行を理解する。全28階層。 28
左膝 人工膝関節置換術に必要な解剖 大伏在静脈、膝蓋骨、大腿四頭筋、四頭筋腱、前脛骨筋、腓骨筋、膝蓋骨、膝蓋腱などを観察するため、左膝を前方から5階層に解剖。 5
左膝屈曲 人工膝関節置換術に必要な解剖 左膝の最終層を屈曲させ、半月板、副靱帯、大腿骨などを観察する。 1
膝関節 膝関節後方手術に必要な解剖 大伏在静脈、腸脛靱帯、腓腹筋、大腿二頭筋、脛骨神経、総腓骨神経、鵞足、ヒラメ筋、後十字靱帯、半月板などを観察するため、左膝を後方から9階層に解剖。 9
足関節(左) 足関節・足部周囲手術に必要な解剖 左足関節を、外側を上面として8階層に解剖し、足関節の腱、靭帯、関節面などを観察する。 8
足関節(右) 足関節・足部周囲手術に必要な解剖 右足関節を、内側を上面として8階層に解剖し、足関節の腱、靱帯、関節面などを観察する。 8
下腿と膝の後面 下腿と膝の後面の11層 膝では坐骨神経から脛骨、総腓骨神経の分岐部、膝窩動脈と膝の半月板と後十字靭帯に注目した。下腿では腓腹筋、ヒラメ筋、足底筋、膝窩筋、長・短腓骨筋、脛骨・総腓骨神経と内顆の後ろから足に向かう後脛骨動脈に注目した。 11
下腿前面と足 下腿前面と足の6層 前脛骨筋、長母指伸筋、長指伸筋、長・短・第三腓骨筋、腓腹神経、浅・深腓骨神経、骨間膜の前を走る前脛骨動脈などに注目した。 6

お問い合わせ

  • お電話
  • メール

ビジネスアイディアを実現する パナソニックの革新的技術をお探しなら

コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター ビジネスに共創イノベーションを。
コンシューマー視点のノウハウ・発想力と確かなコア技術力でビジネスの明日の姿をお客さまとともに創りだしてまいります。

法人向けトップ > MeAV Anatomie > コンテンツ