手づくりレッツノート工房2016

わくわく!モノづくり体験

モノづくりって面白い!楽しみながら学べるイベントが盛りだくさん!

はんだづけに挑戦!マウスをつくろう!

工場を見て回るだけじゃ物足りない、というわけで、見学コースの途中で、モノづくり体験にトライ。パソコン用の「マウス」の製作に挑戦してもらいました。

ここでも、工場スタッフが1人ずつ子どもたちのサポートに付き、基板6カ所のはんだづけを行いました。はんだづけは初めてという子どもが多く、ぎこちない手つきでしたが、見事作業をクリア! 最後にパソコンにつないで、カーソルが動くことを確認し完成です。

4Kタブレットでゲーム!

次は、4Kの高画質・大画面タブレット「タフパッド4K」を使って遊べる部屋にご案内。通路をペンでなぞってすり抜ける迷路ゲームや、パーツを自由に配置して落下球をカゴに誘導するゲーム。どちらも工場スタッフによる自作で、単純だけど面白い。

そして、タフパッドの画面に映ったブースケをハンマーでたたく「モグラたたきゲーム」にも熱中。頑丈なタフパッドだから、叩いても平気です。みんな、時間の経つのを忘れて、楽しんでいました。

「手づくり乾電池教室」も開催

小さいお子様向けには「手づくり乾電池教室」を開催しました。亜鉛製の電池ケースに二酸化マンガンの粉を入れ、棒で丹念に突き固めていきます。最後に、絵を描いたシールをケースに巻けば、手づくり乾電池のできあがり!

最後は、教室の灯りを消して点灯式を行います。導線を電極に付けると、みんなが手にした豆電球が一斉に光り、「やった〜!大成功!」。