光ID技術により、多様な情報提供ソリューションを実現光ID技術により、多様な情報提供ソリューションを実現

スタンダード光ID送信機能内蔵液晶ディスプレイ

SF1HシリーズTH-55SF1HJ
オープン価格
 / TH-49SF1HJ
オープン価格
 / TH-42SF1HJ
オープン価格

光ID送信に対応したディスプレイ

専用アプリをインストールしたスマートフォンをかざすと、関連情報を瞬時に表示します。クーポン表示や販売サイトへの誘導など自由度の高いコンテンツ提供を可能にします。

  • OpenPortPLATFORM
  • IPS LES
  • 24/7 Operation
  • Media Player
  • DIGITAL LINK
  • Narrow Bezel
  • Portrait

TH-55SF1HJ
オープン価格
55v型
700 cd/m²
1300:1
TH-49SF1HJ
オープン価格
49v型
700 cd/m²
1300:1
TH-42SF1HJ
オープン価格
42v型
700 cd/m²
1300:1

*オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。

関連動画

YouTubeチャンネル

光ID送信機能によりスマートフォンアプリ連携で多様な情報提供を実現

独自開発の高速バックライト制御技術によりディスプレイから「光ID」の送信を実現。
スマートフォン搭載のイメージセンサー(カメラ)を活用し、専用アプリケーションソフトを用いて「光ID」を認識することで関連情報を表示することができます。

<本格サイネージシステム>
コンテンツと光IDをネットワーク経由で光ID対応セットトップボックスに配信

<簡単サイネージシステム>
USBメモリに保存したコンテンツと光IDをUSBメディアプレーヤー機能で再生

※OS種類やバージョン・カメラ性能などの利用条件満たしたスマートフォンに限ります。

システム構成図

パナソニックの光IDソリューション 仕組みとビジネス活用をご紹介
光IDの詳細に関してはこちらをご覧ください

メディアプレーヤー機能内蔵による、「光ID」対応簡単サイネージ

SF1Hシリーズはディスプレイ本体にUSBメディアプレーヤーを内蔵。USBメディアプレーヤー機能も「光ID」送信に対応。静止画または動画コンテンツと「光ID」を保存したUSBメディアデバイスをディスプレイ本体に挿入するだけで、簡単にサイネージシステムを構築できます。また複数台監視制御ソフトウェアにより、USBメディアへのコンテンツや「光ID」の保存を簡単に操作できる上、ネットワーク経由でのUSBメモリー内のコンテンツ書き換えにも対応しています。

※マルチメディアプレーヤー機能には対応していません。

※サイネージに便利なテンプレートについては「テンプレートダウンロード」をご覧ください。

空間に溶け込み、画面いっぱいに表示するスタイリッシュデザイン

SF1Hシリーズは、LF60シリーズに比べ、べゼル幅が16mmから6.3mmと半分以下に。奥行きもわずか57mmの薄型設計を実現しました。空間に溶け込み、映像をほぼ画面いっぱいに表示するため、インパクトのあるアイキャッチが提供できます。

※ハンドル部除く。

表示するコンテンツ、空間に適した映像モードを選択

SF1Hシリーズは、コンテンツや環境に合わせて最適な映像モードが選べるようにメニューが充実しました。使用環境に合わせて見やすいモードを選べます。


ビビッドサイネージ
明るい環境下のサイネージに適した画像


ナチュラルサイネージ
色の再現性を重視した自然な色合いの画像


スタンダード
原画を忠実に再現した画像


監視
明るさを抑え階調性を重視した画像


グラフィック
パソコン入力に適した画像


DICOM
DICOM Part14
グレースケール規格に近い画像

※DICOMの名称を用いますが、本機は医療機器ではありませんので表示画像を診断などの用途に使用しないでください。

簡単設置と低システムコストを可能にする、DIGITAL LINK

DIGITAL LINKを使えば、LANケーブル※11本で、離れた場所から映像、音声、制御信号を伝送(最長150m)することができます。取り回しが容易なため、省施工が可能。システムコストを抑えながら、高品質な映像や音声の伝送と遠隔制御が行えます。

※DIGITAL LINKについては「DIGITAL LINK」をご覧ください。

※1:ロングリーチモードを持つ伝送器との接続であれば最長150mまでの伝送が可能です。ただし、送信できる映像は、1080/60p以下の解像度に限られます。CAT5e以上のSTPケーブルをご使用ください。

システム構成図

複数台設置時に便利なクローニング機能

USBメモリーでマスターディスプレイの設定情報をその他のディスプレイにコピーできます。複数台を設置する際、設定の時間を削減します。

※ディスプレイのインチサイズ/シリーズが異なる場合、クローニング機能は動作しません。

複数台監視制御ソフトウェア対応

パソコン1台で、LANを経由し最大2048台の機材を監視、制御できる「複数台監視制御ソフトウェア」。監視機能は、複数機材の状態をグループ単位で一覧表示。各機材の詳細情報も表示できます。さらに、「予兆監視ソフトウェア」(別売)を導入すると、より詳細に情報を取得。制御機能では、電源オン/オフ、入力切換、コマンド入力など制御コマンドの実行や、スケジュール機能を使用できます。

複数台監視制御ソフトウェア
予兆監視ソフトウェア

ファンレス設計

ディスプレイ内部にホコリがたまると、故障などの原因となります。クーリングファンを廃止することで、トラブルの発生を抑止しました。 また、ファンレス設計なので静音性に優れます。

高性能画像エンジンを搭載、今までにない多彩な映像調整が可能に

  • 6軸カラーマネージメント
    赤、緑、青、および補色のシアン、マゼンタ、黄で個別に画像の色合い、色の濃さ、明るさのパラメーターを調整可能です。
  • カラーエンハンスメント
    映像の特長に合わせて色を強調しメリハリや色ノリの良い映像を表現します。
  • リファインエンハンサ
    リサイズなどによって生じた不明瞭な映像の輪郭部を補正し、映像の解像感を高めます。
  • MPEGノイズリダクション
    デジタル映像信号に特有のブロックノイズ、モスキートノイズを抑えるノイズリダクションを搭載。映像が持つ本来の美しさを忠実に再現します。

高耐久パネルと高信頼性電子部品の採用で24時間連続運転を実現

駅や空港、商業施設などパブリックスペースや、監視ルームへの設置にも適しています。豊富な入出力端子を装備し、幅広いビジネス用途に応えます。

※長時間の運転を行う場合は、動画での表示をおすすめします。静止画を長時間表示した場合、残像が発生することがありますが、残像は動画等を表示すること で改善することができます。

縦置き&チルト設置対応でフレキシブルな設置が可能

薄型・軽量のSF1Hシリーズは縦置き可能で、幅が狭い場所への設置や、縦置きに適したコンテンツの表示を印象的に魅せることが可能です。 さまざまな用途での設置が容易になります。