マルチスクリーン設営時の色調整にかかる時間を大幅に短縮マルチスクリーン設営時の色調整にかかる時間を大幅に短縮

オプションビデオウォールマネージャー・自動ディスプレイ調整アップグレードキット

TY-VUK10オープン価格

パナソニックのビデオウォール設置ソリューション

カラーセンサーによるディスプレイの色調整や、パソコンを使用したデータの制御・管理を可能にするソフトウェア「ビデオウォールマネージャー」を無償でご提供。さらに、自動ディスプレイ調整アップグレードキット(TY-VUK10:別売)にアップグレードすると、対応するカメラを使って、マルチスクリーンにおける明るさと色のバランスを自動調整することができます。

これまでは…

キャリブレーションソフトを使用

  • "Colosuke"センサー必須
  • パネル中央を校正しても、輝度/色が合っていないことがある

リモコンで1台ずつ調整

  • 経験が必要、時間もかかる

統合

ビデオウォールマネージャー Ver1.7(無償)

カラーセンサーによって色調整が行われます。
パソコン上でリモコンのように色調整を行なうこともでき、調整データを管理することができます。

※対応カラーセンサー:コニカミノルタ株式会社(CA-210, CA-310)、データカラー(Spyder4、Spyder5)、エックスライト(i1Pro2)

※カラーセンサーは別売りです。

ビデオウォールマネージャーのダウンロードはこちらから

メイン画面

マルチディスプレイ設定画面

アップグレード

TY-VUK10(自動ディスプレイ調整アップグレードキット:別売)

対応するカメラを使用して、マルチスクリーンにおける明るさと色のバランスを自動調整することができます。

ディスプレイを設置します

カメラを設置します
スクリーン全体が映るようにカメラを設置します。

自動調整
ビデオウォールマネージャーソフトウェアで自動的に、各ディスプレイを正しく均一な状態になるように調整いたします。
自動画面調整を実施した後に、手動でより細かい調整を行うことができます。

明るさと色のバランスを自動調整することができます

パソコンごとにライセンスキーが必要です

ソフトウェアはPASSよりダウンロードいただけます。
PASS パナソニック業務用ディスプレイ/プロジェクター テクニカルサポートサイト

※対応カメラ:株式会社ニコン製D5200 / D5300 / D5500 / D5600

*オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。