1チップDLP®プロジェクター用 超短焦点ズームレンズ ET-DLE0201チップDLP®プロジェクター用 超短焦点ズームレンズ ET-DLE020

関連オプション1 チップDLP®プロジェクター用 超短焦点ズームレンズ

ET-DLE020NEW

世界初*のゼロオフセット超短焦点ズームレンズで
省スペース設置にかつてない柔軟性を

* 2019年2月現在。スローレシオ0.4:1以下において。当社調べ。

設置を簡素化しさらなる柔軟性を実現

超短焦点レンズとして世界で初めて*1ズーム機能を搭載。1ミリのズレも許されない投写位置に前後45 mmの幅を与えることで、設置後にプロジェクターを取りつけ直すといった面倒な手間をなくします。広範囲の垂直・水平レンズシフト機能を持つレーザープロジェクター*2と組み合わせれば、上下左右のスクリーン調整も容易に行うことが可能。スローレシオ0.280:1の超短焦点モデルながら、かつてないほど柔軟でスピーディな設置調整が可能になりました。

ET-DLE020 200型スクリーンへの投写図

*1 2019年2月現在。スローレシオ0.4:1以下において。当社調べ。

*2 ET-DLE020適合モデルは仕様ページにてご確認ください。

*3 解像度:WUXGA で天つり設置をした場合の値です。値はモデルにより異なります。詳細は投写距離カリキュレーターをご覧ください。床置き設置の場合は、上側と右側が正の値となり、下側と左側が負の値となります。

※ 解像度:WUXGA で200型投写をした場合のイメージです。

長期間運用に耐える高い信頼性

非球面のオールガラスレンズを採用したボディは、熱やキズに強い高信頼設計。長期にわたる使用でも変わらぬ性能を発揮します。また、ET-DLE020対応のレーザープロジェクター*はいずれも防じん性に優れ、輝度をほとんど低下させることなく連続運用が可能。美術館や展博会場など、ほこりの多い環境でも画質と明るさを維持します。

* ET-DLE020適合モデルは仕様ページにてご確認ください。

ゼロオフセット投写に対応

超短焦点ながら、通常の天つり位置でゼロオフセット投写が可能。壁面上部から床面ぎりぎりまでの映像を近距離から投写でき、低天井時でも司会者や視聴者の影がほとんど映り込みません。当社製1チップDLP®方式プロジェクターとの組み合わせでシステム性の高い映像演出を実現します。

リア投写にも対応

従来の超短焦点と異なりスクリーンセンターにプロジェクターを設置できるので、リア投写も可能です。画面内での輝度のばらつきを最小限に抑えられ、省スペース設置を実現します。

※ 使用するスクリーンによってはムラなどが発生する場合があります。

投写距離カリキュレーター
PASS