ワイヤレス
ソフトウェア

ダウンロード

ワイヤレスマネージャーME6.4 for Windows簡易版

ワイヤレスマネージャーME6.4をインストールしないで使う(Windows簡易版)

コンピューターの画面をプロジェクターへ、ワイヤレス/有線LAN送信するためのアプリケーションソフトです。

ここではコンピューターにインストールせずにご使用いただく手順をご紹介します。
SDメモリーカードなどのリムーバブルメディアにコピーしておくと、それらのリムーバブルメディアからワイヤレスマネージャー ME6.4をインストールせずにご使用いただけます。
なお、ご利用になられるリムーバブルメディアに、旧バージョンのワイヤレスマネージャーが保存されている場合は、あらかじめフォルダーごと削除してください。

対応プロジェクター

PT-MZ770J/MW730J/MZ670J/MZ570J/MW630J/MW530J
PT-VZ585NJ/VW545NJ/VX615NJ
PT-VZ575NJ/VW535NJ/VX605NJ
PT-VW355NJ/VX425NJ
PT-VW345N/VX415N
PT-VW435N/VX505N
PT-FW430/FX400
PT-DZ570/DW530/DX500
PT-FW300NT/FW300/F300NT/F300
PT-VX400NT
PT-LB90NT/LW80NT/LB80NT/LB75NT

詳しくは下記の対応プロジェクター機種一覧表を参照してください。

アプリケーションガイドムービー

ワイヤレスマネージャーMEとコンピューターの接続方法をムービーでわかりやすくご紹介しています。

・ワイヤレスマネジャーME6.3環境下での利用を紹介した動画です。あらかじめご了承ください。

必要なシステム構成

本ソフトウェアを使用するには、下記の条件を満たすコンピューターが必要です。

OS Microsoft Windows 7 :
Ultimate 32/64 bit, Professional 32/64 bit, Home Premium 32/64 bit, SP1 まで対応
Microsoft Windows 8.1 :
Windows 8.1 32/64bit, Windows 8.1 Pro 32/64bit
Microsoft Windows 10 :
Windows 10 Home 32/64bit, Windows 10 Pro 32/64bit
上記OS の日本語版、英語版、中国語版に対応します。
WEBブラウザー WEB 制御機能、ブラウザーリモコン機能、司会者モード、
コンテンツマネージャーを呼び出して使用する場合:Internet Explorer 11.0
CPU Intel Core 2 Duo 以上、もしくは互換のプロセッサー搭載
映像を表示する時は、Intel Core i5 以上推奨
メモリー 1024 MB 以上
ハードディスク 100 MB 以上の空き容量(機材情報を保存するために、別途空き容量が必要です。)
LAN端子 有線LAN で接続する場合:LAN 端子(10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T)が必要
無線LAN で接続する場合:無線LAN アダプター(IEEE802.11b/g/n/a 準拠)が必要
モニター画面 High Color(16bit)以上
デスクトップ領域 1024 ドット× 768 ドット以上

・ 上記のシステム環境以外で使用された場合、および自作コンピューターで使用された場合の動作保証は一切いたしませんので、あらかじめご了承ください。

・ ワイヤレスWANをご利用のコンピューターでは、一部の機能が使用できない場合があります。

・ IEEE802.11nで接続する場合は、いずれも11nに対応する無線LANアダプター、機材、およびアクセスポイントを使用してください。

・ スイッチャブルグラフィックス(Switchable Graphics)機能を持ったコンピューターで、グラフィック機能を切り換える場合は、
映像の表示を停止してから行うようにしてください。

上記の条件を満たす、すべてのコンピューターについて動作を保証するものではありません。

<ご注意>

インストールしないで使用する場合は、音声が送信できません。

ダウンロード・使用手順

1. ダウンロード

下の「ワイヤレスマネージャME6.4(Windows簡易版)ダウンロード」ボタンをクリックしてください。
「アプリケーションソフトダウンロードに関する注意事項」を確認後、「同意してダウンロードする」をクリックして、任意のフォルダー、
またはリムーバブルメディアにダウンロードしてください。ダウンロードした「wmme64_s.zip」を解凍すると[WMME6.4_s]フォルダーが生成され、
フォルダーの中にワイヤレスマネージャーME6.4のアイコンが現れます。

2. 保存先の中のワイヤレスマネージャME6.4のアイコンをダブルクリックする

「WMStart」または「WMStart.exe」アイコンをダブルクリックするとWireless Manager ME6.4が起動し、インストールした場合と同じ手順で操作できます。保存先にリムーバブルメディアを選択した場合は、リムーバブルメディアをプロジェクターに接続したいコンピューターへ挿入し、認識させてください。リムーバブルメディアによっては、自動的に起動します。

「USBディスプレイ機能」対応プロジェクターでUSBディスプレイ機能を使う場合

対応プロジェクター:

PT-VZ585NJ / VW545NJ / VX615NJ / VZ575NJ / VW535NJ / VX605NJ / VW435N / VX505N / VW355NJ / VX425NJ / VW345N / VX415N

初めてUSBケーブルを接続する際、USBドライバーのインストールが必要になります。あらかじめドライバーをダウンロードいただき、
以下の手順でインストールを行ってください。ただし、Windows 10のコンピューターをご使用の場合、この機能は使えません。

  1. 上の「USBドライバーダウンロード」ボタンをクリックしてください。
  2. 「アプリケーションソフトダウンロードに関する注意事項」を確認後、「同意してダウンロードする」をクリックして、
    ダウンロードした「usb_driver.exe」をダブルクリックすると自己解凍が始まり[USB_Display_Driver]フォルダーが生成されます。

USBドライバーのインストール手順(初回USBケーブル接続時)

  1. 1. 「検索ウィザード開始」画面が表示された場合、「いいえ、今回は接続しません」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。

  2. 2. 「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)」を選択し、「次へ」ボタンをクリックする。

  3. 3. 「一覧または特定の場所からドライバを検索する」を選択し、「次の場所を含める」の「参照」ボタンをクリックし、「フォルダの参照」ダイアログで上記でダウンロードして生成された[USB_Display_Driver]フォルダを選択して、「OK」ボタンをクリックする。

  4. 4. ウィザード画面に戻るので、「次へ」ボタンをクリックする。

  5. 5. 「ハードウェアのインストール」画面が表示されるので、「続行」ボタンをクリックする。Microsoft Windows 7のコンピューターを使用している場合は、「Windowsセキュリティ」画面の「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択します。

  6. 6. 「新しいハードウェアの検索ウィザードの完了」画面が表示された場合は、「完了」ボタンをクリックする。

お知らせ

・使用するコンピューターのUSBポートを変更すると、上記操作を再度行う必要があります。

・Microsoft、Windowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

・Intel、Intel Core i5、Intel Core 2 Duoは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテル コーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。

・その他、本サイトに記載されている各種名称・会社名・商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中では® やTM マークは明記していません。