環境負荷の低減

特定化学物質の全廃取り組み

パナソニックグループでは、安心してお使いいただける製品を提供するために、独自で化学物質管理ランク指針を定め、特定化学物質の全廃に取り組んでいます。例えば、パナソニックPCでは内部配線には塩 ビ(塩化ビニル樹脂)を使用しないなど、塩ビフリー化を推進しています。

「RoHS指令」に対応

2006年7月にEU(欧州連合)で施行された特定の有害物質(下記6物質)を規制する「RoHS指令」。

パナソニックPCは一部の適用除外品を除き、RoHS指令に適合しています。

規制対象6物質

  • 鉛(Pb)
  • カドミウム(Cd)
  • 六価クロム(Cr6+)
  • 水銀(Hg)
  • ポリブロモビフェニル(PBB)
  • ポリブロモジフェニルエーテル(PBDE)

RoHS指令とは

Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrial and Electronic Equipmentの略。2002年11月にEU(欧州連合)の調停委員会で合意され、2006年7月に施行。EU域内で販売する電気・電子機器への特定の有害物質の含有を禁止しています。

back image

「J−Mossグリーンマーク」に適合

電気・電子機器の特定化学物質の含有表示方法を規定したJIS規格・J−Moss。全機種において、この基準値を超える特定化学物質の含有はなく、含有率が基準値以下であることを示すJ−Mossグリーンマークに適合しています。

J-Mossグリーンマーク

規制対象6物質と基準値

  • 鉛(Pb)…0.1wt%
  • カドミウム(Cd)…0.01wt%
  • 六価クロム(Cr6+)…0.1wt%
  • 水銀(Hg)…0.1wt%
  • ポリブロモビフェニル(PBB)…0.1wt%
  • ポリブロモジフェニルエーテル(PBDE)…0.1wt%

J−Mossとは

J-Mossとは、日本工業規格(JIS)C 0950「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」(Japan-The marking for presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipm)の通称。

「資源有効利用促進法」では、2006年7月1日以降に製造、輸入販売するパソコンなど7種類の製品に対して、J-Mossに規定された特定の化学物質の含有表示を義務化。その規定に基づき、6物質の含有率が基準値以下なら『グリーンマーク』(任意)を、基準値を超えている場合は『含有マーク』(必須)を表示し、含有についての情報を開示します。

back image

対象製品含有表示情報

2006年7月1日以降生産分のデスクトップ型パソコン、ノート型パソコンで、掲載の型式名(製品品番)の含有情報を開示しています。

デスクトップ型パソコン

  • 2006年7月以降製造、輸入販売の製品

ノート型パソコン

  • 2006年7月以降製造、輸入販売の製品

「VOCガイドライン」に適合

パナソニックでは、微量でも頭痛やめまい、アレルギーなどの発症への影響があるといわれるVOC(揮発性有機化合物の総称)対策を推進。パソコンから発生するVOCは、日本電子情報技術産業協会(JEITA)が定める「パソコンに関するVOCガイドライン」の基準を満たしています。

ページトップへもどる