メモリーカードポータブルレコーダー/プレーヤー AJ-HPM200


AJ-HPM200

 

メモリーカードポータブルレコーダー/プレーヤー

AJ-HPM200【在庫限定品】



 

AJ-HPM200のワークフロー


 

AVC-Intra記録標準装備、24PsFもサポートしたマルチフォーマット記録再生。

AVC-Intraコーデック

AVC-IntraコーデックLSI最新の動画圧縮テクノロジーMPEG-4 AVC/H.264規格をベースに、フレーム内(Intra-Frame)圧縮方式を堅持。高圧縮率・高画質・高編集精度を実現します。高画質のAVC-Intra 100、低レートで運用性の良いAVC-Intra 50、2モードの収録が可能。DVCPRO HDコーデック記録もサポートしています。
●AVC-Intra100:1920×1080・10bit・4:2:2-フルピクセル・フルサンプリングによる高画質HD映像をDVCPRO HDと同じビットレートで記録。HD-D5に迫る画質でハイエンド制作に機動力をプラス。
●AVC-Intra 50:1440×1080・10bit・4:2:0-SD(DVCPRO 50)なみのビットレートで画質はDVCPRO HDと同レベル。収録時間はDVCPRO HDの2倍となり、データ転送時間は約1/2です。

 

出力アップ・ダウン・クロスコンバートと入力アップコンバート

 

24PsF入出力にも対応、HD/SDマルチフォーマット


HD/SD入力信号 記録
フォーマット
記録時間
(64GBカードP2カード6枚)
SDI 出力※1
AVC-Intra100 AVC-Intra50 DVCPRO HD 1080 720 480/576
1080/59.94i 1080/59.94i 384分 768分 384分 1080/59.94i 720/59.94p 480/59.94i
1080/50i 1080/50i 384分 768分 384分 1080/50i 720/50p 576/50i
1080/29.97PsF 1080/29.97pN※3 384分 768分 1080/29.97PsF 720/29.97PsF over 59.94p 480/29.97PsF over 59.94i
1080/59.94i 384分
1080/23.98p over 59.94i※2 1080/23.98pN※3 480分 960分 1080/23.98PsF
1080/23.98p over 59.94i
720/23.98p over 59.94p 480/23.98p over 59.94i
1080/59.94i 384分
1080/23.98PsF 1080/23.98pN※3 480分 960分 1080/23.98PsF
1080/24PsF 1080/23.98pN※3 480分 960分 1080/24PsF
1080/25PsF 1080/25pN※3 384分 768分 1080/25PsF 720/25PsF over 50p 576/25PsF over 50i
720/59.94p 720/59.94p 384分 768分 384分 1080/59.94i 720/59.94p 480/59.94i
720/50p 720/50p 384分 768分 384分 1080/50i 720/50p 576/50i
720/29.97p over 59.94p※2 720/29.97pN※3 768分 1536分 768分 1080/29.97PsF 720/29.97p over 59.94p 480/29.97p over 59.94i
720/23.98p over 59.94p※2 720/23.98pN※3 960分 1920分 960分 1080/23.98PsF
720/24p over 60p※2 720/23.98pN※3 960分 1920分 960分 1080/24PsF
720/25p over 50p※2 720/25pN※3 768分 1536分 768分 1080/25PsF 720/25p over 50p 576/25p over 50i
720/25p over 60p※2 720/25pN※3 768分 1536分 768分 1080/25PsF 720/25p over 50p 576/25p over 50i
480/59.94i 1080/59.94i 384分 768分 384分 1080/59.94i 480/59.94i
720/59.94p 384分 768分 384分 720/59.94p 480/59.94i
576/50i 1080/50i 384分 768分 384分 1080/50i 576/50i
720/50p 384分 768分 384分 720/50p 576/50i

SD入力信号 記録
フォーマット
記録時間
(64GBカードP2カード6枚)
SDI 出力※1
DVCPRO 50 DVCPRO/DV 1080 720 480/576
480/59.94i 480/59.94i 768分 1536分 1080/59.94i 720/59.94p 480/59.94i
480/29.97p over 59.94i 480/59.94i 1080/29.97PsF 720/29.97p over 59.94p 480/29.97p over 59.94i
480/23.98p over 59.94i 480/59.94i 1080/23.98PsF※4
1080/23.98p over 59.94i
720/23.98p over 59.94p 480/23.98p over 59.94i
576/50i 576/50i 1080/50i 720/50p 576/50i
576/25p over 50i 576/50i 1080/25PsF 720/25p over 50p 576/25p over 50i

 

VARICAM対応のシネガンマ変換機能

ガンマ変換機能を内蔵。映画制作あるいはフィルムライク制作に、シンプルかつローコストのソリューションをもたらしました。F.RECモード・ガンマで収録された映像を、フィルム質感のビデオ映像に変換する“GAMMA1※1”および“GAMMA2※2”、フィルム・レコーディング用途の“GAMMA3(Cineon相当)”、3種の変換モードを装備しています。

 

バリアブル・フレームレート撮影収録に対応

VARICAMバリアブル・フレームレート撮影の入力からアクティブフレームを取り出して720/24p(30p/25p)で記録が可能。内蔵モニターでVFR効果を再生できます。逆にP2カメラレコーダーで収録された720/24p(30p)ネイティブモードのP2カードを再生してVARICAM同様の60pプルダウン出力(25pの場合は50p)を得ることもできます。

 

AVC-Intra技術説明図

 

 

■イントラ予測プロセスのサンプル画像
【画像をクリックしますと別ウィンドウで高解像度の写真をご覧になれます】

 

プレイリスト編集が新GUIで操作性を向上。強化された記録・再生・編集機能。

 

機動性・信頼性にすぐれたP2カード記録

P2カード 64GBの大容量と小型軽量、そしてプロユースの堅牢設計のP2カード。温度変化、粉塵、衝撃や振動にきわめて強く、テープのようなヘッド目詰まり・ドロップアウトの心配がありません。過酷な状況での取材に高い信頼性と機動力をもたらします。収録はカードの空き領域に行われ、頭出し不要、上書きの危険もありません。

 

P2カード6スロットを駆使した多機能収録

P2カードスロットを6基装備。カード6枚の連続記録で長時間収録に対応します。複数カードにまたがって収録されたクリップも続けて再生。5枚のP2カードをマウントしてプレイリスト編集、エディットコピーによりもう1枚のP2カードに書き出せます。
●ホットスワップREC/PLAY:記録・再生中でもカード交換ができます。収録済カードをブランクカードに順次交換することでエンドレス記録が可能です。また、逆に再生中に記録済みのカードを挿入すると、自動的に挿入カード内のコンテンツを認識し、連続再生できます。
●ループREC: 複数枚のカードを使用して、カードの空き領域がフルに なったら古いデータから消去して記録洩れのないエンドレス記録を行います。お天気カメラ、地震カメラなど情報カメラと接続して、常に最新の映像 を一定時間保持できます。

 

クリップコピー/クリップ編集機能

内蔵9型LCDモニターへのサムネール(画像一覧)表示から即時の再生やクリップ削除が可能。さらに収録現場で利便を図る機能を装備しました。
●クリップコピー: 2基のスロットを利用してカード間でクリップコピーができます。OKカットをコピーすることでP2カードを有効利用できます。
●サムネール画像変更: クリップ内の任意のテキストメモ位置の映像に変更することで内容を判別しやすくできます。
●テキストメモ:収録中・プレビュー中、クリップの任意の箇所(最大100箇所)に“しおり”のようなメモを付けることができます。メモ間の区間をコピーして新しいクリップを作成する簡易編集が可能。メモにはテキストデータを書込むこともできます。
●ショットマーカー: OK/NGなどのマーキングとして、クリップごとに付けられます。収録中はもちろん、収録後でも付加と削除が行えます。



サムネール一覧表示画面例

 

メタデータ編集機能

メタデータは、撮影者名やレポーター名、撮影場所、テキストメモなどの情報で、P2コンテンツファイルに付加して記録することで管理・検索・編集に役立てることができます。AJ-HPM200はメタデータの編集・作成が可能。内蔵モニターを用いたソフトウェアキーボード、またはUSBキーボードを接続すればテキストデータの入力も容易です。あらかじめPCで作成したメタデータアップロードファイルをSD/SDHCメモリーカード経由で読み込み、収録時にファイルに付加することもできます。

 

直感的なプレイリスト編集GUI

最大100イベント(または最長24時間のタイムライン)のカット編集がスピーディーに行えるP2モバイルのプレイリスト機能。プレーヤー側 (素材)サムネール表示またはプレビュー画面、レコーダー側(タイムライン)のプレビュー画面、そしてタイムラインを同時に表示できます。ノンリニア編集システムに慣れたユーザーにも、従来のDVCPROラップトップエディターのユーザーにも、違和感なく直感的に使える操作性を目指しました。

 

VTRライクな編集が可能

●インサート編集とオーバーライト編集: イベントとイベントの間に新しいイベントを挿入するインサート編集と、イベントの上に新しいイベントを上書きするオーバーライト編集の2つの編集モードを備えています。
●リライトクリップ編集: VTRのインサート編集同様に、任意のクリップの上書き修正が可能です。レンダリング(エディットコピー)を行わないので、すばやく修正することができます。
●外部VTRからのダイレクトキャプチャー: RS-422Aインターフェイスで接続した外部VTRをコントロールしてプレーヤー側プレビューでIN点OUT点を指定、ダイレクトに編集タイムライン上に登録・キャプチャー(デジタイズとクリップ作成)するダイレクト・キャプチャー機能を備えました。テープ素材からP2HD制作が敏速にリニアライクに行えます。また外部HDD(eSATA/USB接続)のファイルも編集素材に用いることができます。

フロー

 

プレイリスト編集のその他の機能

●AV独立編集: ビデオトラックとオーディオ4chのトラックを備え、任意のトラックを選択して独立して編集することができます。タイムライン上の各トラックは独立してIN・OUT点をトリム可能。また、マイクを接続してナレーションを簡単に入れることができるボイスオーバーも可能です。
●任意区間のオーディオレベル調整:オーディオフェーダーを操作することで任意の区間のオーディオレベルを調整することができます。
●プレイリスト・エクスポート:プレイリストはP2カード、外付けHDD、FTPサーバーに保存することができます。 さらにプレイリスト・エクスポート機能を使用すれば、プレイリストデータとプレイリストに使用されている素材クリップ (のりしろ部含む)をエクスポートすることができます。本機能に対応したノンリア編集システム側で編集シーケンス(タイムライン)に直接変換し、エフェクトなど様々な後処理が可能になるなど、連携した編集作業が可能になります。

 

多彩な再生機能でさまざまなニーズに対応

 

メニュー設定とユーザーファイル

 

ジョグ&シャトル、フェーダー付き編集コントロールパネル

放送用エディター同様にジョグ&シャトルダイアルを装備。正・逆100倍速までの高速シャトルサーチと─ 1倍速~+1倍速のジョグサーチが可能です。10倍速以下ではオーディオもモニターできます。大型のオーディオフェーダーレバーを備えミキシング操作が可能。そのほかIN/OUT点の登録、頭出し、レビュー、トリムなど従来の編集コントローラーに近い操作キーを備えており、編集作業が直感的かつ的確に行えます。

 

WFM/ベクトルスコープ表示

 

カウントダウン表示

 

 

ネットワーク対応の充実インターフェイスに加え、AVCHDの記録・再生・変換に対応。

ギガビット・イーサネットでFTP転送が可能

 

フロー

 

 

フロー

 

 

eSATA/USB 2.0対応のHDDホスト機能

イメージ USBに加えて新たにeSATAインターフェイスを装備。eSATAハードディスクを用いてバックアップやリストアを約4倍速の高速で行うことができます。USB 2.0の転送速度も最大約2倍速に向上、デバイスモードではPC(ノンリニア編集機)のP2カードドライブとして使用できます。

ハードディスク素材の再生と編集に対応

eSATA/USB 2.0接続の外部ハードディスク内の素材もサムネール表示から滑らかな再生 ができます。低速なハードディスクや振動などにより一時的に読み取りが低下した場合も音声だけを継続して出力できます。またハードディスク内の素材もP2カード上の素材と同様にプレイリスト編集に用いることができます。

 

AVCHD記録再生とP2HD/AVCHD変換(オプション)

P2HDレコーダーで初めて低レートのAVCHDとの互換性を備えました。オプションのAVCHDコーデックボード(AJ-YCX250/別売)の装着により、SD/SDHCカードを用いたAVCHD方式の記録・再生に対応。またP2HDとAVCHD間の相互変換ダビングが1倍速で可能です。

●AVCHD素材の再生出力: 内蔵モニターで再生およびHD SDI出力。AVCCAMを用いた取材や民生AVCHDソースの利用に便利です。

フロー

フロー

フロー

 

VDCPに対応したRS-422Aリモート

放送業務用VTR同様にRS-422Aリモート端子を装備。外部コントローラーから編集プレーヤーとして制御することができます。また、VTR制御コマンドに加えてVDCP(Video Disk Control Protocol)に対応。RS-422A経由でクリップリストの取得やクリップIDを指定して再生することができます。これによりサーバーライクな運用も可能です。

「A/Bロール編集システムのプレーヤーとして(フロー図)」と「VDCP対応(フロー図)」

 

堅牢なポータブル筐体


 

SD/SDHCメモリーカードスロット

SD/SDHCメモリーカードを用いて、メタデータのインポートとAVCHDファイルの記録再生に対応します。

 

24bit/48kHzの高音質デジタルオーディオに対応

AVC-Intraモード時、24bit/48kHzサンプリングの高音質デジタルオーディオ4チャンネルの記録再生に対応。DVCPRO HD時は、16bit/48kHzサンプリングで8チャンネルオーディオの記録再生が可能です。
AES/EBUデジタルオーディオ入出力(BNC端子)を装備、デジタルオーディオ機器やデジタルVTRとのインターフェイスが可能です。SDIのエンベデッドオーディオもにも対応。
SDの場合はDVCPRO 50/DVCPRO/DVの全コーデックで4チャンネルの記録再生に対応します。

 

SDI(HD/SD)入出力

放送用システムとして標準のSDI端子を標準装備。SDI(HD/SD)入出力が可能です。回線収録・スタジオ制作・送出などさまざまな業務に運用できます。カメラレコーダーと接続した場合はカメラ側のトリガーに連動してRECスタート/ストップが可能です。入力の系統選択はフロントパネルの“INPUT SELECT”キーでVIDEO/AUDIOそれぞれに可能。出力はスーパー表示およびサムネール表示に対応しています。

 

AC/DC両電源対応

100V-240VのユニバーサルAC電源と、バッテリー駆動も可能なDC12V電源の両方に対応。スタジオでもフィールドでも使用できます。

 

IEEE 1394入出力

DVCPRO HD(DVCPRO 50/DVCPRO/DV)機器と接続して、画質劣化のないDVCPRO圧縮ストリームを入出力できるデジタル入出力です。

 

アナログ入出力

コンポジットIN、コンポジットOUT(モニター兼用)、オーディオIN/OUT(4CH)、オーディオモニターOUT(2CH)、TC IN/OUT(タイムコード・ジェネレーター/リーダー内蔵)、 リファレンスINを装備。

 

取材現場で、デスクで、スタジオで。放送業務からシネマ制作まで柔軟なワークフローを提供。

取材・制作現場で:ビューアーとして編集機として活用できます。

ワークフロー(取材・制作現場)

 

報道取材現場で:インターネット転送を用いたHDニュース速報に単体で対応します。

ワークフロー(報道取材現場)

 

編集スタジオで: リニア(VTR)/ノンリニア(PC)にインターフェイス。

ワークフロー(編集スタジオ)

 

中継車で:省スペースで車載でき即時性を高められます。

ワークフロー(中継車)

 

シネライク制作に:デジタルシネマカメラからの1080/24p収録。

ワークフロー(シネライク制作)