教室や会議室での使いやすさを追求したタッチスクリーンディスプレイ教室や会議室での使いやすさを追求したタッチスクリーンディスプレイ

タッチスクリーンタッチスクリーン液晶ディスプレイ

BFE1シリーズTH-75BFE1J
オープン価格
 / TH-65BFE1J
オープン価格

教室で見やすい大きめサイズ。
タッチパネルでサイネージ使用も可能です

教材や資料を表示するだけでなく、直接書き込みもしたい、という方に。参加型の授業や活発な会議が手軽に行えるタッチスクリーン液晶ディスプレイです。タッチパネル機能を利用して、商品紹介やフロア案内など説明用サイネージとしても使えます。

  • 4K PROFESSIONAL
    *実解像度: 3840×2160画素
    (TH-75BFE1J)
  • Protective Glass
  • Interactive
  • Multi Touch
  • Portrait

JOINBOARD

TH-75BFE1J
オープン価格
75v型
400 cd/m²
4000:1
TH-65BFE1J
オープン価格
65v型
400 cd/m²
4000:1

*オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

簡単・便利に使えるタッチスクリーンディスプレイ

ディスプレイに教材を表示するだけでなく、ホワイトボードとして使うことで、生徒の理解度が向上します。複数の生徒が同時に書き込めるので参加型の授業も手軽に行えます。接続はケーブルか、USBメディアを挿入するだけ。電源を入れればすぐに使えるので、準備の手間もかかりません。

※ホワイトボードソフトウェア(無償)をインストールしたパソコンが必要です。

教室や会議室でも見やすい大きめサイズ

教室や会議室でも見やすい65v型と、更に大きいサイズがほしいというご要望にお応えする4K解像度の75v型をご用意しました。お使いになる部屋の広さに合わせて選んでいただけます。
大画面ディスプレイで教材や資料が見やすく表示できます。

離れた席でも情報共有が容易な高い視認性

BFE1シリーズは、輝度400 cd/m²で明るく見やすい映像を表示。映り込み低減(AG)処理で、外光反射を抑えた高い視認性を確保しています。教材や資料を高精細に表示する4K/フルHD映像に対応したHDMI入力、パソコン入力などの端子のほか、USBメディアからのコンテンツ表示も可能。複雑な図面や小さな文字も容易に読み取れます。
TH-75BFE1Jなら、4K解像度対応で、75v型の大画面にさらに見やすく、情報を伝達します。

安心も使いやすさも兼ね備えた商品設計

BFE1シリーズは、飛散防止フィルム付き保護ガラスを採用。万一パネルが破損してもガラスが飛び散らないので、教室に常設しても安心です。さらにフロントスピーカー(外付け/同梱)で、音声が聞こえやすく、わかりやすい授業や会議をサポートします。

移動に便利なハンドルを装備

タッチパネルで情報をわかりやすく表示

BFE1シリーズは、フロアマップやショウルームでの商品説明用のタッチパネルサイネージとしてもお使いいただけます。コンテンツにあわせて縦置きも可能で、外付けのフロントスピーカーで音声入りガイド映像も表示できます。

縦置き設置時もスピーカーを取り付けられます。

教材をフル活用できるホワイトボードソフトウェア

本ソフトウェアを使用することで、電子黒板として使用することが可能です。教材をディスプレイに表示したり、課題に書き込むなど理解度を高める授業を行うことができます。

ホワイトボードソフトウェア(Windows版、Mac版) (無償)

ホワイトボードソフトウェア Ver.5 (Windows用)

カラーユニバーサルデザインを採用

ホワイトボードソフトウェア Ver.5は、「カラーユニバーサルデザイン(CUD)」認証を取得しています。

様々な色覚を持つ人々に正しく情報を伝えられる、人にやさしいデザインです。

COLOR UNIVERSAL DESIGN '17

カラーユニバーサルデザイン(CUD)とは?
色の見え方には個人差があり、目の疾患や遺伝子の特性の違いにより、一部の色の組み合わせが区別しにくく不便を感じる人がいます。
このような色覚の多様性に配慮して、より多くの人に見やすく正しい情報を提供する考え方を意味します。

パソコンへのインストール不要

外部メモリに保存したソフトウェアをパソコンにインストールすることなく、外部メモリから直接起動できます。そのため、パソコンを限定せずお使いいただけます。

最大10点まで同時描画可能

最大10点マルチタッチに対応。シングルモード・マルチモード、2つのモードにより操作性と使いやすさを向上しています。
シングルモード・マルチモードの切り替えもメニュー画面で簡単に行なえます。

※シングルモード:書き込みとジェスチャー操作を行うことができます。ただし、書き込みは1人のみです。

※マルチモード:最大10点まで同時に書き込むことができます。ただし、ジェスチャー操作はできません。

※Mac使用時はシングルタッチのみ。

画面キャプチャー

キャプチャー操作パネルから画面を画像としてホワイトボードのページやファイルに保存することができます。

画面録画機能

レコーダー操作パネルで選択した画面領域を動画として録画/保存します。

ホワイトボードやPPT資料をボタン一つで簡単切り替え

メニューアイコンからホワイトボードモード、Power Point表示に簡単に切替ができます。資料を見ながら議論をしている最中でもホワイトボードモードに切り替えて素早くメモをとることができます。

ボタン モード
デスクトップ操作モード
ホワイトボードモード
PowerPoint連携モード

サムネイル表示

ホワイトボードやPowerPointの複数ページを閲覧する際に便利です。 また、ホワイトボードモードでは、サムネイル上で、ページの移動や削除・複製、新規ページの追加操作が可能です。

ホワイトボードモードでは以下の操作を行うことができます。

ページの削除:選択されたページを削除。
ページの複製:選択されたページを複製し、該当する次のページへ挿入。
新規ページの追加:選択されたページの次に新規ページを挿入。
ページの移動:選択されたページをドラッグして任意の位置へ移動。

文字整形

ディスプレイに書いた手書き文字を見やすいフォントに変換できます。 手書き文字を自動整形する方法と、書き込んだ文字を後から整形する、2通りの変換方法があります。

縮小/拡大機能

スクリーンを100%~300%刻みで拡大縮小できます。細かい図面や文字を確認したいときに便利です。

ホワイトボードは最大100面まで

機能選択メニューより「ホワイトボード機能」を呼び出して自由に書き込んでいくことができます。手書きメモは100枚までファイル保存が可能です。
プレゼンテーションの際に、Power Pointとホワイトボードを切り替えながらメモを残していくこともできます。

ホワイトボードの背景は用途に応じて選択可能

フリーな書き込みにはシンプルな背景を、議事録作成にはノート、図面やレイアウトの作成にはグリッドタイプ、と用途に応じて白板モード時の背景をお選びいただけます。

プレゼンテーションツール

授業やプレゼンテーションに便利な機能を搭載しています。(拡大鏡/ハイライトマーカー)

メモした内容はそのままデータ保存

Power Pointに書き込んだ文字や白板に書き込んだメモ書きはデータとして保存することができます。
保存したデータを再度呼び出し編集することも可能です。

議事録はレイアウトを整えて作成完了

メモした文字はタッチしたままドラッグすると、書いた後でもレイアウトやフォントサイズを修正することができます。
行の追加やメモ書きの入れ替えもスムーズに行えます。

メールソフト連携

メニューアイコンから既定の電子メールソフトを起動し、書き込んだPowerPointファイルや白板へのメモもPDFファイルとして電子メールソフトに添付。
その場で即メール配信が可能で、データの共有もスムーズです。

プリンター連携

メニューアイコンから、既定のプリンターを起動し、画面に表示されているページを印刷することができます。

コンピューターのシステム環境

コンピューター IBM® PC/AT 互換機
CPU インテルアーキテクチャ(Intel Core 2 以上のプロセッサー)
オペレーティングシステム(OS) Windows® 7 Service Pack 1 (Starter と Home Basic は除く)
Windows® 8.1(Windows RT は除く)
Windows® 10(Home, Pro)
インターフェース USB 2.0
メモリー 32bit 版:2GB 以上
64bit 版:4GB 以上
ハードディスク 250 MB 以上の空き容量
(Microsoft® .NET Framework のインストールにさらに 1.5 GB 必要になる場合があります)
ディスプレイ

解像度 XGA(1024x768)~Full HD(1920x1080)
色数 32 bit 以上

※マルチモニターの場合は、プライマリーのみサポートします。