パートナーソリューション紹介

  • 製造
  • インフラ・エネルギー

製造現場 統括運転管理システム

この事例をPDFでダウンロードするこの事例をPDFでダウンロードする

株式会社j5Japan 様 | j5

j5Japan

巡回点検モバイルソリューションなど製造現場への統括運転管理システム。

現場データの収集・活用による巡回点検業務高度化は、情報を活用した人と設備の協調による「安全、安定運転」の基盤である。国内防爆認定を取得したFZ-X1は、この仕組み実現を確保するために必要なソリューションを提供している。

j5使用イメージ

※上記写真は防爆エリアではありません

  • エンドユーザー様が抱えている課題

    爆発性雰囲気が生成される危険場所では「防爆機器」の使用が必要であり、現場機器点検業務において、紙を持ち歩いて記入するなど作業が煩雑となっている。

  • →↓
  • 本ソリューションによって実現する解決策

    j5とFZ-X1の組合せにより、現場でのITサービス導入が実現。現場作業での業務効率化、データの統合管理による点検業務の高度化を図ることができる。

タフパッド防爆モデルの可能性

石油精製、石油化学、プラントなどで爆発性雰囲気が生成される危険場所では、「防爆機器」を使用しなければなりません。現場機器点検を行う日常業務では、この制限のため、紙を持ち歩いて記入という作業を行ってきました。国内防爆認定を取得したFZ-X1であれば、この制限を担保し、業務効率化に貢献するITソリューションが提供可能になります。

採用のポイント
  1. 頑丈性
  2. 利便性
  3. 国内防爆検定合格品 ※防爆モデルのみ

タフパッドとの組み合わせで実現するメリット

現場情報は、操業運転管理上、有益なデータを提供してくれるが、今まで防爆という大きな壁によってその実現を妨げてきた。FZ-X1で収集されたデータをシステムに統合でき、現場−計器室間の情報と状況の共有化を可能にすることで、安全操業の確保が可能になり、運転に向けた大きなプラットフォームを提供できるようになった。

「j5」についてのお問い合わせ・詳細はこちら

パートナー様ウェブサイト

本ページの情報は、当社のタフシリーズにて、動作が確認された実績のあるものを紹介させていただくものです。
当社で、表記のソリューションの動作を保証するものではありません。また、各ソリューションの詳細内容は、提供する各社にお問い合わせください。