パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > パソコン(法人向け) > PC導入事例 > ディーアイエスソリューション株式会社様

PC納入事例納入事例TOPへ戻る

営業支援システム

ディーアイエスソリューション株式会社様 営業支援システム

プロが指名するLet'snote!WiMAX内蔵の独自モデルで社内/社外を問わずセキュアで快適なビジネス環境を実現。

導入機種 Let'snote CF-S9,CF-J10 DISモデルディーアイエスソリューション株式会社様は、ダイワボウ情報システム(DIS)グループの中核企業として、さまざまなシステムやソリューションをお客様に直接提案・納品している企業です。DISグループがWindows 7 とOffice 2010に移行するのに合わせ、2つの課でLet'snoteを一括導入。安全で快適なビジネス環境の実現に成功されました。

納入先プロフィール

  • [納入先]
    ディーアイエスソリューション株式会社様
  • [所在地]
    東京都品川区大井1-20-10
  • [ホームページ]
    http://www.dsol.co.jp/
  • [納入窓口]
    ダイワボウ情報システム株式会社様
    http://www.pc-daiwabo.co.jp/

DISグループの中核企業として、さまざまなソリューションを提供

ディーアイエスソリューション株式会社様は、コンピュータ情報機器を扱う日本最大級のディストリビュータとして知られるダイワボウ情報システム株式会社(DIS)の100%子会社です。ダイワボウ情報システムが顧客満足度のさらなる向上を図るため、ソリューション事業を専門に行う企業として2004年に設立されました。 親会社となるダイワボウ情報システム株式会社が情報機器の卸業務を行っているのに対し、ディーアイエスソリューション株式会社様はエンドユーザーにシステムやソリューションを直接販売・納品するのが主たる業務です。 「PCを使ったネットワークシステムやサーバの構築、ウイルス対策や暗号化などのセキュリティソリューション、電話の構内交換機の設計・設置、システムの保守・運用などが主な業務です。お客様との直接の接点となるビジネスを展開し、DISグループの中核企業として、日々活動しています」(第1事業部 事業部長 大西誠様)

第1事業部 事業部長 大西誠様

第1事業部 事業部長 大西誠様

第1事業部ネットワークソリューション1課 課長 柴山裕之様

第1事業部 ネットワークソリューション1課 課長 柴山裕之様

第2事業部ネットワークソリューション2課 マネージャー 有田勇郎様

第2事業部 ネットワークソリューション2課 マネージャー 有田勇郎様

ページTOPへ戻る

Windows 7&Office 2010への切り替えに合わせて、Let'snoteを一括導入

社内には無線LANで構築されているので、ミーティングでもLet'snoteが活用されています。

社内には無線LANで構築されているので、ミーティングでもLet'snoteが活用されています。

オフィスはフリーアドレス制を採用。空いている席で業務ができる仕組みを構築されています。

オフィスはフリーアドレス制を採用。空いている席で業務ができる仕組みを構築されています。

ディーアイエスソリューション株式会社様がLet'snoteを一括導入したのは、2011年の7月。機材の選定にあたっては、本来、各部門で自由に選択・購入できるのですが、今回は先行導入した部門が、Let'snoteを選択されました。その背景には、グループ全体の方針があったと大西様は説明されます。「DISグループ全体で、基本的なシステムをWindows 7とOffice 2010に統一するという方針が決まりました。ただし、一度に切り替えるのは大変ですので、ちょうどリプレースのタイミングが来ていた部門が先導して、Windows 7とOffice 2010が快適に動くノートパソコンを検討した結果、Let'snoteを選択することになりました」(大西様) もちろん、他メーカーのパソコンも検討されましたが、選定にあたって社員の声をヒアリングしたところ、Let'snoteを高く評価する声が圧倒的に多かったといいます。 「バッテリーの持ち、堅牢性、CPUをはじめとするスペックも含めて、『今度買うときはLet'snoteを!』という要望が非常に多かったため、Let'snoteを導入することになったのです」(第1事業部ネットワークソリューション1課 課長 柴山裕之様)

WiMAXを使って社内システムにログインする際には、乱数表を使ったワンタイムパスワードが使われています。
WiMAXを使って社内システムにログインする際には、乱数表を使ったワンタイムパスワードが使われています。
ページTOPへ戻る

WiMAX内蔵でコストパフォーマンスの高いLet'snote DISモデルを選択

DISモデルのLet'snote CF-J10(左)とCF-S9(右)。パームレストには、DISモデルを表すシールが貼られています。

DISモデルのLet'snote CF-J10(左)とCF-S9(右)。パームレストには、DISモデルを表すシールが貼られています。

ただし、選択したLet'snoteはパナソニックの標準モデルではなく、ダイワボウ情報システムのオリジナルモデル、通称「DISモデル」と呼ばれるLet'snoteでした。DISモデルは、ダイワボウ情報システムとパナソニックとのコラボレーションから生まれたコストパフォーマンスに優れたモデルです。最新のDISモデルの場合、用途や予算に合わせたCPUが選択できる(高性能なCore i7、コスト優先のCore i3)、法人向けモデルながら広域無線通信のWiMAXを内蔵できるなど、通常モデルにない機能やラインアップが揃っていることが特長です。ディーアイエスソリューション株式会社様は、このDISモデルの中から、業務に合った製品を購入しました。特に外出の多い営業部門では、Let'snoteの軽さとWiMAXの高速なネットワークが非常に便利だとおっしゃいます。「営業は、お客様先で見積書や提案書を作ることが多いので、軽くて長時間使用できるLet'snoteは非常に頼もしい存在です。 社内に接続する際にはVPNとワンタイムパスワードでセキュリティを高めていますが、出先から接続するのに、3G通信カードだとどうしても速度が上がりません。しかし、高速なWiMAXなら十分な速度でVPN接続ができるので、安心して快適に利用できます」(第2事業部 ネットワークソリューション2課 マネージャー 有田勇郎様) 「私は10.1型のCF-J10を利用しています。出張が多いため、1kgを切る軽さは非常に助かっています。解像度も十分で、WordやExcelも問題なく利用できます。
WiMAXに関しても、以前は使用エリアが狭いといわれましたが、現在はカバー率が上がっていますので、まったく問題ありません」(大西様)
保守・管理を受け持つ技術部門の中でも、Let'snoteの評価は上々です。お客様先やデータセンターで長時間作業をすることが多いため、長時間駆動が可能でソフトウェアのインストールが簡単なDVDドライブ搭載モデルが不可欠です。また、仮想環境で複数の環境を使い分けて検証・テストを実施している開発部門でも、最新のCPUを積む高スペックのLet'snoteが活躍しています。

ページTOPへ戻る

今後のリプレースでもLet'snoteを検討、お客様にもDISモデルを積極的に提案

DISモデルはWiMAXの契約をダイワボウ情報システムで申し込めます。(画面は申し込み用のページ)

DISモデルはWiMAXの契約をダイワボウ情報システムで申し込めます。(画面は申し込み用のページ)

取材にご対応いただいた皆様。左から、岩原様、有田様、大西様、柴山様、柴田様。

取材にご対応いただいた皆様。左から、岩原様、有田様、大西様、柴山様、柴田様。

ディーアイエスソリューション株式会社様では、ノートパソコンの約半数はLet'snoteだそうです。社員の評価も高いため、今後もLet'snoteの割合は増えていきそうだと、有田様は次のように説明されます。 「各部門のリプレースのタイミングに合わせて、個々に新しいノートパソコンが検討される予定ですが、今の社内の評価からすると、Let'snoteの割合は今後も増えていきそうですね」(有田様)また、ソリューションを提供するという立場からも、お客様にLet'snoteを提案する機会は増えそうだと、柴山様は次のように語られます。「震災後、事業継続の観点からリモートアクセスのニーズが増えています。その際、セキュリティを考慮すると、会社が指定したパソコンを使うケースが多くなると思います。DISモデルのLet'snoteであれば、セキュリティを高めるTPMチップ*が搭載されていますし、WiMAXも内蔵されて価格も抑えられているので、お客様にも提案しやすいですね。何より、我々自身が利用していることが、お客様の大きな安心につながるのではないかと思います」(柴山様)さまざまなコンピュータ機器を扱われているディーアイエスソリューション株式会社様は、いわばコンピュータ機器を扱うプロフェッショナル。そのプロ達が選択されたのがLet'snoteだったことは、Let'snoteにとってもたいへん名誉なことです。今後も、そのビジネスを、Let'snoteがさまざまな場面で支え続けることでしょう。 *TPM:Trusted Platform Moduleの略。暗号化の鍵を専用チップに保持することで、データ暗号化や不正アクセスからのデータ保護を強化する仕組み。

(2011年11月)ページTOPへ戻る

法人向け案件別対応、ご購入やデモ機お貸出等のお問い合わせ一次窓口 ダイレクトマーケティングチーム フリーダイヤル0120-878655 お問い合わせフォームへ

納入事例TOPへ戻る

パナソニック・ホーム 法人向けトップ > ビジネスソリューション > パソコン(法人向け) > PC導入事例 > ディーアイエスソリューション株式会社様