CF-XZ6 インターフェースCF-XZ6 インターフェース

XZシリーズの本体とはタブレット部+キーボードベースの総称です。タブレット部とは、本体から取り外したモニター部分のことです。XZシリーズの本体とはタブレット部+キーボードベースの総称です。タブレット部とは、本体から取り外したモニター部分のことです。

タブレット部
インターフェース

キーボードベース
インターフェース

※1 USB3.1 Gen1(5Gbps)とDisplayPort™ Alternate Modeに対応しています。USB Power DeliveryおよびThunderbolt™ 3には対応しておりません。USB Type-C™ 対応のすべての周辺機器の動作を保証するものではありません。
※2 USB充電ポートと兼ねています。
※3 HDMI出力と外部ディスプレイコネクター(アナログRGB)からの出力は同時に表示できません(HDMI優先)。
※4 3840×2160ドット(30Hz/60Hz)、4096×2160ドット(30Hz/60Hz)表示可能。
※5 ACアダプターが装着されているときは充電しません。 パナソニック PC設定ユーティリティでUSB充電設定が必要です。

レッツノートのビジネス特化力「対応力」

レガシーから最新の機器まで
アダプターなしで接続できる!

ユーザーメリット

訪問先の環境に左右されず、プレゼン資料を
出力できる!

営業スタッフの方が商談やプレゼンテーションに集中できるように、レッツノートでは、豊富なインターフェースを備えています。
拡張機器が不要なので、アダプター忘れなどに煩わされることがありません。

  • こんなシーンでも活躍
  • ・有線でも無線でもネット接続が可能!
  • ・スマホの充電をしながら、他の周辺機器と接続ができる!

管理者メリット

古いディスプレイもそのまま使用できるので、
周辺機器の調達コストが削減できる!

レッツノートは多様な周辺機器と接続が可能なので、現状のシステムをいかしつつ導入が可能です。
モバイルPCに合わせて周辺機器を変える必要がないので、導入コストを抑えることができます。

  • こんなシーンでも活躍
  • ・外付け拡張機器が不要なので、機器の管理工数が削減できる!
ページの先頭へ