CF-XZ6 主な特長 [長時間]CF-XZ6 主な特長 [長時間]

XZシリーズの本体とはタブレット部+キーボードベースの総称です。タブレット部とは、本体から取り外したモニター部分のことです。XZシリーズの本体とはタブレット部+キーボードベースの総称です。タブレット部とは、本体から取り外したモニター部分のことです。

省電力設計と自社製の大容量バッテリーにより約18.5時間駆動を実現

キーボードベースには交換可能な大容量リチウムイオンバッテリーパック[L]と[S]の2種類をご用意しています。約18.5時間※1の長時間駆動が可能です。

※1 CF-XZ6RF5VS/XZ6RF7VS。キーボードベース:付属のバッテリーパック装着時(タブレット部は内蔵バッテリー)。JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定。バッテリー駆動時間は動作環境・液晶の輝度、システム設定により変動します。満充電容量を段階的に制御してバッテリーパックを長寿命化しています。JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)につきましてはこちらをご覧ください。
*キーボードベースのバッテリーパックは、購入時は[L]と[S]のどちらか1種類を付属しています。

  タブレット部(交換不可)
内蔵バッテリー[L] 内蔵バッテリー[S]
タブレットスタイル 約9時間 約4.5時間
キーボードベース バッテリーパック[L]装着時 約18~18.5時間 約15時間
バッテリーパック[S]装着時 組み合わせ不可 約9時間

※タブレット部:バッテリー(L)とキーボードベース:バッテリーパック(S)を組み合わせてのご使用は倒れるおそれがありますので、お止めください。

タブレット部への充電機能を実装

ノートPC時、タブレット充電スイッチをONにすることで、キーボードベースのバッテリーパックからタブレット部内蔵バッテリーへの充電が可能※1です。 また、タブレット部にもDC-INを搭載しているので、タブレット部単体でも充電が可能です。

さらに、キーボードベースのみでも、スマホ充電対応のUSB3.0 Type-Aポートを使ってモバイルバッテリーのように活用することもできます※2

※1 ACアダプター未接続時、本体が電源オフ/スリープ状態/休止状態時のみタブレット部への充電が可能です。
※2 パナソニックPC設定ユーティリティでUSB充電設定が必要です。

低消費電力で長寿命なLEDバックライト

液晶のバックライトにはLEDを使用。消費電力を抑えながらも、高い耐久性を備えています。

消費電力をさらに抑える「省電力設定」機能

ディスプレイの明るさ、コントラストの調整、ファン制御などの省電力機能を管理する、「省電力設定」機能をご用意。OSの電源プランに連動したさまざまな省電力設定の組み合わせで、より長時間のバッテリー駆動を可能にします。また、プレゼン時に一時的に設定を変更するなど、利用シーンに応じた各種省電力を一括設定できます。

*本機能は「パナソニック PC設定ユーティリティ」の拡張設定タブから選択すると起動します。

開発者インタビュー開発者インタビュー

レッツノートのビジネス特化力「継続力」

工具なしで簡単にバッテリーを交換可能!
手軽に寿命が延ばせる!

ユーザーメリット

ユーザー自身でバッテリーを交換して、
導入当時の駆動時間に回復できる!

工具不要

  • こんなシーンでも活躍
  • ・予備バッテリーで、モバイル時さらに「長時間駆動」が可能!
  • ・導入機種が一緒であれば、同僚からバッテリーを借りることも可能!

*XZのタブレット部を除く。

管理者メリット

バッテリーが劣化しても、修理や買替えが不要。
データ継承の工数が削減できる!

本体の買い替え不要

  • こんなシーンでも活躍
  • ・在庫を用意しておけば、バッテリーの劣化トラブルに迅速に対応可能!
ページの先頭へ