FZ-E1 頑丈設計

FZ-E1 頑丈設計

300cmからの落下試験実施(動作時)

頑丈フィールドモバイルTOUGHBOOKシリーズで培ったテクノロジーを活かした、300cm落下試験実施の頑丈設計。屋外の現場や高所での作業にも使えます。

※ 本体の6方向それぞれに対し、コンクリート面への300cm落下試験を実施。
* 本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
* 右の写真は試験装置です。

落下試験

連続落下試験(100cm)2000回実施(動作時)

落下高さ100cm、回転速度5回/分の条件で、2000回(1000回転=2000回の落下)の連続落下試験(タンブル試験)を実施。連続でのランダム落下に耐え、落下しても破損しづらい頑丈設計のため、業務中断のリスクが低減されます。

※ 連続落下の試験方法はJIS C 60068-2-31:2013 (IEC 60068-2-31:2008)による。
* 本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
* アニメーションは説明のためのイメージです。

連続落下試験

IP65/IP68準拠の防塵・防滴/防水設計

IP65/IP68準拠の防塵・防滴/防水設計を実現。
75μmの粉塵が中に入らない「耐塵形」(IP6x)、あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない「防噴流形」(IPx5)、継続的に水没しても内部に浸水することがない(1.5mの水圧に30分耐える)「水中形」(IPx8)に対応。
土埃のたつ屋外現場や、水濡れの恐れのある場所、水周りでの作業でも使えます。

※ 100μm=0.01cm
* 本製品の防塵・防滴/防水性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

MIL-STD-810G準拠の振動試験を実施

持ち運び時および車での移動時の振動を想定し、MIL-STD-810G(米国国防総省の性能試験の一種)で規定されている振動試験を実施。

* 本製品の耐振動性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

耐環境性能 -20℃〜60℃

−20℃の低温や60℃の高温での連続動作が可能。ヒーター内蔵で寒冷地でも安定した稼働を実現。
非動作状態であれば、−30℃〜70℃の環境にも耐えます。

※ 高温環境・低温環境で使用する場合、直接触れないでください。高温環境・低温環境で使用する場合、周辺機器の一部は正常に動作しない場合があります。周辺機器の使用環境条件を確認してください。高温環境で継続的に使用すると製品寿命が短くなります。このような環境での使用は避けてください。低温環境で使用する場合、起動に時間がかかったり、バッテリー駆動時間が短くなったりすることがあります。また、バッテリー駆動の場合、起動時に予熱に電力を消費するため、バッテリー残量が少ないと起動しない場合があります。
* 本製品の耐環境性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

400g鋼球落下試験を実施

ディスプレイの落下や飛翔物の衝突による破損を想定し、 ディスプレイ中央への鋼球(400 g)落下試験(80 cm)を実施。

* 本製品の耐衝撃性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
* 右の写真はイメージです。

400g鋼球落下試験

■防塵試験(非動作時)

IEC60529/JIS C0920 IP6x(耐塵形(防塵密封)
JIS規格の耐塵特性に関する試験の一種。
●PC内部の空気を最大2kPa減圧し、8時間粉塵を吹き付ける。

防塵試験(非動作時)

■耐振動試験(非動作時)

MIL-STD-810G
器材に対する環境耐性を決定するための試験方法。
●振動試験:前後・左右・上下に1時間かけて振動を与えつづける。

■防滴試験(非動作時)

IEC60529/JIS C0920 IPx5(防噴流形)
JIS規格の防水特性に関する試験の一種。
●2.5m〜3mの位置からあらゆる部位に向かって12.5L/minの水をジェット水流で3分間かけ続ける。

IEC60529/JIS C0920 IPx8(水中形)
JIS規格の防水特性に関する試験の一種。
●器具を水圧試験機の中に置き水圧をかける。本機の場合、1.5mの水圧に30分間維持する。

防滴試験(非動作時)

※本製品の耐衝撃・耐振動・防塵・防滴/防水性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

前のページへ
FZ-X1トップへ戻る
次のページへ