レッツノートCF-SZ5


SZ5 TOP 高性能 ワイヤレス 頑丈設計 軽量 長時間
大画面 セキュリティ その他機能 インターフェース 主な仕様 オプション

SZ5 12.1型ながら約849g※の軽量設計 ※光学式ドライブ非搭載モデルの場合。付属のバッテリーパック装着時。質量は平均値。各製品で質量が異なる場合があります。

光学式ドライブセンター配置構造

軽量化には、ボディの底面積を小さくする必要があります。そこでSZシリーズに採用されたのが、光学式ドライブのセンター配置構造。光学式ドライブと基板をオーバーラップさせ、底面積を最小化し更なる軽量化を実現しました。

樹脂+マグネシウムのトップケース

スーパーマルチドライブ内蔵

DVD-R DLや+R DLなどの片面二層ディスクへの書き込みも可能。動画などの大容量データも1枚のメディアに保存できます。 また、DVD-R/+Rは最大8倍速の高速書き込みに対応しています。

・ドライブ部の仕様について詳しくは、「仕様」ページをご覧ください。

※2.6GBのDVD-RAMには対応しておりません。

約0.2mm厚の薄型液晶ガラス

レッツノート専用にカスタマイズされた、ガラス厚約0.2mmの薄型液晶ガラスを使用しています。前シリーズSXに比べて、0.1mm薄くなり軽量化に貢献しています。

 

液晶ガラス

軽さと頑丈さを兼ね備えた薄肉マグネシウム合金ボディ

軽く、強いマグネシウム合金でボディを徹底して薄肉成形で仕上げました。天板のボンネット構造や、光学式ドライブユニットのケースに穴を開けて軽量化したり、薄型ファンを開発したりして、0.1g単位での細かな重量削減を実施しています。

軽量なボディのひみつ

筐体にはマグネシウム合金を使い、耐久性を考慮しながら薄く加工することで、頑丈さと軽量化を両立。さらに、外部からの衝撃や圧迫を受けた場合に、たわみやすくなるよう、厚みを考慮して設計しています。これは筐体がたわむことで、圧力や衝撃を分散させるため、そして、たわんだ際に内部基板に圧力が加わらないようにするためです。筐体内に適度な空間をつくることで、たわみやすく、かつデータを守ることを可能にしています。レッツノートは、軽量で頑丈なPCを実現することを優先に設計されています。

薄肉マグネシウム合金ボディ

FANとヒートスプレッダーの一体化

従来は、FANとヒートスプレッダーが分かれているため、それをつなぐためのヒートパイプが長くなり重量がその分増加していました。
SZ5ではFANとヒートスプレッダーを一体化することで、ヒートパイプ短縮、受熱板を廃止し、軽量化を実現しました。

面積は他社14型より10%コンパクト

軽くてコンパクトなミニACアダプター(別売オプション)

出張などでパソコンと一緒に携帯しやすい、約110gの軽さ。通常のACアダプターの約半分の大きさで、カバンにコンパクトに収まり荷物になりません。

*ミニACアダプター(CF-AAA001AS):DC16V、1.5A。 ミニACアダプターは、外出先などでバッテリーの消費をおさえるために補助用としてお使いください。PC動作中はバッテリーへの充電はできません。また作業内容によっては、バッテリーを消費します(文書作成やWeb閲覧などの作業では、ほとんどバッテリーの消費はありません)。PC本体が動作していないとき(スリープ、休止、電源オフ時)のみ、充電可能です。

便利なウォールマウントアダプター付属


  • ACケーブルを外したミニACアダプター(左)とウォールマウントアダプター(右)。

  • ACケーブルの代わりにウォールマウントアダプターをミニACアダプターに差し込めば、こ
    のとおり。

  • おさまっているプラグをだして、コンセントに直挿し、荷物がかさばる外出時にも、ACコード要らずで快適です。
前のページへ--トップへ戻る--次のページへ
前のページへ SZ5トップへ戻る 次のページへ

フッター
正規版