FZ-E1/X1(防爆モデル) 製品の特長Android™ 搭載モデル FZ-X1

FZ-E1/X1(防爆モデル) 製品の特長

Android™ 搭載モデル FZ-X1

FZ-X1防爆モデルは、従来機では対応できなかった第二類危険箇所(Zone2)で、音声通話/データ通信機能・PDA機能・カメラ機能などの様々な便利機能の活用を可能にします。IT化が困難だった現場作業の効率化が図れます。

LTE/3Gで、音声通話/データ通信が可能。
Wi-Fi設備のないエリアで、設備投資を抑えつつIT化を推進

FZ-X1防爆モデルは、 国内キャリアのLTE/3G回線に対応。本体のみで広域の音声/データ通信が可能なので、危険場所に防爆仕様のWi-Fi設備を設置しなくても、データ通信や音声通話が可能になります。本製品の導入により、設備投資を抑えつつ、防爆エリアでの業務のIT化を推進できます。

防爆仕様のPHS/携帯電話、PDA/デジタルカメラ、バーコードリーダーの機能が、
約600 gの1台に集約!

従来は個別に揃える必要のあった、データ処理用端末、管制室との連絡用音声通信端末、荷物やID カードの確認用のデバイスなどが、タフパッドE1/X1 防爆モデルなら1台で対応可能に。
防爆用としてこれまで別の機材で分担してきた作業を1台で処理することができ、現場の生産性向上に貢献します。

FZ-E1/X1の防爆仕様

手袋装着※1、水ぬれ状態※2でも操作可能な高輝度液晶や、
バーコードリーダー、リアカメラ用高輝度フォトライトなどの便利機能

  • クアッドコアの高性能CPU搭載。
  • 晴天下でも視認性に優れた、最大500 cd/m2の高輝度高コントラストの5型HD液晶(1280×720ドット) 搭載。
  • 手袋装着時※1でも、水滴がついた状態※2でも操作が可能なタッチパネル。
  • 工場設備の動作音に負けない、クリアな音声通話機能。
  • 大容量バッテリー搭載で長時間の保守点検作業でも安心な、約14時間駆動※3、待ち受け時間:約1000時間※4、通話時間:約23時間※4
  • ホットスワップ対応。現場でバッテリーの交換が可能※5
  • 夜間の作業報告に便利な高輝度フォトライト搭載。
  • バーコードリーダー、NFC準拠非接触ICカードリーダーライター、高精度なGPSを搭載 など。

*上記の商品は全てオープン価格です。オープン価格の商品は希望小売価格を定めていません。

※1
天然革製の手袋など、帯電防止の対策が施されたものをご使用ください。また、手袋の種類によっては動作しないことがあります。
※2
水滴の量や状態によっては誤動作をしたり、動作しないことがあります。水滴誤動作防止モードは、静電容量式と感圧式のハイブリッドモードとなり、1フィンガータッチのみとなります。
※3
当社独自基準での測定結果。電波環境が安定した場所でLTE接続を行い、Webサイトのブラウジングを30秒間隔で行った場合。動作環境・システム設定により変動します。
※4
電波環境が安定した場所で静止状態にて測定した結果。動作環境・システム設定により変動します。
※5
充電およびバッテリー交換は危険区域外で行ってください。

●詳細な説明は、ベースモデルの該当ページをご覧ください。

Android™ 搭載モデル FZ-X1 ベースモデル情報はこちら
Android™ 搭載モデル FZ-X1 ベースモデル情報はこちら
前のページへ
FZ-E1/X1(防爆モデル)トップへ戻る
次のページへ