プロフェッショナルモデル3チップDLP®方式プロジェクター

PT-RQ50KJ

50,000 lmの世界最高輝度と繊細な色再現が可能にする新たな空間演出

PT-RQ50KJの商品画像
PT-RQ50KJ
50,000 lm*2 / 51,000 lm(センター)*3
ネイティブ4K(4096 x 2160)
4KロゴSOLID SHINE LASERロゴDLP
Geo Proロゴ全方位回転ロゴ24/7 Oparationロゴ4K DIGITAL LINKロゴ
01 Key Feature

世界最高輝度*50,000 lm*2と広色域化技術によるかつてない映像表現

50,000 lm*2の明るさとネイティブ4K解像度が創り出す圧倒的な臨場感。赤色レーザーを活かした「広色域化技術」で従来比114 %*4の広色域も実現し、息をのむような鮮明映像を投写。

* 2019年11月現在。150 kg以下(レンズ含まず)のプロジェクターにおいて。当社調べ。

詳細を見る

02 Key Feature

ワークフローを効率化する
コンパクトな一体型設計

PT-RQ32KJとほぼ同じ設置面積のコンパクトな一体型ボディを採用。ワークフローを短縮するため、NFC機能搭載のSmart Projector Control Ver. 2.0*5や「リモートプレビュー機能」など多彩な機能に対応。

詳細を見る

03 Key Feature

独自の冷却システムによる
安定動作

高輝度モデルで培った技術を結集し、フィルターレスの内部循環冷却システムとフィンレスラジエーターを搭載。赤色レーザーを緻密に管理する「ダイナミックデジタルコントロール」で環境温度に左右されない安定した投写を可能にし、超大型イベントに耐える堅牢性を確保。

詳細を見る

*1 安心して使用できる3年/20,000時間(換算使用時間)*を保証…パナソニックのSOLID SHINEレーザー技術により、ご使用中に、万一故障しても、3年もしくは20,000時間*まで保証いたします。
保証期間について…購入後3年もしくは20,000時間保証*となります。ただし、消耗品類(電池など)およびリモコンは保証対象外となります。
(注)本体購入後、同梱されている「お客様情報+保証書」に必要事項の記入を必ずお確かめの上、大切に保管してください。
(注)保証期間内であっても、有償修理となる場合がございます。
* 3年または使用時間20,000時間(換算使用時間)の早い方となります。
換算使用時間 = A × 1.0 + B × 0.8
A:[運用モード]を[ノーマル][ユーザー1][ユーザー2][ユーザー3]に設定した状態での光源の使用時間
B:[運用モード]を[ECO]に設定した状態での光源の使用時間

*2 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書Bに基づいています。

*3 「ノーマル」モード時の投写画面中央領域の光出力値で、工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しています。

*4 PT-RQ32KJと比較した場合。

*5 iOS/Android端末向けアプリ「Smart Projector Control」について、詳しくはSmart Projector Controlのソフトウェアページをご覧ください。

世界最高輝度*1
50,000 lm*2
広色域化技術
による
かつてない
映像表現

超高輝度とネイティブ4K解像度で圧倒的な臨場感を実現

世界最高輝度*150,000 lm*2の迫力映像をネイティブ4K(4096 x 2160ドット)解像度で投写。卓越した明るさと新4Kパネルによる息をのむような映像美で、時代の節目となるイベントや大規模プロジェクションマッピングを鮮やかに彩ります。PT-RQ32KJの約2倍となる高輝度はより一層の感動体験を可能にし、観客を壮大な映像世界に引き込む新次元の空間演出を実現。かつてない臨場感をコンパクトな一体型ボディで創出するPT-RQ50KJは、これまでのエンターテインメント業界にはない、新たな映像パフォーマンスを提案する次世代フラッグシップモデルです。

超高輝度とネイティブ4K解像度で圧倒的な臨場感を実現

*1 2019年11月現在。150 kg以下(レンズ含まず)のプロジェクターにおいて。当社調べ。

*2 工場出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2015 データプロジェクタの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書Bに基づいています。

「広色域化技術」が可能にする鮮やかで忠実な色再現

新採用の赤色レーザーと2波長の青色レーザーによる「広色域化技術」で、色再現領域をPT-RQ32KJに比べ114 %まで拡大。両レーザーからの光出力を最適制御し、眩しいほどの赤から深みのある青まで、クリエーターの求める色調を忠実に再現します。赤色レーザーは温度変化に敏感なため、フレームの明るさに応じて補正を行う新開発技術「ダイナミックデジタルコントロール」で発光を緻密に制御。新しい冷却システムとの融合により、高温環境下でもにじみのない、鮮やかで自然な色味を保ちます。

「広色域化技術」による高い表現力「広色域化技術」による高い表現力

ワークフローを
効率化する
コンパクトな
一体型設計

冷却ユニット内蔵の
コンパクトな一体型設計

超高輝度を誇るフラッグシップモデルながら、本体と冷却ユニットが分離しない一体型設計を採用。パナソニックの技術を結集した冷却機構の効率化により、PT-RQ32KJ(26,000 lm)とほぼ同じ設置面積で約2倍の光出力を実現しました。コンパクトな筐体は限られたスペースにも柔軟に対応し、大規模イベントにおけるワークフローを効率化。運搬や設営にかかる時間を短縮します。

コンパクトな一体型設計コンパクトな一体型設計

※ 面積の比較はおおよその値によるものです。

「リモートプレビュー機能」
を搭載

シャッターを閉じている時や太陽光が眩しい日中など、投写が不可能な環境でもコンテンツ確認ができる「リモートプレビュー機能」を搭載。LANケーブルまたはWi-Fiを経由したネットワーク接続により、再生コンテンツの確認をWEBブラウザーなどのパソコン画面で行うことが可能です。夜間におけるプロジェクションの場合、再生コンテンツの確認には周囲が暗くなるまで待つ必要がありますが、「リモートプレビュー機能」を使えば確認作業が日中で完結。ソース機器とプロジェクターの間に起こりうる不具合をいち早く把握することで、時間短縮や工数の削減が見込めます。

リモートプレビュー機能リモートプレビュー機能

「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア」の拡張機能を内蔵

「幾何学歪補正・設置調整ソフトウェア」の拡張機能をプロジェクター本体に内蔵。最新版のソフトウェアをダウンロードするだけで、パソコンを用いた補正範囲の拡大や、市販のカメラによる幾何学ひずみ補正・エッジブレンディング・カラーマッチング・スタッキング・輝度・黒レベルの自動調整が可能になります。これらの機能は球状などの特殊スクリーンだけでなく、マルチスクリーン時におけるスムーズな調整を実現します。

※ 会員制サポートシステム「PASS」へ登録していただくと、Geometry Manager Pro(無料版)のダウンロードが可能です。Mac OSはこの機能に対応していません。カメラを用いた自動補正は、パナソニックAW-HE70/AW-UE70、ニコンD5200/D5300/D5500/D5600に対応しています。
詳しくはPASSをご覧ください。

リモコン操作による幾何学ひずみのフリーグリッド (任意補正)機能

従来の幾何学ひずみ補正機能に加え、任意のグリッド数や制御点で補正が可能なフリーグリッド(任意補正)機能を搭載。2 x 2、3 x 3、5 x 5、9 x 9、17 x 17のグリッド数や、ポイントと垂直・水平ラインの制御点を選んで補正できます。また、それぞれのグリッド数と制御点で補正したデータを初期化することなく、別のグリッド数と制御点に引き継ぐことも可能。より柔軟な設置調整をリモコンひとつで実現します。

リモコン操作による幾何学ひずみのフリーグリッド(任意補正)機能

Smart Projector Controlに2つの機能を追加

スマートフォン向けアプリケーションソフト「Smart Projector Control」に2つの新機能を追加。「NFC機能」を使えば、プロジェクターの電源がオフの状態でも端末をかざすだけで設定情報にアクセスでき、プロジェクターIDやIPアドレスといった情報の読み込みや書き込み*1をスマートフォン上で行うことが可能です。また、端末のカメラ機能を用いてレンズフォーカスを調整できる「オートフォーカス機能*2」も新たに搭載。手動による調整が必要なフォーカス位置を、自動かつ高精度で調整できるようになりました。

Smart Projector Control (Webマニュアル)

NFC機能

*1 iOS端末は、プロジェクター設定情報を書き込むことはできません。NFC機能対応の端末やOSについては、App Store、Google Play、またはこちらをご覧ください。

オートフォーカス機能

*2 オートフォーカス機能は一部の端末には対応していません。

情報表示画面を搭載

筐体の側面に「情報表示画面」を搭載。表示画面上でプロジェクターIDやネットワークの設定ができ、オンスクリーン操作の手間を大きく軽減します。ほかにも温度、使用時間、入力信号といった情報や、万一のトラブル発生時はその内容をリアルタイムで表示。エラーの原因をスムーズに解明し、早期復旧をサポートする心強い機能です。

情報表示画面を搭載

設営に便利な100 Vコンセントに対応

100 V電源対応により、一般的な15 Aコンセントで設置調整が可能。会場の構造上、200 ~ 240 Vのコンセントがすぐには確保できない現場でも、工事の完了を待つことなく運搬後すぐに設営できます。セットアップ工程を前倒しでき、とくに配線と設営が同時に行われるスケジュールにおいて、準備時間の節約につながります。

※ 100 V で使用すると光出力が約1/5に低下します。

幅広い投写距離に対応する
新レンズラインアップ

当モデル向けに新たに開発されたレンズは、1.11:1から7.76:1までのスローレシオを漏れなくカバー。電動ズーム/レンズシフト調整機能、レンズメモリー機能、レンズ自動判別機能を搭載し、スムーズな設置調整をサポートします。AFO(アクティブフォーカスオプティマイザー)も搭載しており、コンテンツの明るさにかかわらずクリアな映像を保ちます。

新レンズラインアップはこちら

レンズラインアップ スローレシオ一覧グラフレンズラインアップ スローレシオ一覧グラフ

独自の冷却
システムによる
安定動作

赤色レーザーの安定化を実現

赤色レーザーは環境温度の影響を受けやすく、安定した発光を維持するには卓越したテクノロジーが求められます。パナソニックが独自に開発した新技術「ダイナミックデジタルコントロール」は、シーンが切り換わる際の微妙な温度変化に応じ、赤色レーザーの発光をフレーム単位で補正。さらなる安定駆動を実現するため冷却機構も一新し、青色レーザーとほぼ同等のパフォーマンスを実現しています。これにより、屋外スポーツイベントをはじめとする厳しい温度環境下でも、鮮やかで躍動感のある映像を長期にわたって維持。カラーバランスも向上し、観客の心に残る感動体験の創出をサポートします。

進化したフィンレスラジエーターと密閉型の光学ブロックを採用

明るい映像を安定して投写し続けるため、当社が高輝度モデルで培ってきた冷却テクノロジーを結集。密閉度の高い光学ブロック、吸気から排気までスムーズに空気が流れる内部循環システムに加え、冷却効率を従来比30 %向上する「フィンレスラジエーター」を採用することで、高輝度化に伴う温度上昇を抑えます。防じん試験はその他のモデルと同様、業界で最も厳しい条件をクリア。フィルターレスデザインにより、プロジェクター全体で20,000時間*メンテナンスフリー運用も可能にします。

パナソニックの冷却技術を結集した高信頼設計パナソニックの冷却技術を結集した高信頼設計

* 運用モード「ノーマル」、ダイナミックコントラスト「3」、IEC62087:2008ブロードキャストコンテンツ投写、温度35 ℃、海抜700 m、ほこり0.15 mg/m3環境下での光出力半減までの時間です。20,000時間を目安に、内部清掃を兼ねた点検を販売店にご依頼ください。使用環境によってメンテナンス時期が短くなる場合があります。

独自の保護回路で安定した高輝度投写をサポート

複数のレーザー素子をグループ化したモジュールに、パナソニック独自の冗長設計による保護回路を実装。万一いずれかの素子に不具合が生じた場合は保護回路が働き、ほとんど輝度を落とすことなく投写を継続できます。大型イベントでのプロジェクションマッピングなど、中断の許されない場面でも安定動作を実現します。

独自の保護回路で安定した高輝度投写をサポート

運用の信頼性を高める
「バックアップ入力」機能

万一、メインの入力信号が中断された場合にも、最速約0.3秒*1でバックアップの入力信号にスイッチ。ほぼシームレスに映像の復元が可能です*2。映像を中断させてはいけない環境での信頼性を高め、安定した運用を実現します。

運用の信頼性を高める「バックアップ入力」機能

*1 バックアップ入力モードの設定と、ご使用の外部接続機器に依存します。

*2 プライマリー/セカンダリー入力の組み合わせは固定です。プライマリー信号(またはセカンダリー信号)が中断された際に、自動的にセカンダリー信号(またはプライマリー信号)に切り換わります。プライマリーおよびセカンダリー入力信号が同じである場合にのみ、バックアップ入力設定が有効になります。

プロジェクターを進化させるパナソニックのレーザーテクノロジー
DIGITAL LINK シンプルなオールインワン接続
投写距離カリキュレーター Throw Distance Calculator
PASS
Smart Projector Control