レッツノート

CF-RZ6 主な特長 [頑丈]CF-RZ6 主な特長 [頑丈]

年間故障率は他社平均の6分の1!

レッツノートは故障率が低いので、修理などのランニングコストや、PCが故障して修理している間の機会損失を最小限に抑えることができます。レッツノートは、導入部門、利用部門の双方にとって安心して導入していただけるモバイルPCです。

*出典:IDC Japan,July 2012。8時間/週以上自席以外で使うノートPCにおいて。調査対象:日本企業のIT管理担当者様 n=800。

落下・衝撃に強い

一般的な机と同じ高さの76cm落下試験を実施

CF-RZ6は、頑丈パソコン「タフブック」で培った技術をフィードバック。一般的な机と同じ高さの76 cm落下試験(底面方向、動作時)を実施

※ 当社技術実験室にて。タブレットスタイル時を除く。本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。落下した場合は点検(有償)に出してください。

76cm落下試験

*動画・画像の商品はCF-XZシリーズです。

30cm(非動作時・26方向)落下試験も実施

ノートPC時、カバンに入った状態での落下を想定した、30cm(非動作時・26方向)の落下試験を実施

※ 当社技術実験室にて。タブレットスタイル時を除く。本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。落下した場合は点検(有償)に出してください。

30cm落下試験

*動画・画像の商品はCF-SZシリーズです。

タブレットでの持ち運びを考慮した、衝撃に強い強化ガラス

液晶部には強化ガラスを採用。一般的なガラスに比べ、同じ厚みで数倍の強度を持ち、タブレットスタイル使用時や持ち運び時でも、割れにくくなっています。

*表面には外光反射防止用の保護フィルムを貼っています。

圧迫に強い

満員電車を想定した100kgf※1加圧振動試験を実施※2

通勤ラッシュ時の激しい混雑を想定した980N{100kgf}※1の加圧振動試験を実施※2
ビジネスモバイルとして必要な「軽量」と「頑丈」を高いレベルで両立しています。

※1 1kgfは、1kgの質量の物体が重力加速度9.8m/sec²で加速された時に生じる力のことです。kgの次のfはforce(ちから)を意味します。一方、SI単位(国際単位)のN(ニュートン)について、1Nは、1kgの質量 の物体が加速度1m/sec²で加速された時に生じる力を意味します。つまり、1kgfは9.8Nとなります。
※2 当社技術実験室にて、非動作時。タブレットスタイル時を除く。天面と底面全体に均等に980N{100kgf}で圧迫した状態で振動試験を実施。本製品の耐圧迫性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

加圧振動試験

*動画・画像の商品はCF-SZシリーズです。

部分的な圧迫を想定した局部加圧試験

底面から局部的に圧迫して(非動作時)、部分的に圧迫を受けた時の耐久性を検証しています。

※ 当社技術実験室にて。本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。 あらかじめご了承ください。

局部加圧試験

*動画・画像の商品はCF-XZシリーズです。

トップケースのVHフレームストラクチャー

軽量化のため、ネジ位置や負荷に応じてトップケースの厚みを部位ごとに設定。ネジ固定箇所や強度が必要な所には0.55 mm〜0.8 mmの厚さにする一方で、その他の部分はを0.4 mmまで薄型化し、軽さと強度を両立しました。

複合ダンパー構造で天板を補強

液晶とフレームの間に入れる緩衝材として、硬度の異なる2種類のダンパーを複合的に配置。天板を薄肉化しても、液晶への負荷が低減され、強度を確保しています。

薄くても頑丈なスリムタフボンネット構造

自動車のボンネットのように、薄板にプレスラインを付けて強度を確保するボンネット構造天板を採用。薄型化を図るため、必要な部分にだけ厚みを設けて補強する、スリムタフボンネット構造により、ボンネットの形状を薄くしながらも強度を備え、従来どおりの頑丈さを実現しています。

圧迫・衝撃から回路基板を守るフローティング構造

基板、液晶などは部分的に固定したり、緩衝材を挟んで支えることで、ねじれが伝わりにくい構造になっています。

長期使用に強い

360度開閉しても頑丈な2軸ヒンジ

リングノートのように360度開閉できる、2軸ヒンジを採用。360度開閉を繰り返しても耐久性の高い構造を実現しています。

ヒンジ耐久試験

*動画の商品はCF-XZシリーズです。

耐久性を高めたUSBポート

レッツノートのUSBポートには耐久性の高い部材を採用。
長期間の抜き挿しにも頼もしい耐久性を有しています。

キーの耐久性を検証するキーボード打鍵試験

入力時のトラブルやキーの文字のかすれなど、キーボードの耐久性を検証するテスト。キーボードを繰り返し打鍵します。

※ 当社技術実験室にて。本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。 あらかじめご了承ください。

キーボード打鍵試験

*動画・画像の商品はCF-XZシリーズです。

文字が消えにくいレーザー印刷キーボード

レッツノートのキーボードは、レーザー印刷を採用。
インクを塗布した印刷ではないため、長期間使用しても磨耗が少なく、キートップの文字の視認性は長期間保たれます。