PC納入事例納入事例TOPへ戻る

飲食店用店舗業務支援システム

株式会社イオンイーハート様 飲食店用店舗業務支援システム

全国約270店舗のタッチ端末を高速で頑丈なCF-C1にリプレース。現場のストレスや問い合わせが減り、店舗業務の効率化を実現

導入機種Let'snote CF-C1イオンイーハート様は、全国に約270店舗のファミリーレストランと専門店を展開する、イオングループの外食サービスご担当企業様です。今回、各店舗の売上管理や勤怠管理、本部との連絡等で利用されている業務支援システムのタッチ端末を、すべてLet'snote CF-C1にリプレース。端末の処理性能の向上により、店舗業務の大幅な効率化とスピードアップを実現されました。

納入先プロフィール

  • [納入先]
    株式会社イオンイーハート様
  • [所在地]
    千葉市美浜区中瀬1-3 
    幕張テクノガーデン(MTG)B棟10階
  • [ホームページ]
    http://www.aeoneaheart.co.jp/
  • [システムご担当]
    株式会社ガルフネット
    http://www.gulfnet.co.jp/

全国に約270店舗を展開。イオングループの外食サービスを担う

四六時中 レイクタウン店 店長 村田明彦様

「端末の処理が高速になったので、日々のルーチンワークが劇的に効率化されました」と語る、
四六時中 レイクタウン店 
店長 村田明彦様

イオンイーハート様は、イオングループの中で、唯一、外食部門を受け持つ企業様です。チェーンシステムによるレストランの運営、および企業内給食事業を展開され、その数は全国に約270店舗。うち約200店舗が洋食・和食のレストラン。約20店舗が高速道路PAや給食事業。約50店舗が“おひつご飯”の専門店です。今回伺った『四六時中 レイクタウン店』様は、埼玉県越谷市にある専門店様です。 店長の村田明彦様は、お店の特徴を次のように説明されます。 「当店は、おひつご飯をメインでご提供しています。全国には約130銘柄のお米があるのですが、特A級に分類されるものは20銘柄程度しかありません。当店では、その特A級の会津産こしひかりにこだわり、定食としてご提供したり、特製の白出汁と薬味をおつけしてお出ししています。そのままでも、薬味を付けても、あるいは出汁茶漬けのようにして召し上がっていただくこともできます」(村田様) 「四六時中」とは、イオンイーハート様が展開する飲食店の統一ブランドで、他に、「和ダイニング 四六時中」、「ナポリピッツア 四六時中」なども展開されています。

越谷レイクタウンにある「四六時中 レイクタウン店」。

越谷レイクタウンにある「四六時中 レイクタウン店」。

ページTOPへ戻る

端末の老朽化で業務効率が低下。全店舗でCF-C1にリプレース

スタイラスペンによるタッチ操作で使用されています。パート・アルバイトの皆様も担当ごとに利用されるシステムです。

スタイラスペンによるタッチ操作で使用されているCF-C1。パート・アルバイトの皆様も担当ごとに利用されるシステムです。

イオンイーハート様では、全国の店舗の業務支援システムとして、ガルフネットの「店舗の王様」を導入し、活用されています。「店舗の王様」は、チェーンストア経営に必要な売上管理や勤怠管理や、受発注、本部と店舗をつなぐグループウェアなど、店舗業務に必要な機能を一括提供するソリューションです。 各店舗にはスタイラスペンで操作するタッチ端末が設置され、Webブラウザを通じて、さまざまな機能が利用できます。しかし、導入から約7年が経過し、タッチ端末の速度低下が顕著になったと、村田様は説明されます。 「店舗では、本社と情報をやりとりするために、本システムの掲示板を利用しています。たとえば、メニュー表や調理マニュアルも掲示板で送られてきますし、キャンペーン用のPOPなどもPDFで送られてきて、それを印刷して利用するといった使い方をしています。したがって、毎日、必ずチェックするのですが、ページを切り替えるたびに待たなければならず、本社からの情報を確認するだけで、30分以上かかることも珍しくありませんでした」(村田様)さらに、起動処理も遅く、場合によってはフリーズすることもあったため、全店舗の端末のリプレースが検討されました。そこで選ばれたのが、耐水性や耐障害性に優れた、パナソニックのコンバーチブルタブレットPC、Let'snote CF-C1です。まず10店舗で試験導入がされました。「大切なことは、ITの素人であるパートやアルバイトの皆さんでも、簡単に使えるということです。その点、CF-C1はこれまでと同じWindows環境で、スタイラスペンで操作できる点が高評価でした。スピードに関しては、旧端末とはまさに雲泥の差。テスト導入した店舗の店長達は、『絶対に導入すべきだ』という意見でした」(村田様)約1ヶ月にわたる現場チェックの結果、導入が決定。2011年9月から11月初頭にかけて、全国約270店に順次導入されました。

ページTOPへ戻る

端末の処理速度向上により、現場のストレスが大幅に低減

株式会社ガルフネット 経営ソリューション開発本部 ITサポート 前田悠樹様

株式会社ガルフネット 
経営ソリューション開発本部 
ITサポート 前田悠樹様

CF-C1の導入効果は明らかでした。導入直後の様子を、村田様は次のように語られます。 「端末を入れ替えて、電源を入れた直後のパート・アルバイトの皆さんの反応は『わっ、すごく速くなった』でした。明らかにスピードが違っていました。もちろん、我々の作業も劇的に変わりました。このシステムは、単に情報を表示するだけでなく、売上報告や勤怠管理、食材の発注など、日々のルーチンワークでも使っています。CF-C1になってから、画面の切り替わるスピードが劇的に向上したので、日々のルーチンワークがたいへん効率化されました。これまでの労力を10とすれば、4〜5にまで減った印象です」(村田様) CF-C1の導入は、今回の端末リプレースも担当したガルフネットのヘルプデスクへの問い合わせ件数にも表れました。ガルフネット 経営ソリューション開発本部 ITサポート 前田悠樹様は、次のように語られます。 「旧端末のときは、月に250〜300件程度のお問い合わせをいただいていました。それが、CF-C1にリプレースしてからは、月に150件前後にまで減少しました。単純計算すれば、100〜150件は端末が原因のトラブルだったということになります」(前田様)パート・アルバイト、従業員の皆様は、システムでわからないことがあると、サポートデスクに直接電話で問い合わせできる仕組みになっています。その件数がこれだけ減ったということは、現場の作業効率が大幅に改善されたことを物語っているといえるでしょう。店長の村田様も、次のように語られます。「各店舗にITのプロはいません。地方にいけば、50代、60代のパートの方々だけで運営している店舗もあるのです。我々であれば、端末がフリーズしたら、電源をオン/オフしたり、USBを抜き差ししたりといった対応を思いつきますが、パートの皆さんの場合、それは困難です。そうすると、ヘルプデスクに電話をかけることになるのですが、その件数がこれだけ減ったということは、現場のストレスが大幅に低減されたことを示していると思います」(村田様)。

ページTOPへ戻る

店舗側からのレスポンスも容易に。新しい使い方への期待も膨らむ

全店舗でリプレースされたCF-C1。レジ脇のせまいスペースに設置されて利用されています。

全店舗でリプレースされたCF-C1。レジ脇のせまいスペースに設置されて利用されています。

売上げ管理や勤怠管理、本社との連絡等、店舗業務に必要な機能が用意されています。

売上げ管理や勤怠管理、本社との連絡等、店舗業務に必要な機能が用意されています。

端末の処理速度の向上は、各店舗から本部、あるいは店舗間のコミュニケーションの活性化にもつながりつつあると、村田様は指摘されます。 「たとえば、本社からの連絡に対し、返信を書く機能があるのですが、これまでは見るだけで精一杯で、利用することはほとんどありませんでした。しかし、端末のスピードが上がったので、店舗側のレスポンスも容易になりました。実際に、CF-C1にリプレースしてから、本部からの連絡にパートさんがレスポンスを返すケースも見られるようになりました。また、このシステムでは、他の店舗の反応を見ることもできますので、今後は店舗間のコミュニケーションや情報共有にも活用できるのではないかと期待しています」(村田様)また、以前の端末は重量が重かったため、ほとんど持ち運ぶことはなかったといいます。CF-C1も、基本的にはレジの横に設置され、移動することはあまりないようですが、以前より大幅に軽くなっているので、新しい使い方の可能性について、次のように語られています。「端末が軽いので、お店によっては、営業終了後にレジ脇から移動して、広い場所で使用することもあるようです。また、持ち運びが容易なので、将来的には、バーコードリーダーと組み合わせて、食材の発注作業を現場で直接行うような使い方をすれば、ミスも減らせるのではないかと思います」(村田様)多くの企業がしのぎを削る飲食業界。その中で、食品・接客両面での「安全と安心」をベースに提供価値の品質を高めようとされているイオンイーハート様にとって、店舗の業務効率化とサービス品質の向上は不可欠です。その意味でも、今回の端末リプレースでCF-C1が果たした役割は、たいへん大きかったと言えるのではないでしょうか。

システム図

(2012年12月)
ページTOPへ戻る

法人向け案件別対応、ご購入やデモ機お貸出等のお問い合わせ一次窓口 ダイレクトマーケティングチーム フリーダイヤル0120-878655 お問い合わせフォームへ

納入事例TOPへ戻る