協賛企業さま・協賛をお考えの企業さまへ~働きやすさを高める時差Biz取り組みのポイント

個人の生活スタイルに合わせた
働き方で、
通勤ラッシュの回避を促す
「時差Biz」

東京都では、時差出勤やテレワークを活用した
「時差Biz」が推進されています。
通勤時の混雑によるストレスからの解放や、
個人の生活スタイルに合った柔軟な働き方の
浸透が
期待されており、
約1500社の企業が参加しています。

8:00~9:30に利用者が集中
新宿エリアの鉄道利用者数の時刻分布【参考】国土交通省、平成24年大都市交通センサス分析調査報告書

時差Bizをサポートする
鉄道会社の取り組み

  1. 混雑状況の見える化

    駅構内や各鉄道会社のWEB、アプリで交通状況を確認できます。

  2. ダイヤの見直しや増強

    混雑緩和や利便性の向上が図られています。

  3. お得なキャンペーン

    ポイントやクーポンの付与などのキャンペーンが行われています。

※鉄道会社によって、取り組み内容や時期が異なります。
各鉄道会社の取り組みについて詳しくはこちら

参加者の約割が
メリットを実感!

参加者へのアンケートでは、通勤時のストレス軽減や、
プライベートを意識してメリハリをもって働くことで
生産性向上につながるという関連性が見られました。

  • 通勤時の快適性

  • プライベートの充実

  • 仕事の効率性

  • 非常に上がった
  • 少し上がった
  • 変化なし
  • 少し下がった
  • とても下がった

柔軟な働き方で、
仕事もプライベートも充実!

企業の業務内容や、参加者の生活スタイルは百人百様。
状況に合わせて施策を活用することで、
柔軟な働き方を実現することができます。

時間場所を有効に活用する
働き方を
実現するには?

時差Biz成功のポイントは業務環境の整備です。
企業は、業務内容や社員の生活スタイルに
合わせた制度の整備と合わせて、
テレワークでも生産性を高める
ITツールの導入が必要です。

参加者

  • 家族の理解と協力を得る
  • 時間通りに退社できるよう、仕事を効率的に進める意識を持って取り組む
  • 退社後の業務に支障がでないよう
    周囲に進捗を共有

企業

  • まずはトライアルで開始
    検証と改善を行いながら制度化を図る
  • コミュニケーション不足を
    解消するITツールを導入
  • 実労働時間を把握

時差Biz推進に便利な

個人の生産性向上にも、
企業の働き方改革推進にも役立つのが、
PCの操作ログを見える化する
「しごとコンパス」です。

参加者

  • 業務内容を振り返り、
    生産性向上や周囲への業務進捗共有のモレをなくせる

企業

  • 時間の使い方の問題点がわかる
  • 実労働時間を把握でき、
    長時間労働を防げる

時間の効率的な
再配置をサポートする
「しごとコンパス」とは?

しごとコンパスは、PCの操作ログから
「働き方」を見える化することで、
社員1人ひとりの意識と行動改革を促す
クラウドサービスです。

このページをシェアする

    ページの先頭へ