高感度・低ノイズで優れた色再現性を実現する4Kスタジオカメラ 2020年秋発売予定 4Kスタジオカメラ AK-UC3300[多治見コネクターモデル] AK-UC3300S[LEMOコネクターモデル]

4KスタジオカメラAK-UC3300/UC3300Sは、11メガピクセルの大判センサーを搭載した放送業務用カメラです。オーバーサンプリングにより水平解像度2000TV本の高画質4K映像撮影を可能にし、高感度を実現しながらS/N比62 dB以上の低ノイズを確保しました。また、2倍速のHDハイスピード撮影機能に加え、1/100秒の高速読み出しによるスキュー低減機能を備えているため、動きの激しいライブイベントやスポーツ中継に優れた運用性をもたらします。

2160/59.94pや1080/59.94pのマルチフォーマットに対応し、UHD/HDのサイマル出力が可能。用途にあわせた柔軟な運用が可能です。さらに、カメラコントロールユニット(CCU) AK-UCU600/UCU600Sと組み合わせることで、12G-SDI出力やTICO※1 over SDI出力、MoIP (Media Over IP)※2出力に対応。次世代の様々な制作環境に対応したシステムを構築することができます。

※1:intoPIX 社が開発したコーデックでTiny Codecの略。
※2:カメラコントロールユニット(CCU)にAK-NP600G(IP/12G/3G Interface Kit)を装着した時。

スタジオカメラシステム

主な仕様 (暫定仕様)

  • 11メガピクセルの大判センサーを採用し、水平解像度2000TV本の4K映像が出力可能。
  • F10 (2000lx)の高感度とS/N比 62 dB の低ノイズを実現。
  • レンズの色収差補正機能(CAC)を搭載。
  • ローリングシャッター歪みを抑える1/100秒高速読み出しに対応。
  • 黒つぶれ、白とびを抑えるDRS(ダイナミックレンジストレッチャー)機能を搭載。
  • 3840×2160/59.94pのUHD出力と、HD出力のサイマル運用に対応。
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)および広色域ITU-R BT.2020 に対応。
  • HD ハイスピードモードに対応(2倍速)。
  • UHD 12G-SDI(2系統)出力とTICO over SDI(1系統)出力を装備(AK-UCU600/UCU600S 接続時)。
    さらに、次世代MoIP(Media over IP)にもオプションで対応。

※本機は、ビルドアップユニットには対応していません。大型レンズをご使用になる場合はレンズメーカーのレンズサポーターが必要です。

対応フォーマット一覧 (AK-UCU600から出力したフォーマット)

UHD 2160/59.94p, 2160/50p, 2160/29.97p, 2160/25p, 2160/23.98p
HD 1080/59.94p, 1080/50p, 1080/59.94i, 1080/50i, 1080/29.97PsF, 1080/25PsF, 1080/23.98PsF
720/59.94, 720/50p
HD Hi-Speed 1080/59.94p-120fps, 1080/50p-100fps, 1080/59.94i-120fps, 1080/50i-100fps,
720/59.94p-120fps, 720/50p-100fps

※ HDハイスピードモード時。

0.7型フルHD OLEDカラービューファインダー

AJ-CVF70GJ NEW(2020年秋発売予定)

  • 0.7型のカラーOLEDパネルを採用。
  • 高コントラスト比とピュアブラックにより高い映像表現が可能。
  • 光学ズームレンズを備えた38mm大口径接眼レンズを搭載。

関連機器

※ 最新の本体ファームウェアが必要です。ファ−ムウェアのバージョンアップについては「サポート&ダウンロード」をご覧ください。