日本・イタリア国交樹立150周年記念イベント「コロッセオ・光のメッセージ」

文化遺産「コロッセオ」の壁面 3Dプロジェクションマッピング納入事例

所在地:イタリア ローマ市・コロッセオ
パナソニックは、日本とイタリアの国交樹立150年を記念し、ローマで開催された「日伊国交150年記念・光イベント」に協賛。イタリアを代表する文化遺跡コロッセオの外壁をパナソニックのプロジェクターが、幻想的にライトアップしました。
今回のライトアップイベントは私たちが今まで手がけたプロジェクトの中でもっとも大きなもので、世界でもたいへん有名なこの建物の壁面のライトアップを依頼されたことは、個人的にも名誉なことでした。
パナソニックプロジェクターのテクノロジーを知るにつれ、今回のプロジェクトが必ず成功すると安心しました。

照明デザイナー
石井幹子デザイン事務所 代表

石井幹子 様

照明デザイナー
I.C.O.N. 代表

石井リーサ明理 様
地図:所在地

日本・イタリア国交樹立150周年記念・光イベント

約2,000年にわたって、コロッセオは古代ローマの象徴とされてきました。古代ローマ時代には剣闘士競技の開催地や娯楽施設、作業場、要塞、中世時代の採石場として機能し、そして今、日本とイタリアの国交樹立150年を祝う光イベントのため、スクリーンとして使用されます。
世界的に著名な照明デザイナー石井幹子氏の事務所と、お嬢様石井リーサ明理氏の事務所I.C.O.N.は、2国間の国交樹立150周年を記念するために、日本とイタリア大使館からこのイベントのプロデュースを委託されました。
「人に愛、地球に愛」をテーマとしたオリジナルプログラムは、今回特別に書き下ろされました。
母娘である石井幹子様、石井リーサ明理様の制作チームがそのテーマを選んだのは、今日の不安定な政治や、社会、気候や環境について関心を高めてもらい、世界に友情、愛と平和のメッセージをイタリア人、ひいては世界の人々に伝えるためでした。
画像1:コロッセオ・光のメッセージ 2016年5月、10分間の光イベントは一般にも公開され、3夜にわたって行われました。
ドラマティックでダイナミックな光のプログラムがコロッセオの壁面に拡がり、石井リーサ明理様によって描かれた愛の物語を伝える水墨画のアニメーションへと続きます。
水墨画が光に変換され、世界遺産の壁面に映し出されたのは今回が初めてのことでした。 光とプロジェクションのショーは、日本の伝統的な太鼓や雅楽を取り入れた新しい音楽とともに、観客を魅了したことは言うまでもありません。

なぜパナソニックのプロジェクターだったのでしょうか

巨大な古代のキャンバスを彩るため、パナソニックの高輝度プロジェクターPT-DZ21K2が9台使用されました。コンパクトなボディながら、20,000lmもの高輝度と高精細な動画再現性を搭載したモデルです。PT-DZ21K2は、プロジェクターを扱う専門家の高いニーズを満たすために設計・開発されています。
PT-DZ21K2はレンタル/ステージ業界においてヨーロッパ全土で広く使用されてきたPT-DZ21Kシリーズの後継機です。最近では、最大の投写画像としてギネス世界記録を樹立したモスクワのThe Circle of Light Festivalで142台も使用されました。
画像2:コロッセオ・光のメッセージ画像3:コロッセオ・光のメッセージ

4灯式光学システムで、万一のランプ切れでも映像が途切れない

今回、プロジェクターやAV機器の選定をしたサブリナ・ミアリ氏はこう言われます。「コロッセオとフォロ・ロマーノの間の距離をカバーするため、また周辺光が多いエリアでしたのでプロジェクターの輝度は重要でした。また、非常に知名度の高い古代遺跡にプロジェクターを設置するため、クレーンやフォークリフトのような機器の使用を避ける必要があり、コンパクトで軽量なプロジェクターであることも重要でした」。
「そしてPT-DZ21K2は4灯式光学システムですので、たとえランプ1灯がショーの間に切れたとしても、観客に気付かれることなくショーを続けることができるのです」。
今回プロジェクターは3セットに分け、3台を縦に積み重ねて使用し、60,000lm以上の光が古代遺跡を照らしました。

このプロジェクション技術ならショーを成功できるとわかって安心しました

投写映像には、「愛」を世界の150の言語で表示した光のメッセージが映し出されました。10分間のショーは3夜にわたって連続して15回繰り返し上演され、オープニングの夜は日本の皇室のメンバーを含む要人が出席しました。
照明デザイナーでI.C.O.N.代表の石井リーサ明理様は、「イベントが始まる2週間前に、1台のプロジェクターで小規模テストをしました。たった1台のプロジェクターの光なのに非常に明るくてびっくりしました」と驚きを伝えられました。
「これはチーム全体にとって非常に知名度の高いイベントであり、世界で最も象徴的な建造物の一つの壁面に光のショーを作成するよう依頼されるのは個人的にも名誉なことでしたので、この投写技術ならショーを成功できるとわかって安心しました。」
画像4:コロッセオ・光のメッセージ

ムービーでもご紹介しています

パナソニックプロジェクター納入事例:日伊国交150周年記念イベント「コロッセオ ライトアップ」

パナソニックをご採用いただいた理由

・コンパクトボディながら20,000lmの高輝度と高画質
・信頼性の高い4灯式光学システム
・特殊形状のスクリーンへ、映像を歪ませずに投射できる「幾何学ひずみ補正」

今回ご採用いただいた機種
PT-DZ21K2・9台納入