投写距離を約60%短縮 、設定の幅が広がる超短焦点レンズ投写距離を約60%短縮 、設定の幅が広がる超短焦点レンズ

関連オプション固定焦点レンズ(超短焦点レンズ)

ET-D75LE95 / DLE030

ET-D75LE95 3チップDLP®方式プロジェクター用
ET-DLE030 1チップDLP®方式プロジェクター用
すべてを開く

投写距離を約60%短縮※1、設置の幅が広がる超短焦点レンズ

超短焦点レンズは従来の短焦点のレンズと比較して、約60%も投写距離が短く、省スペースで設置できます。天井が高すぎる、背面スペースが無いためリア投写できない、正面からの投写が困難など、これまで空間の制約によってプロジェクターの設置が難しかった場所での投写が可能になりました。ショーウィンドウ・店頭・駅などでのデジタルサイネージやステージ上の演出など、セットアップの幅が広がります。

投写距離を約60%短縮※、設置の幅が広がる超短焦点レンズ
投写距離を約60%短縮※、設置の幅が広がる超短焦点レンズ

設置比較

設置比較設置比較

※1 従来品との比較

※2 排気を妨げないよう、プロジェクター本体の後面と壁や物との間は500mm以上離して設置してください。密閉した空間に設置する場合は、別途、空調設備および換気設備を設けてください。換気が不十分な場合、排気熱が滞留してプロジェクターの保護回路が働く場合があります。

*  具体的な投写距離については、ET-D75LE95の仕様書をご覧ください。

超短焦点レンズを用いれば、従来にない多彩な演出を実現できます

フロアプロジェクション

例えば、プールの底に映像を投写する場合など、従来に比べると比較的簡単な設営で、プールサイドからの投写が可能になります。

* 屋外や湿度が高いところでの使用には制限があります。設置施工に関しては販売店にご相談ください。

フロアプロジェクション
フロアプロジェクション

プロジェクションマッピング

プロジェクターから投写したい壁面までの距離が異なる場合でも、ET-D75LE95を活用することで、設置の簡便化が図れます。

プロジェクションマッピング
プロジェクションマッピング

舞台演出にて、ステージ面積を割くことなく大画面を演出

投写距離が取れなかったステージへも、天井や床から大画面を投写でき、迫力のある演出が可能になります。

(マルチスクリーンの構成は、エッジブレンディング機能搭載のプロジェクター使用時に限ります。)

Staging

アミューズメント施設にて、より迫力ある演出を実現

スペースの関係で、かつてプロジェクターの設置が困難だった場所にも設置できます。また、壁面のみでなく、床下から床面へリア映像を投写すれば、アトラクション施設のスペースを削ることなく、映像に囲まれる演出が行えます。

(リア投写では、スクリーンとの相性があります。スクリーンの選定は、販売店にご相談ください。)

アミューズメント施設にて、より迫力ある演出を実現

店舗でのデジタルサイネージ

例えばショーウィンドウの背景など、前に並べた商品やディスプレイに遮られることなく、大画面投写が可能です。

店舗でのデジタルサイネージ

駅ホームやコンコースで、デジタルサイネージ

従来は考えられなかった、ホームの壁へ前面から投写することも可能に。 交通情報や広告表示など、多彩に活用できます。

駅ホームやコンコースで、デジタルサイネージ

限られたスペースでの、大画面ポートレート投写

店内の柱にプロジェクターを設置し、横方向から縦長映像をリア投写。店舗のデッドスペースも活用できます。
(リア投写では、スクリーンとの相性があります。スクリーンの選定は、販売店にご相談ください。)

※ ポートレート投写対応機種のみ。

限られたスペースでの、大画面ポートレート投写

* リア投写では、スクリーンとの相性があります。スクリーンの選定は、販売店にご相談ください。

* 設置はイメージです。

* 屋外や湿度が高いところでの使用には制限があります。設置施工に関しては販売店にご相談ください。

オープン価格の商品は希望小売価格を定めておりません

投写距離 カリキュレーター