2018年11月29日

SQ1シリーズ発売のお知らせ

大型業務用4Kディスプレイ2機種を新発売
スタイリッシュデザインで設置性・システム拡張性を向上

98v/86v型98v/86v型
品名 4K UHD 液晶ディスプレイ
品番 TH-98SQ1J TH-86SQ1J
サイズ 98v型 86v型
解像度 3840 × 2160 画素
パネル/バックライト IPS / ダイレクトLED IPS / エッジLED
輝度 500 cd/m²
コントラスト 1300:1 1200:1
外形寸法
(幅x高さx奥行き)
2194 × 1249 × 90 mm 1928 × 1099 × 86 mm
本体希望小売価格 オープン価格
発売時期 2019年1月

* オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません。

パナソニック株式会社は、3840×2160画素の4K/60p信号に対応した大型業務用4K UHD 液晶ディスプレイTH-98SQ1J/TH-86SQ1Jを2019年1月に発売します。
成長著しいデジタルサイネージ市場で公共施設・商業施設・交通機関など情報提供が求められる場面において高い視認性・信頼性の大型ディスプレイの導入が進んでいます。また、企業や教育現場において高解像度な映像、CADやグラフィックなど高精細のコンテンツを取り扱うことが増えています。本機はこれらの多様化するニーズにお応えします。

<主な特長>

  1. 薄型・軽量化により設置性を向上
  2. 臨場感ある4K高精細画像で高い視認性を実現
  3. 4K対応スロットを搭載し、高いシステム拡張性を提供
  4. 連続24時間運転、遠隔監視連携(SNMP対応)、ファンレス設計等による高い信頼性を実現

主な特長

1. 薄型・軽量化により設置性を向上

・従来モデル(LQ70Lシリーズ)から奥行き20%、ベゼル幅51%、質量14%の削減(98インチ比べ)し、薄型、軽量化を実現することで設置時の負担を軽減します。

・別売の壁掛け金具(TY-WK98PV1)を組み合わせることで壁面からの突出を10cm以内に抑え、公共施設や教育現場で安全面を考慮したデザインを提供します。

2. 臨場感ある4K高精細映像で高い視認性を実現

・3840x2160画素の4K液晶パネルを採用。フルHD(1920x1080画素)の約4倍の高精細映像を提供します。

・左右角度のある場所から見ても輝度や色変化が少ないIPSパネルを採用。また、パネル表面には凹凸により光を散乱させるアンチグレア処理(ヘイズ値28%)を施しているので、外光の入る明るい環境でも高い視認性を確保します。

・当社独自の4K映像エンジンの採用により、忠実な色再現を可能とする「12軸カラーマネージメント機能」や暗部から明部まで幅広い明るさを表現できる「HDR」に対応しています。

3. 4K対応スロットを搭載し、高いシステム拡張性を提供

・4K高精細ディスプレイを活かす次世代スロット規格 Intel® Smart Display Module (Intel® SDM)仕様を採用。各種インターフェースボードと組み合わせることで活用の幅を広げることが可能です。

・HDBaseT™規格をベースとした当社独自の接続システム「デジタルリンク」を標準搭載。DisplayPortでのデイジーチェーン、HDMI CEC対応など外部機器との接続性・連携を強化しました。

4. 連続24時間運用・ファンレス設計・遠隔監視連携(SNMP対応)などの高い信頼性を実現

・耐久性の高い部品を採用し24時間連続運転に対応しました。空港・駅や商業施設でのデジタルサイネージやインフラ監視などでの運用が可能です。また、SNMPに対応しているので共通のネットワークに接続されているパソコンからディスプレイの監視・制御や機器情報を取得することが可能です。

* SNMP:Simple Network Management Protocol

詳しくはSQ1シリーズをご覧ください。

SQ1シリーズ