AV関連商品

デジタル入力レコーダーのファームウェアダウンロード


商品をより快適にご使用いただけるよう最新のファームウェア(商品を制御するために内蔵しているソフトウェア)をダウンロードサービス(以降、本サービス)にてご提供いたします。

デジタル入力レコーダーのバージョンアップは、以下のステップ1~ステップ4の手順に従って実施してください。

ステップ 1.

ご使用の機器が最新のファームウェアに、バージョンアップされているか確認します。バージョンアップがされていない場合、ファームウェアをダウンロードします。

ステップ 2.

ダウンロードしたファイルを解凍します。

ステップ 3.

CD-Rをご用意いただき、CD-Rディスクに上記ファイルを書き込んでいただくことによりバージョンアップ用ディスクを作成します。

ステップ 4.

作成したバージョンアップ用ディスクをドライブに入れると、自動的にバージョンアップが開始され、ディスクが自動的に出てきたら、バージョンアップは終了です。

 

 ステップ1 ファームウェアの確認とダウンロード

更新内容
対象機種 DMR-T4000R
更新履歴 更新日付 主な内容 ソフトVer.

2018年
12月18日

DVD画質でのワンタッチ録画機能、DVDビデオへの高速ダビング機能追加(機能有効化には QT-AK4000が必要です) 1.23

更新内容
対象機種 DMR-MC500
更新履歴 更新日付 主な内容 ソフトVer.

2018年
12月18日

DVD画質でのワンタッチ録画機能、DVDビデオへの高速ダビング機能追加(機能有効化には QT-AK4000が必要です) 1.12

● ソフトバージョン表示手順と確認

診断コード表示下の「ソフトバージョン」を確認することにより、お使いのディーガのファームウェアのバージョンを確認することができます。最新バージョンとなっている場合、本バージョンアップページから、アップデートする必要はありません。

1.リモコンの「スタート」ボタンを押す
2.上下左右キー[全機能から選ぶ]を選択し、[決定]を押す。
3.[ ▲ ▼ ]で[設定する・その他の機能]を選択し、[決定]を押す。
4.[ ▲ ▼ ]で[情報・診断コード]を選択し、[決定]を押す。
5.[ ▲ ▼ ]で[診断コード]を選択し[決定]を押す。 右上に表示されているソフトバージョンを確認する。

診断コード

ソフトバージョンが、上記履歴欄の最新更新日付のソフトバージョンと一致している場合は、最新のファームウェアになっています。アップデートの必要はありません。 ソフトバージョンが小さい場合、下記のダウンロードボタンより、ファームウェアをダウンロードして、アップデートしてください。

ダウンロード
本ソフトウェアについては、「ソフトウェア使用許諾」の内容を承諾していただくことがご使用の条件となっています。 内容をよくご確認の上、同意していただける場合のみご使用ください。
対象機種 DMR-T4000R
ソフトバージョン ファイル名 (圧縮形式) ファイルサイズ
1.23 T4000R_ver123.zip
(ZIP形式)

114,028,323 バイト

ダウンロード

対象機種 DMR-MC500
ソフトバージョン ファイル名 (圧縮形式) ファイルサイズ
1.12 MC500_ver112.zip
(ZIP形式)

98,921,983 バイト

ダウンロード


ダウンロード後、「ステップ2」ダウンロードしたファイルの解凍へ進む

 

お問い合わせ

プロジェクター

業務用ディスプレイ

ビデオ会議システム「HDコム」