テレワークで
「小1の壁」
乗り越えられる!

ママさんの間では有名な「小1の壁」。
お子さんが小学校に入学した後、仕事との両立が困難になることを言い表しています。
保育園のお子さんがいる方は「今でも仕事と育児の両立が大変なのに、
さらに忙しくなるなんて・・・」と不安ですよね。
お子さんが小学生に上がってから戸惑うことなく働き続けるためには、
事前に原因を知って、対策しておくと安心です!

また、対策としておすすめなのが「テレワーク」。
今回は「小1の壁」のキホンと、対策として注目されるテレワークについてご紹介します。

「小1の壁」とは―
保育園と小学校で変わること

小1の壁❶

子供の預かり時間が短くなる!

保育園

20時まで

小学校(学童保育)

18時まで

保育園は遅い時間まで預かりに対応してくれる場所が多く、
残業があっても安心してお迎えに行ける環境であると言えます。
ところが、小学校では放課後に学童保育を利用しても、保育園より預かり時間が短いことが一般的。
お迎え時間に間に合うよう、きっちり定時で仕事を終えることが必要となってきます。

学童保育に預けられないことも・・・

「待機児童」という言葉が問題となるように、学童を利用したいのにできない子どもが年々増えています。ママさんによっては保育園在園中から入所予約をすることや、民間保育サービスの活用が広がっています。

仕事では時間短縮勤務が切れるケースが多い

育児に欠かせない時間短縮勤務。実は、子どもが小学生になるタイミングで利用できなくなる職場が一般的で、働き方の見直しを迫られるママさんが大勢いるのが実情です。

職場ではこのような誤解がある場合も・・・

お子さんが小学生になったら、
子育てが落ち着いて働きやすくなるね

効率化のHINTS

「習い事」を賢く活用

通いやすい場所で習い事を見つけることがおすすめです。
子供の帰宅時間を調整できるうえ、子どもが好きなことに取り組むきっかけにもなるので一石二鳥!

小1の壁❷

親の参加が必要な行事が増加!

保育園

  • ●入園式 
  • ●保育参観
  • ●保護者懇談会
  • ●親子遠足
  • ●運動会 
  • ●卒園式

小学校
(学童保育)

  • ●入学式
  • ●授業参観
  • ●PTA
  • ●保護者懇談会
  • ●家庭訪問
  • ●運動会
  • ●町内パトロールなど
  • ●卒業式
平日の開催が多い!

PTAなど親が関わる行事が急増!さらに授業参観や保護者懇談会、家庭訪問など、子どもの成長に関わるイベントは平日開催が多いのもポイント。
仕事と両立するためには、重要な行事に絞って参加するなど工夫が必要です。

小1の壁❸

子どものフォローがさらに重要に!

●学校生活の様子を聞く

小学生の先生とは、保育園の先生ほど密にコミュニケーションをとることが難しく
子どもの学校生活の様子が分かりにくくなります。
親としては不安になりがちですが、普段から子どものおしゃべりに耳を傾け、
知りたいことも自然と話してもらえるような雰囲気づくりが重要です。

●明日の持ち物をチェックする

毎日の時間割や行事に合わせて、いろいろな荷物が必要になるのが小学生。
子どもだけで持ち物を把握して用意することは難しいため、
明日の持ち物確認をいっしょにすることが欠かせません。

子どもの急なお願いがあって困ることも・・・

あしたの図工で「のり」がいるなんて、前日の夜に言われて困った…

●宿題をする

遊びたい盛りの子どもに宿題に取り組んでもらうところから、
勉強で分からないところの相談に乗るなど、サポートが必要に。

小1の壁❹

長期休みがある!

  • 春休み
    3月下旬~4月上旬

  • 夏休み
    7月下旬~8月下旬

    特に夏休みが長い!
  • 冬休み
    12月下旬~1月上旬

休暇中に必要なこと

  • ●学童に預けるため、毎日お弁当作り
  • ●宿題のサポート
  • ●家族でのお出かけ

長期休み、日中の子どもの安全な過ごし方を確保することが、仕事との両立のポイントです。
宿題を計画的に進めるお手伝いや、学童保育を続ける場合には毎日お弁当づくりが必要になるなど、
長期休みならではの「壁」も。

「学級閉鎖」による急な休みにも注意!

冬に流行するインフルエンザなどによる学級閉鎖は、小学生ではよくあることです。
1週間ほど、学校はもちろん学童保育も利用できなくなってしまうので、
民間で保育をお願いできる場所を探しておくなど、あらかじめ対策しておくことがおすすめです。

効率化のHINTS

「キッズケータイ」があると安心

実家に協力を得るなど工夫はしていますが、
どうしてもわが子が家に1人になる時間ができてしまうもの。
キッズケータイがあると、帰宅の連絡をもらったり、
友達と遊ぶ時もGPSで居場所を把握できるので安心です。

「小1の壁」を乗り越える
テレワーク活用法

小学生に上がると、保育園の時と子育ての内容や課題が大きく変化します。
そのような変化に対応する働き方として、時間や場所にとらわれない
働き方を可能にする「テレワーク」が注目されています。

テレワークのメリット

  • 通勤の時間や手間を削減できるので、子育てとの両立がカンタンに
  • 急な子供の体調不良の時には在宅ワークで看護と仕事を両立できる
  • 平日の授業参観などには「有休」を使わなくても参加できる!学校行事に参加しやすくなる

「しごとの見える化」がテレワークの第一歩に

そうはいっても、「上司や同僚に遠慮してしまう」
「仕事をサボっていると思われないか、心配になる」などの声があり、
テレワークが活用しづらい実情があるようです。

気持ちよく利用するためにカギとなるのは「しごとの見える化」。
社内の人に自分の業務状況が伝えられれば、安心して定時に仕事を終えることや、
日中学校行事に参加するために中断したぶんを夜に作業するなど、
より柔軟な時間の使い方ができます。

パナソニックのしごとコンパス
快適なテレワークを推進!

パナソニックの提供する「しごとコンパス」も、業務の見える化に便利なソフトウェア。
PCの操作ログを自動で収集して、1分単位で業務状況を記録。社内の人にも状況が正確に伝わります。
テレワークを活用しやすくすることで、「小1の壁」と仕事の両立を支援。ワーママの働き方改革を実現します。

「しごとコンパス」を活用しテレワークを促進。
企業の導入事例のご紹介です。

しごとコンパス 活用事例しごとコンパス 活用事例

このページをシェアする

    ページの先頭へ