クリーンファクトリー

「グリーン購入法」とは

「グリーン購入」とは、製品やサービスの購入の際に、それらの価格や品質、デザインだけでなく、環境面への影響をも考慮し、環境負荷ができるだけ小さいものを環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入することです。

「グリーン購入法」は、国等の機関に「グリーン購入」を義務づけるとともに、地方公共団体、事業者、国民も「グリーン購入」に努めることを定め、さらに、事業者、民間団体、国が製品やサービスに関する適切な情報提供を進めることを定めています。

グリーン購入法 電子計算機の判断基準と配慮事項
主な判断の基準
  1. 区分ごとの基準エネルギー消費効率を上回らないこと
  2. 特定の化学物質は、含有率基準値を超えないこと
主な配慮事項
  1. 製品の長寿命化及び省資源化の設計上の工夫
  2. 一度使用された製品からの再使用部品の製品への使用
  3. 再生プラスチックの使用
  4. 再生マグネシウム合金の使用
  5. 包装材の再生利用
  6. 付属品の可能な範囲での削減

※PCは、グリーン購入法の特定調達品目に「電子計算機」として指定されています。

グリーン購入ネットワーク(GPN)に参加

グリーン購入の取り組みを推進するために設立された「グリーン購入ネットワーク(GPN)」にパナソニックグループも参加。GPNが策定した「グリーン購入ガイドライン」に適合している製品について、GPNのデータベース『エコ商品ねっと』に登録し、データを公開するなど、情報の発信に努めています。

※「グリーン購入ネットワーク(GPN)」が運営する『エコ商品ねっと(GPNデータベース)』への登録商品は、当社の判断で選んで掲載している商品です。同サイトはGPN購入ガイドライン対応商品やグリーン購入法適合商品を掲載し、商品選択の際に比較可能な環境データを提供しています。(※同ネットへの掲載商品は、GPNが推奨するものではありません)

ページトップへもどる