広域ズームで大小さまざまなスペースに対応。照明下でも色あせないクリアな画質を長期にわたり維持する高精細モデル広域ズームで大小さまざまなスペースに対応。照明下でも色あせないクリアな画質を長期にわたり維持する高精細モデル

新製品情報1チップDLP®プロジェクター

PT-FRZ50J

2020年6月時点

  PT-FRZ50J
光出力 5,200 lm*1 / 5,400 lm(センター)*2
解像度 WUXGA

主な特長

鮮やかでメリハリのあるプレゼン映像を実現

5,200 lm*1の鮮明映像を投写するSOLID SHINE レーザーに加え、そのエネルギーを最大限に活かして発色を向上させる「カルテットカラーハーモナイザー」と、カラーホイールのタイミングを映像モードごとに最適化する「リッチカラーエンハンサー」を搭載。明るいシーンと暗いシーンが頻繁に入れ替わる場合は、より高精度なデジタル制御による「ダイナミックコントラスト 2」がメリハリある明暗表示を可能にし、コンテンツをさらに引き立てます。

高い設置性と拡張性

27 dB*3の静音性を備え、2倍ズーム機能と垂直/水平レンズシフト機能を搭載した筐体はさまざまなスペースに設置可能。4K信号入力*4対応で高精細デバイスとの接続性も確保し、連携制御が可能なHDMI®-CEC 端子、5 V/2 A 給電対応のUSB 端子などの豊富なインタフェースがシステム性をさらに拡張。

信頼性に定評のある光学エンジン

SOLID SHINE レーザーと完全密閉の光学ブロックを組み合わせ、冷却機構をさらに進化させることでフィルターレスデザインを継承。明るさ・画質を長期にわたり維持する20,000 時間*5メンテナンスフリー設計で、保守点検の手間とコストを最小化します。

*1 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書 B に基づいています。

*2「ノーマル」モード時の投写画面中央領域の光出力値で、工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しています。

*3「静音」モード時。「ノーマル」モード時は 32 dB です。

*4 4K/60pまでの信号に対応したデジタルリンク/HDMI®の端子を装備しています。映像はプロジェクターの解像度(1920 x 1200 ドット)にリサイズされます。

*5 運用モード「ノーマル」、[ダイナミックコントラスト 2]、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度30 ℃、海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。

仕様(暫定)

  PT-FRZ50J
プロジェクタータイプ 1 チップ DLP®プロジェクター
DLP®チップ  
素子サイズ 0.67型(アスペクト比 16:10)
表示方式 DLP®チップ 1 枚 DLP®方式
画素数 2,304,000 画素(1920 x 1200 ドット)
光源 レーザーダイオード
光出力 5,200 lm*1 / 5,400 lm(センター)*2
光出力半減時間*3 20,000 時間(ノーマル)
解像度 1920 x 1200 ドット
コントラスト*1 20,000:1(全白/全黒)[ダイナミックコントラスト 2 時]
投写画面サイズ 40~300 型(アスペクト比 16:10)
周辺照度比*1 90 %
レンズ 手動ズーム(2.0 倍)(スローレシオ:1.46 ~ 2.94:1)/ 手動フォーカス F= 2.0 ~ 3.4、f= 21.5 mm ~ 43.0 mm
レンズシフト
(レンズマウンターの
原点位置)
 
上下 +64 %、-44 %(手動)
左右 +34 %、-27 %(手動)
台形ひずみ補正角度 垂直: ±40 °、水平: ±20 °
投写方式 フロント天つり/フロント床置き/リア天つり/リア床置き、水平/垂直(360 °設置フリー)
接続端子  
HDMI 入力端子 HDMI 19P x 2 系統(Deep Color 対応、HDCP 2.2 対応、4K/60p 信号入力対応*4)、CEC 対応
コンピューター 1 入力端子 D-Sub HD 15P x 1 系統(メス型)(RGB/YPBPR/YCBCR/YC 信号)
コンピューター 2 入力端子/
1 出力端子
D-Sub HD 15P x 1 系統(メス型)RGB/YPBPR/YCBCR/YC 信号)
ビデオ入力端子 ピンジャック x 1 系統(コンポジットビデオ)
音声入力端子 1 ピンジャック(L/R)x 2 系統
音声入力端子 2/3 M3 ステレオミニジャック x 1 系統 / M3 ステレオミニジャック x 1 系統
音声出力端子 M3 ステレオミニジャック(可変)x 1 系統
シリアル入力端子 D-Sub 9P x 1 系統(メス型)、外部制御用(RS-232C 準拠)
デジタルリンク端子 RJ-45 x 1 系統、ネットワーク/デジタルリンク接続用(HDBaseT™準拠)、100Base-TX、Art-Net 、PJLink™(Class 2)、Deep Color、HDCP 2.2 対応、4K/60p 信号入力対応*4
LAN 端子 RJ-45 x 1 系統、ネットワーク接続用(10Base-T、100Base-TX 、PJLink™[Class 2]、Art-Net 対応)
USB 端子 タイプ A x 1 系統(DC 5 V、最大2 A)
使用電源 AC 100 V、 50/60 Hz
消費電力 (未定)
キャビネット 樹脂成型品
騒音*1 27 dB(静音)(暫定)/ 32 dB(ノーマル)(暫定)
外形寸法
(横幅 x 高さ x 奥行き)
498 x 168*5 x 492 mm
質量*6 約16.3 kg(暫定)
環境条件 使用周囲温度: 0 ~ 45 °C 、使用周囲湿度: 10 ~ 80 %(非結露)
対応ソフトウェア ロゴ転送ソフトウェア、複数台監視制御ソフトウェア、予兆監視ソフトウェア

*1 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書 B に基づいています。

*2「ノーマル」モード時の投写画面中央領域の光出力値で、工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しています。

*3 運用モード「ノーマル」、[ダイナミックコントラスト 2]、IEC62087:2008 ブロードキャストコンテンツ投写、温度30 ℃、海抜700 m、ほこり環境0.15 mg/m3の条件下で、光出力が半減するまでの使用時間です。使用条件や使用環境によって光出力半減時間は異なります。

*4 4K/60p までの信号に対応したデジタルリンク/HDMI®の端子を装備しています。映像はプロジェクターの解像度(1920 x 1200 ドット)にリサイズされます。

*5 脚最小時。

*6 平均値です。各製品で異なる場合があります。

オプション

天つり金具
ET-PKD120H*(高天井用)
ET-PKD120S*(低天井用)

* 天つり金具(高天井用)ET-PKD120H/
天つり金具(低天井用)ET-PKD120S は、
天つり金具(取付用ベース金具)ET-PKD130B
と組み合わせてご使用ください。

天つり金具(取付用ベース金具)
ET-PKD130B
D-Sub-S ビデオ変換ケーブル
ET-ADSV
ワイヤレスプレゼンテーションシステム*

* 2020年9月発売予定

デジタルリンクスイッチャー
ET-YFB200

※ 4K信号には対応していません。

予兆監視ソフトウェア
ET-SWA100/105

※ 複数台監視制御ソフトウェアはVer.2.0 以上が 必要です。
ライセンスの種類によって品番末尾の記号が異なります。