公益財団法人 日本財団パラリンピック
サポートセンター

2015年11月
東京都港区

PDFダウンロード

東京2020パラリンピックに向けた情報発信の拠点で、液晶ディスプレイ18台のマルチスクリーンシステムが360度全方位に映像を放映東京2020パラリンピックに向けた情報発信の拠点で、液晶ディスプレイ18台のマルチスクリーンシステムが360度全方位に映像を放映

導入の経緯

デジタルサイネージシステムとプロジェクターで、パラリンピックの最新情報を積極的に発信。

公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター様は、東京2020パラリンピックに向けたパラリンピック支援拠点、情報発信拠点として設立されました。2015年11月、競技団体との共同オフィスを開設するにあたり、当社製マルチスクリーン対応液晶ディスプレイ×18台で構成されたデジタルサイネージシステム、および3チップDLP®方式プロジェクターを積極的な情報発信に活用いただいています。


エントランス中央に設置された「360度ディスプレイ」。オフィスのどこからでも見えるようにディスプレイを円柱状にレイアウト。

垣根のない、開かれたレイアウトのオフィスに、どこからでも見ることができる「360度ディスプレイ」を導入。

日本財団ビル4階に開設されたセンターは、「スタジアム」をモチーフにデザインされたフロアに、パラリンピック競技団体(24団体予定)が入居する共同オフィスとして、競技団体や関連団体、スタッフ、パラアスリートが共有できる、開かれたレイアウトになっています。 新オフィスの象徴として、室内のどこからでも見ることができるサイネージシステムをエントランス中央に導入して情報発信に活用したいと考えられ、パラリンピック委員会のワールドワイド公式パートナーである当社にご相談いただきました。


仕切りなどを排除し、エントランスの反対側からでも映像が楽しめる。手前のミーティングスペース中央にはTH-65LFE8Jを設置

そこで、オフィスのデザイン設計段階からプロジェクトに参画させていただきながら、ご要望をヒアリング。液晶ディスプレイを円柱状に配置したマルチスクリーンシステムを提案し、エントランス中央にTH-55LFV70J×18台を採用いただきました。
また、より多くの方にパラリンピックについて知っていただくため、日本財団ビル1階ロビーに3チップDLP®方式プロジェクターも設置いただきました。

システムの紹介

超ワイドの専用コンテンツと、一般的な16:9コンテンツ 
両方の表示に対応する高輝度マルチスクリーンシステム。

センターのエントランス中央に設置された「360度ディスプレイ」は、18台のTH-55LFV70Jを縦設置して円柱状に配置。映像ソースや伝送機器などを円柱内部に格納することで、オフィスのスペースを有効活用できるよう配慮しています。映像ソースにはパソコンおよびBD/DVDレコーダー×3台を採用し、スイッチャーを介して各ディスプレイに送信。映像ソースからのHDMI/DVI映像を変換して、同軸ケーブルでディスプレイに伝送されます。

「360度ディスプレイ」は、

(1)縦設置した18台のディスプレイをひとつの画面として、横長(81:8アスペクト)の専用コンテンツを表示

(2)3台を1セットとして16:9コンテンツを表示の2種類を表示可能。コンテンツにあわせて選択しています。

日本財団パラリンピックサポートセンター様 「360度ディスプレイ」システム概略図


映像ソース、送出機器などはラックに収納して「360度ディスプレイ」の中心部に設置。デッドスペースを有効活用しています。

高輝度プロジェクターは、ガラス窓に向けたリア透過映像で、ビルの外部に情報を発信。

ビル1階のロビーには、3 チップDLP®方式プロジェクターPT-DZ10Kを導入。通りに面した窓ガラスに透過スクリーンを設置してリアから投写することで、ビルへの来訪者や付近を通る人々に最新情報を発信しています。
スクリーンの材質や色を何度もテストし、ビルの外から見たプロジェクターの映像の視認性を高めました。

1階ロビーに設置されたプロジェクターと窓ガラスに設置された透過スクリーン

公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター 様

「パラリンピック」を全力でサポート。

公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター様は、公益財団法人 日本財団様の出資のもと、パラリンピック競技団体の基盤整備、および普及・啓発などを目的に、2015年5月に設立。パラアスリートが競技に集中するための環境整備や、パラリンピックボランティアの推進、パラリンピックの学術研究、パラスポーツの国際支援、障がい者の文化・芸術支援など、幅広い活動を行われています。

●URL  公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター
●所在地 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル4階


日本財団パラリンピックサポートセンター様がオフィスを構える日本財団ビル。