遠隔データ消去サービス

ラインアップ

  • TRUST DELETE Biz パナソニック版Plus

    ワイヤレスWANモデル限定でご利用可能な、データ消去機能と一部運用代行をセットにした充実のサービスです。

  • TRUST DELETE Biz パナソニック版Wi-Fi

    ワイヤレスWAN非搭載モデル(Wi-Fiモデル)においても、低コストでセキュリティ対策ができるサービスです。
    ※ワイヤレスWANモデルではご利用いただけません。


※ TRUST DELETE Biz パナソニック版(Plus/Wi-Fi)は、20年9月29日より発売いたします。  

※ 以前のバージョンの詳細はコチラ
  TRUST DELETE Biz (パナソニック版)は2020年12月で新規受付終了

導入メリット

  • お悩みデータ消去ツール
    紛失時の代行や証明発行機能があるので運用がラクだ
  • 紛失した場合、PCがどこにあるか調べられる!データ消去できる!

強み・特長

  • 強力なデータ消去

    一般的なデータ消去ツールと違い、PCの電源がOFFの状態でもストレージのデータをOSごと消去が可能です。

    ※ ワイヤレスWANモデルを対象にした Plusのみの対応です。

  • 導入が容易

    クラウドサービスなので、新規にサーバーを構築する必要がありません。また、OS上のソフトウェアではないため、一般的な既存の管理システムと競合することがありません。

  • 運用が容易

    24時間対応のコールセンター※1※2と証明書発行機能※2によって、端末紛失時の緊急対応の業務工数を削減いたします。

    ※1 24時間命令発行代行サービスのコールセンターはワンビ株式会社のサービスです。
    ※2 ワイヤレスWANモデルを対象にした Plusのみの対応です。

NEW 24時間対応コールセンター(Plus)

お客様からの電話により、データの消去やロックを代行。
24時間対応なので、情報システム部門の担当者を介さずに素早い対応が可能になります。

NEW パソコン内蔵として初
第三者機関の消去証明書を発行(Plus)

データ適正消去実行証明協議会(ADEC)の「データ適正消去実行証明書」を発行できます。万一の紛失の際にデータ消去の証明として使える書類が手早く入手できるので、証明書類収集の時間を大幅に短縮できます。また、1台につき年間2回までADEC証明書発行が可能なので、PCの廃棄時のデータ消去にも使用できます。
※ 2020年8月現在

データ適正消去実行証明協議会(ADEC : Association of Data Erase Certification)とは、 データの適正な消去のあり方を調査・研究し、その技術的な基準を策定。それに基づいてデータの適正消去が実行されたことを証明するための第三者的な証明制度の普及・啓発を図り、健全で安心安全な循環型IT社会の実現に寄与することを目的とする組織です。
https://adec-cert.jp/  

ADEC

本体の電源がOFFでも
システムの丸ごと消去が可能 (Plus)

一般的なリモート消去システムは、消去プログラムがHDD/SSD上にあるので、OSやプログラムの起動後でないと機能しません。一方、当社サービスは、消去プログラム本体をBIOSに内蔵しているので、電源オフの状態および、OS未起動の状態からでも、携帯電話のSMSサービスを使い、遠隔操作で電源を入れて消去プログラムを動作させ、HDD/SSDのデータを完全に消去することができます。

※本体の電源OFFで消去できるのは、Plus(レッツノートのワイヤレスWANモデル)のみです。Wi-Fiモデルではネット接続時の消去となります。
※ワイヤレスWAN の機能を使うには、別途お客様にてデータ通信とSMSが利用可能な回線契約が必要です

機能詳細

  • 24時間対応コールセンター

    お客様からのお電話により、データの消去やロックを代行いたします。 24時間対応なので、情報システム部門の担当者を介さずに素早い対応が可能になります。
    ※24時間命令発行代行サービスのコールセンターはワンビ株式会社のサービスです。

  • ADEC証明書発行

    パソコン内蔵の遠隔消去プログラムとしては初めて、データ適正消去実行証明協議会(以下、ADEC)の「データ適正消去実行証明書」を発行することが可能です。
    ※ 2020年8月現在

  • リモートワイプ(消去)

    強力な消去方法(3回書き込み)、早い消去方法(1回書き込み)を選択して、ディスクのデータ全体を消去可能。また、SSDの消去に適した消去モードもご用意しております。

  • リモートロック

    ワイプと異なりデータは残るので、紛失が発覚したら、ためらいなく発動できます。

  • 端末情報収集

    一方的なPCへの指示だけではなく、PCからフィードバックを得ることで、PCの現状(本体の起動状態、バッテリー残量、位置情報など)がわかり、対策が立てやすくなります。

  • ビープ音発生

    探し出すために、PCのスピーカーを鳴動できます。

  • 位置特定情報

    ワイヤレスWANモデル搭載のGPS機能(Wi-Fiモデルの場合は無線LANのアクセス情報)を使って、端末の現在位置情報を把握でき、遠隔制御への利用(正規エリア外探知でのロック発動など)が可能です。

  • 自己防衛機能

    一定時間電源が入らないと、自動的にロックさせる設定や、BIOSパスワードの間違いで、ロックや消去を行う設定が可能です。

  • ステータスレポート発行

    処理が始まると、結果報告が管理者に送信され、処理結果やPCの状態が把握できます。事故や対応の報告時にも役立ちます。

機能比較表(Plus/Wi-Fi)

機能 Plus Wi-Fi 備考
ADEC証明書発行NEW  
24時間対応コールセンターNEW  
PCの電源OFF・スリープ状態での発動  
リモートワイプ(消去)  Wi-Fiモデルは、ネット接続時に発動
リモートロック  Wi-Fiモデルは、ネット接続時に発動
端末情報収集  
ビープ音発生
位置特定情報 Wi-Fiモデルは、Windows動作中のみ
自己防衛機能  
ステータスレポート発行 暗号化済HDD/SSD消去可能

Plus 対象機種一覧 (ワイヤレスWANモデル)*2020年10月予定

 
  
CF-QV9シリーズ CF-SV9シリーズ
CF-QV9RFAVS CF-SV9TFKVS
CF-QV9TFLVS CF-SV9RFLVS
   
   

  • *ワイヤレスWAN の機能を使うには、別途お客様にてデータ通信とSMSが利用可能な回線契約が必要です。
  • *対象機種については、工場出荷状態で動作確認を実施しております。
  • *上記機種以外に関しましては当社営業または販売店にご相談のうえご注文ください。
Plusご利用時の動作確認済みプラン

各通信事業者で動作確認済みプランは次の通りです。
使用可能なSIMサイズや通信事業者は機種によって異なります。
SIMサイズおよびSIMロックに関する情報はこちらをご覧ください。

・NTTドコモ データ通信とSMSがご利用可能なNTTドコモの回線契約
・KDDI(au) au(LTE)通信サービスのデータ通信プラン、SORACOM Air for セルラー(いずれもSMSが可能です)
・Softbank メリハリプラン forデータ(タブレット端末向け)/ミニフィットプラン forデータ(タブレット端末向け)
  • *現行のTRUSTDELETE Biz(パナソニック版)は2020年12月で新規受付終了。
  • *SMSの送信には通信事業者の定める料金が発生します。
  • *通信事業者とのご契約が従量制のときは、パケット量やご利用時間により料金が発生します。
  • *KDDI(au)の回線でインターネット(データ通信)を利用するには、インターネット接続サービス(LTE NET for DATA/LTE NET)のオプション契約が必要です。
  • *SMS経由の命令の送受信にはデータ通信機能は必須ではありません。 (KDDI(au)の回線の場合はインターネット接続サービスのオプション契約がなくともSMSの送受信が可能です)
  • *通信事業者によってサービス、エリアは異なりますので、詳細は通信事業者へお問い合わせください。
  • ●TRSUT DELETE、トラストデリート、OneBe、ワンビは、ワンビ株式会社の商標登録です。 ワンビ株式会社

サービス・価格一覧

製品名 対象モデル メーカー希望小売価格(税別)
TRUST DELETE Biz パナソニック版 Plus レッツノート ワイヤレスWANモデル 8,400円/年 700円/月
TRUST DELETE Biz パナソニック版 Wi-Fi レッツノート Wi-Fiモデル 4.200円/年 350円/月