コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.3.2

本ソフトウェアは、パソコン上でUSBメディアプレーヤーの再生スケジュールを設定できるソフトウェアです。
操作方法は操作説明書をご覧ください。

最新バージョン

Ver.3.2

Ver.3.1からの変更点

  • SQ1シリーズに対応
  • EQ1シリーズに対応
  • H.265/HEVCに対応(SQ1/EQ1シリーズのみ)
  • 解像度最大3840×2160のH.265/HEVC、H.264/AVC動画に対応(SQ1/EQ1シリーズのみ)

※バージョンは、コンテンツマネージメントソフトウェアを起動し、メニュー右下のiマークをクリックすると確認できます。

パソコンの動作環境

OS
Windows® 7
Ultimate (32/64bit)
Professional (32/64bit)
Home Premium (32/64bit)
Windows® 8.1
Windows® 8.1 (32 bit/64 bit)
Windows® 8.1 Pro (32 bit/64 bit)
Windows® 10
Windows® 10 Home (32 bit/64 bit)
Windows® 10 Pro (32 bit/64 bit)
ソフトウェアライブラリー Microsoft .NET Framework 4.5.2以上
インストールされていない場合は、Microsoftのホームページからダウンロードしてください。
WEBブラウザー Internet Explorer 11
Windows8.1のモダンUI用Internet Explorer 11を除く
ディスプレイ解像度 1366ドット × 768ドット以上
LAN環境 有線LANで接続する場合
LAN端子:10Base-T/100Base-TX
無線LANで接続する場合
準拠規格:IEEE802.11b/g/a/n
USBメモリーカードリーダー 作成したスケジュールを直接USBメモリーに書き込む場合に必要です。お使いの機器で使用できるUSBメモリーについては、機器の取り扱い説明書をご覧ください。

<ご注意>

  • コンテンツマネージメントソフトウェアVer3.1以前がインストールされている場合、先にアンインストールを行う必要があります。
  • アンインストールを実施すると、登録済みのコンテンツやスケジュールが削除されます。コンテンツやスケジュールを再度利用する場合は、アンインストール前に[データ移行]で移行データを保存しておいてください。
  • 上記システム環境以外で使用された場合、および自作コンピューターで使用された場合の動作保証は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください。
  • 上記の条件を満たす、すべてのコンピューターについて動作を保証するものではありません。
  • コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.3.2で作成して出力したスケジュールを再度読み込んで編集する場合は、必ずコンテンツマネージメントソフトウェア Ver.3.2以降を使用してください。それ以外のバージョンでは読み込めない場合があります。

ダウンロード方法

ダウンロード

[CMS_V3.2.0.zip (16.0 MB)]

  1. 上の「ダウンロード」ボタンをクリックし、「ソフトウェアダウンロードに関する注意事項」を確認後、「同意してダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
  2. ダウンロードした「CMS_V3.2.0.zip」をダブルクリックすると自己解凍が始まり[CMS_V3.2.0]フォルダが生成されます。
  3. [CMS_V3.2.0]フォルダ内の[setup.msi]アイコンをダブルクリックしてください。
    インストールが開始します。
  4. インストールが完了すると、デスクトップ上にショートカットアイコンが作成されます。

フォルダ

使用手順

本ソフトウェアを使って、パソコン上で作成したプレイリストとスケジュール設定をUSBメモリーに保存又はLAN経由でUSBメモリーに配信できます。

ソフトウェアの起動

初回起動時はランチャー画面が表示されます。「液晶ディスプレイ」を選択することでトップメニューが表示されます。

※2回目以降に起動する場合はランチャー画面は表示されず、前回選択したスケジュールのトップメニュー画面が表示されます。

※ランチャー画面で[Space Player]を選択した際に表示される画面の機能は液晶ディスプレイでは対応しておりません。

トップメニュー画面

コンテンツマネージメントソフトウェアを起動すると、トップメニュー画面が表示されます。
各メニューのボタンをクリックすると、クリックしたメニューの操作画面に移動します。

[作成・編集]メニュー
スケジュールの作成や編集を行います。スケジュールの新規作成や、以前に作成したスケジュールを編集することができます。

[出力]メニュー
作成したスケジュールを機器に出力して、運用できるようにします。スケジュールと出力先機器を選択して、出力することができます。

[確認]メニュー
作成したスケジュールの内容を確認できます。
日付をもとに確認する方法と、スケジュールをもとに確認する方法の2通りの方法があります。

[データ移行]メニュー
コンテンツマネージメントソフトウェアと同じ環境を、別の対応コンピュータに移行するためのデータを出力します。[出力]の場合は保存先を選択、[読込]の場合はデータファイルを選択します。

[読込]メニュー
機器で使用しているスケジュールのデータを読み込むことができます。

[機器設定]メニュー
スケジュールのデータ出力先として、機器の固有情報の登録を行います。機器に名前をつけたり、LAN経由で出力したりするときに使うネットワーク情報を登録することができます。

iボタン
コンテンツマネージメントとソフトウェアの情報が確認できます。

コンテンツマネージメントソフトウェア Ver.1.1

本ソフトウェアは、パソコン上でAF1のサイネージプレーヤーアプリのスケジュールを設定できるソフトウェアです。
操作方法は操作説明書をご覧ください。

最新バージョン

Ver.1.1.0

対応ディスプレイ

TH-55AF1J, TH-49AF1J, TH-42AF1J

パソコンの動作環境

OS
Windows® 7
Ultimate (32/64bit)
Professional (32/64bit)
Home Premium (32/64bit)
Windows® 8.1
Windows® 8.1 Pro (32 bit/64 bit)
Windows® 8.1 (32 bit/64 bit)
Windows® 10
Windows® 10 Home (32 bit/64 bit)
Windows® 10 Pro (32 bit/64 bit)
ソフトウェアライブラリー Microsoft .NET Framework 4.5.2以上
インストールされていない場合は、Microsoftのホームページからダウンロードしてください。
WEBブラウザー Internet Explorer 11
Windows8.1のモダンUI用Internet Explorer 11を除く
ディスプレイ解像度 1366ドット × 768ドット以上
LAN環境 有線LANで接続する場合
LAN端子:10Base-T/100Base-TX
無線LANで接続する場合
準拠規格:IEEE802.11b/g/a/n
SDカードリーダー
USBメモリーカードリーダー
作成したスケジュールを直接SDカードおよびUSBメモリーに書き込む場合に必要です。お使いの機器で使用できるSDカードおよびUSBメモリーについては、機器の取扱説明書をご覧ください。

<ご注意>

  • 上記システム環境以外で使用された場合、および自作コンピューターで使用された場合の動作保証は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください
  • 上記の条件を満たす、すべてのコンピューターについて動作を保証するものではありません。

ダウンロード方法

ダウンロード

[CMS_V1.1.0.zip (15.0 MB)]

  1. 上の「ダウンロード」ボタンをクリックし、「ソフトウェアダウンロードに関する注意事項」を確認後、「同意してダウンロード」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。
  2. ダウンロードした「CMS_V1.1.0.zip」をダブルクリックするとsetup.exeアイコンが生成されます。
  3. [setup.exe]アイコンをダブルクリックしてください。
    インストールが開始します。

フォルダ

使用手順

本ソフトウェアを使って、パソコン上で作成したプレイリストとスケジュール設定を、SDカードやUSBメモリーまたはLAN経由で配信できます。

※無線LANでご使用の場合、ネットワーク環境によってはつながりにくい場合があります。有線LANでの配信を推奨いたします。

操作画面

トップページ(アプリ起動後に表示される画面)より各機能の呼出しを行います。

スケジュールの作成・編集
(タイムテーブル作成・カレンダーへの設定)

作成したスケジュールを機器に出力する
(USBメモリー/LAN)

作成したスケジュールを確認
(日付別/スケジュール別検索)

スケジュールを読み込む
(USBメモリー/バックアップファイル)

アプリデータを他PCへ移行
(登録コンテンツ/スケジュールまで)

機種設定
(出力先機器の登録/設定変更)

アプリ情報表示
(バージョン/使用ライセンス表示)

スケジュール作成

タイムテーブルの作成からスケジュールの出力までを一連の流れで操作できます。

※AF1シリーズと組み合わせてご使用の場合、「外部入力」「音楽」「明るさ」「電源」の設定には対応しておりません。

タイムテーブル作成

「プレイリスト」タブを選択し、右上の「+」ボタンでコンテンツを追加します。
プレイリストを作成し、タイムテーブルにドラッグしてスケジュールを作成します。

カレンダー登録

カレンダーのマス目から登録したい日付をクリック、さらに右クリックでタイムテーブルを設定します。

スケジュールの出力

出力方法はSDカードやUSBメモリー、またはLAN経由を選択できます。さらに機器を選択して出力します。

※AF1シリーズは、microSDカードのみ対応します。

SDカードまたはUSBメモリーからディスプレイに設定

LAN経由でディスプレイに設定

ディスプレイの入力をOpenPort PLATFORM®に切替え、「サイネージプレーヤ-」アプリを起動しておきます。
スケジュールの出力画面で「LAN」を選択し、機器を指定してスケジュールを出力。設定時間になると、スケジュールどおりに再生を開始します。

※コンテンツ再生中にスケジュール出力を開始すると再生中のコンテンツは停止し、ディスプレイは黒画面になります。

SDカードまたはUSBメモリーからディスプレイに設定

スケジュールの出力画面で「SD」を選択し、SDカードまたはUSBメモリーにスケジュールを保存します。
パソコンからSDカードまたはUSBメモリーを取り出し、ディスプレイのmicroSDカードスロットまたはUSBポートに挿入します。「サイネージプレーヤー」アプリを起動します。
設定時間になると、スケジュールどおりに再生を開始します。

※AF1シリーズは、microSDカードのみ対応です。

設定の詳細は、「コンテンツマネージメントソフトウェア取扱説明書」をご確認ください。