暫定

2020年夏発売予定

KAIROS -Incledible ProductivityKAIROS -Incledible Productivity

IT/IP Centric Live Video Processing PlatformIT/IP Centric Live Video Processing Platform

入力・出力・オペレーティング自在。
表現力豊かなライブ映像を効率的に制作できる統合型システム。

IT/IPプラットフォーム“KAIROS”は、新しいコンセプトとアーキテクチャーによるライブ映像制作プラットフォームです。ST 2110、NDIなどのパケットをCPUおよびGPUの能力で処理する独自の革新的なソフトウェア開発によって実現しました。機器のリソースが最大限に活用されることにより、ハードウェア構成による制約に縛られる既存のシステムでは実現できないパフォーマンスをもたらします。オープンなプラットフォームは外部機器連携やシステムの統合化を容易にします。このシステムの進化は考えうる限りの、あらゆるレベルでの自由をもたらしてくれます。

多彩な入出力選択

KAIROSは、SDI、ST 2110、NDIなどベースバンドとIPパケットをフルにサポートします。しかもこれらはすべて同時に使用できます。PTP(Precision Time Protocol)同期にも対応可能。最新のIPテクノロジーをフルに取り入れることで、KAIROSはリモート制作にも対応し、フルIPベースの環境に対応します。

解像度フリー・画角フリー

KAIROSは、解像度・画角に依存しないオペレーションが可能です。入力ソースはHDやUHDなどの異なった解像度を混在できます。また16:9の標準画角だけでなくウォールディスプレイ等に活用できる32:9などの特殊な画角の映像制作を可能にします。

  • 自由にカスタマイズ可能なマルチビューディスプレイ

  • 32:9スクリーンを表示したマルチビューディスプレイ例

レイヤー構成による多彩な映像表現

KAIROSは、従来のスイッチャーのようにME数・KEY数の制約に縛られません。GPUパワーの許す限りレイヤーを重ねていくだけで良く、レイヤー毎にKEYやスケーリングを制限なく設定可能です。またレイヤーにはキーに加えてさまざまなエフェクトを加えることも可能です。最短1フレーム遅延のKAIROSは、スポーツシーンやミュージックライブにおいても臨場感を損なわないライブ演出が可能です。

  • レイヤー構成による多彩な映像表現

    レイヤー構成による多彩な映像表現

  • レイテンシー(映像遅延)は1フレーム

    レイテンシー(映像遅延)は1フレーム

フレキシビリティとスケーラビリティ

KAIROSは、高い柔軟性・拡張性を備えています。ITベースのオープンアーキテクチャーであるため、アプリケーションソフトウェアの追加による機能拡張や外部機器連携が可能。システムの拡張や統合化が容易に図れます。

ユーザーフレンドリーなインターフェイス

直感的で使いやすいGUIとレイアウトを自由にカスタマイズできるKAIROSコントロールパネルによって、ユーザーの創造性を解き放ち、操作性を高めつつ、省スペースの運用を実現。使いやすさの新しいスタンダードになるでしょう。

  • Kairos Core

    Kairos Core

  • Kairos Control

    Kairos Control

  • Kairos Creator

    Kairos Creator

機器構成

Kairos Core
メインフレーム
1RUサイズ、OS:Linux
(ベースバンド入出力拡張ボード/NIC/GPU含む)
Kairos Control
コントロールパネル
(2つのフェーダー付き24XPTスタイルのレイアウト、
自由にユーザアサイン可能、複数台使用可能)
Kairos Creator
GUIソフトウェア
各種設定・操作用GUIソフトウェア
(OS:Windows)

主な仕様(暫定仕様)

  • 映像入出力: システムに接続できる入出力数には制限なし
    同時映像処理制限:
    HD/3Gの場合: 最大32入力、16独立出力(オプション使用時)
    UHDの場合: 最大8入力、4独立出力(オプション使用時)
    UHD/HDなどさまざまなフォーマットの混在運用が可能
  • ベースバンド入出力: 12G/3G/HD-SDI、HDMI、DisplayPortなどさまざまなインターフェイスにゲートウェイ経由で対応
  • IP入出力: ST 2110、NDI、RTPなどさまざまなインターフェイスに対応
  • マルチビューワー出力: 2出力
    (DisplayPort、4K/HD対応、最大36画面)
  • ME/KEY(レイヤー)数: GPU性能まで制限なし
  • キャンバス(画角フリー、複数スクリーン)出力対応
    (オプション使用時)
  • 動画ファイル保持: 内蔵RAMレコーダー8ch(非圧縮)、
    メディアプレーヤー2ch (4K時は1ch)(圧縮)
  • 静止画ファイル保持: 100枚
  • PTP(Precision Time Protocol)同期

概要説明ビデオ

概要説明

使い方説明ビデオ

1: 映像合成

2: フォーマット・解像度・キャンバスサイズが自由に選択可能

トークセッション

IT/IPプラットフォーム紹介@IBC2019

IT/IPプラットフォームのデモ@IBC2019

アプリケーション例

InterBEE2019 デモンストレーション紹介

ソリューション

スマートスタジオ

スマートスタジオ

IT/IPプラットフォーム“KAIROS”による
新しいスマートスタジオ

IT/IPプラットフォーム“KAIROS”は、オープン・アーキテクチャーによるソフトウェアベースのライブ映像制作プラットフォーム。Kairos Core(メインフレーム)はSDI、ST 2110、NDIなどベースバンドとIPパケットをサポートし、解像度や画角の制約を受けません。またリモート制作にも対応し、フルIP ベースの環境に対応します。エフェクト/ミックス処理は従来スイッチャーのようにME数・KEY数の制約に縛られず、GPUパワーの許す限りレイヤーを重ねることができます。また遅延は最短1フレームです。直感的で使いやすいKairos Creator(GUIソフトウェア)とレイアウトを自由にカスタマイズできるKairos Control(コントロールパネル)は省スペースでの高い操作性を提供します。従来のような多くの専用機器、ソフトウェア、ケーブルや変換ツールを必要とせず、シンプルで自由自在、かつ省スペースの制作スタジオを構築します。

スマートステージ
(大規模コンサート)

スマートステージ(大規模コンサート)

マルチカメラによる収録、会場の大型スクリーン、
そしてステージ演出までを統合管理

IT/IPベースのライブ映像制作プラットフォーム「IT/IPプラットフォーム“KAIROS”」を用いたライブコンサートのためのソリューション。KAIROSはSDI、ST 2110、NDIなど、ベースバンドとIPパケットの入出力をサポート。解像度と画角に依存しないオペレーションが可能なため、ウォールディスプレイ用の32:9など特殊な画角の映像を扱えます。さまざまな映像表示システムに適した映像を同時に出力することが可能です。またこれらを統合したオペレーションで管理でき、8K ROIカメラ、リモートカメラを用いた撮影とあいまって、機材の簡素化、オペレーターの省力化、設置の省スペース化が図れます。映像制作の効率化とともに、コンサートの演出を高めるスマートなマネージメントに貢献します。

KAIROS Alliance Partners

KAIROSは、無数に拡がるITエコシステムを活用し、ソフトウェアの追加によって容易に機能を拡張し、外部デバイスと連携することができます。そのため、KAIROSを積極的にサポートしていただけるメーカー、サプライヤーと提携し、ユーザーに機器接続の検証結果を積極的に開示する事や、より統合されたシステム制御連携を図る為の技術協力などを行なってまいります。今後もパートナーを拡げてまいります。

  • AV Stumpfl
  • Brainstorm Multimedia
  • ChyronHego
  • Cisco Systems, Inc.
  • Deltacast
  • Densitron
  • grass valley
  • Green Hippo
  • KST Moschkau GmbH
  • Mellanox Technologies
  • NewTek
  • NVIDIA
  • RIEDEL
  • Simplylive
  • Vizrt

※2020年6月現在