FAQトップへ

Q.01USBメディアプレーヤー機能のある商品にはすべて対応していますか。

特定のディスプレイにのみ対応しております。

対応機種:
TH-80SF2HJ、TH-70SF2HJ
TH-65SF2J、TH-55SF2J、TH-49SF2J、TH-43SF2J
TH-86EQ1J、TH-75EQ1J、TH-65EQ1J、TH-55EQ1J、TH-50EQ1J、TH-43EQ1J
TH-49XF1HJ、TH-49XF1HTJ

※詳細の対象機種は、ダウンロードページに掲載しております。

Q.02Mac版はありますか。

Windows版のみ用意しております。

Q.03コンテンツマネージメントソフトウェアを使用するには、パソコンでの必要な条件はありますか。

ご使用のコンピューターに、Microsoft .NET Framework 4.5.2以上がインストールされている必要があります。
インストールされていない場合は、Microsoftのホームページからダウンロードしてください。
Windows7/8.1/10に対応しております。

Q.04作成済みのスケジュールをLANで出力する場合の条件はありますか。

  • USBメモリーの容量が、出力するコンテンツの2倍以上残っている状態にて使用ください。
  • スケジュールのサイズが2GBを超える場合、出力することはできません。
  • ディスプレイ側においては、通常のスタンバイ状態ではLAN経由で出力することはできません。電源オン状態もしくはスケジュール待機スタンバイの状態で出力を行ってください。

Q.05Microsoft パワーポイント、エクセルのデータを使用して作成することはできますか。

Microsoft パワーポイント、エクセルのデータは使用できません。あらかじめ、静止画、動画ファイルに変換してご使用ください。

Q.06転送できるスケジュールの期間はどれくらいですか。

転送できるスケジュールの期間は、3か月先までです。

Q.07スケジュール再生を行うためには、ディスプレイ本体で必要な設定はありますか。

  • 本体の設定で、「USBメディアプレーヤー機能」及び「スケジュール再生機能」が「有効」になっている必要があります。
  • 本体機器の日付と時刻を設定してください。設定されていない場合、「スケジュール待機中」表示のままで動作しません。
  • 同期再生モードを動作させる場合は、 本体機器の「ディスプレイ間同期」機能の設定と日付・時刻の設定が必要になります。

Q.08スケジュール再生機能を使用の場合、USBを抜いてしまうことは可能ですか。

USBメモリーを本体に常時取付けが必要になります。

Q.09使用するUSBメディアに制限がありますか。

FAT16またはFAT32でフォーマットしたもの以外は使用できません。
USBの最大メモリサイズは、32GBです。
セキュリティ機能が付いたものは非対応です。動作保証外です。

Q.10複数台監視制御ソフトウェアとコンテンツマネージメントソフトウェアとの違いは何ですか。

複数台監視制御ソフトウェアは、USBメデイアプレーヤーで繰り返し再生するための「コンテンツと再生時間と順番」を配信します。コンテンツマネージメントソフトウェアは、再生スケジュールを作成して配信するソフトになり、本体のスケジュール再生機能に必要な情報を作成配信するものです。