• お問い合わせ

無線ソリューション

つながる無線技術

パナソニックの無線通信を支える技術をご紹介します。

無線サーベイ技術

■特許技術の6面体測定装置による全方位の電波強度同時測定

従 来

一般的な測定器は、ひとつのアンテナで特定方向の電波のみを測定します。
各方向の電波状態を測定するには、同じ場所で測定器の向きを変えて測定する必要がありますが、向きを変えるため、同一時間での測定ができないため、各方向の電波を正確に測定することは困難です。

パナソニック

パナソニックは6面体測定装置を用いることで上・下・前・後・左・右の電波を同時に測定することができます。これにより1回の測定でより多くの電波干渉源の情報収集が可能になります。

電波測定装置
独自の電波測定装置を用いて、目に見えない電波を可視化し詳細解析を行います。これにより、不具合の原因を特定し、課題解決のご提案をいたします。

■電波伝搬シミュレーション電波強度調査

独自のシミュレーション技術により、建物の図面から壁や床などの素材を考慮した電波伝搬のシミュレーションが行えます。図面を用いるため、建設前の設計時点からアクセスポイントの設置位置を計画できます。

高精度な伝搬シミュレーション

■電波暗室での通信機器電波特性測定

電波暗室にて通信機器(アクセスポイントなど)の電波特性を測定します。得られたデータを基に、機器の特性に合わせた無線基地局の配置が可能となります。

電波暗室での測定

これらの測定結果データを分かりやすくご報告し、
状況に応じた改善提案をご提示いたします。

to top