新しいスタジアムで、新しい感動を。

そして、東京2020へ

オリンピック・パラリンピック放送への貢献

パナソニックはオリンピック・パラリンピックのワールドワイド公式パートナーとして、長年にわたりオリンピック・パラリンピック放送に最先端の放送技術とサービスを通じ貢献してきました。
来る東京2020大会。パナソニックの地元で開催されるオリンピック・パラリンピックが、放送システムの歴史に刻まれるような大会となるよう、パナソニックの技術を結集してホスト局や各国の放送局の新たな映像制作や放送に貢献していくことを目指しています。

はじまりはバルセロナから

1992

バルセロナ1992
冬季オリンピック

D-3が公式映像記録フォーマットに使用され、オリンピック初のデジタル放送に貢献しました。

1996

アトランタ1996
オリンピック

初めてオリンピックホスト放送局の元請となり、IBC(国際放送センター)の設計から運営までをフルサポートしました。

1998

長野1998冬季
オリンピック

オリンピック公式映像記録フォーマットD-3に加え、新たにDVCPROフォーマットがテスト使用されました。

ホスト放送システムの設計、
施工を担当

  • ・国際放送センター
  • ・オリンピックスタジアム
  • ・体操会場
2000

シドニー2000
オリンピック

長野大会でテスト使用されたDVCPRO 50が、シドニーオリンピックで初めて公式映像記録フォーマットになりました。

2002

ソルトレイク2002
冬季オリンピック

長年積み重ねてきた経験をもとに、極寒の地でも問題なく稼働する放送システムをオリンピック大会に納入しました。

2004

アテネ2004
オリンピック

放送用デジタルカメラやモニターといった機器が、IBCやオリンピック会場で活躍しました。

2006

トリノ2006
冬季オリンピック

アトランタオリンピックから6大会連続で、ホスト局とIBCへ機器納入をしました。

2008

北京2008
オリンピック・
パラリンピック

フルラインナップのHD技術で、オリンピック大会史上初となる公式映像全フルHD化を支えました。

2010

バンクーバー2010
冬季
オリンピック・
パラリンピック

オリンピックIBCに、放送用半導体メモリー・ニュース取材システムP2HDシリーズを納入しました。

2012

ロンドン2012
オリンピック・
パラリンピック

最新の3D機器・技術で大会初の3Dオリンピックをサポートしました。
また、IBCにフルHD映像機器を納入し、パラリンピック会場や世界中へのフルHD規格の映像配信をサポートしました。

2014

ソチ2014冬季
オリンピック・
パラリンピック

フルHDデジタルビデオフォーマット「AVC-Intra100」が、オリンピックのさらなるデジタルメディア化を支えました。
10,000台の監視カメラや各種放送機器などを通して、ソチ冬季パラリンピック大会をサポートしました。

2016

リオ2016
オリンピック・
パラリンピック

「公式開閉会式パートナー」として、南米初のオリンピック・パラリンピック開催を華やかに演出しました。

2018

平昌2018冬季
オリンピック・
パラリンピック

1988年のカルガリー冬季オリンピックからTOPスポンサーとして30年目を迎えました。
パラリンピックの会場に納入した360度ライブカメラで、新たな観戦スタイルへの取り組みをサポートしました。

オリンピック/パラリンピックへのパナソニックAVソリューションの歴史