映画『あずみ2~Death or Love』&『ビートキッズ』


 撮影監督の阪本善尚氏(J.S.C.)は、VARICAMの開発段階から携わり、「突入せよ!あさま山荘事件」では全編にわたってVARICAMを撮影で使用するとともに、このほど撮影監督として『あずみ2~Death or Love』と『ビートキッズ』の2本の映画作品でVARICAMを活用した。『あずみ2』はフィルムとの混在、『ビートキッズ』はオールデジタルでシネマスコープと10bit非圧縮のHDD収録、というデジタルシネマ制作における新しいステージへのアプローチを試みている。阪本氏にこの2作品の話を中心に話を聞い。

『あずみ2~Death or Love』
 小山ゆう氏の同名漫画の実写映画化第2弾『あずみ2~Death or Love』。2005年3月15日に公開予定(配給:東宝/配給協力:日本ヘラルド映画)の同作品は、「クロスファイア」「ガメラ」シリーズなどの金子修介監督がメガホンをとり、撮影では35ミリフィルムとVARICAMが併用されるとともに、松下電器産業のマルチパーパスカメラ[AK-HC911]も一部カットで使用されている。また、バリアブル・フレーム・レート機能を活用したハイスピード撮影も行われ、現場に設置したフレーム・レート・コンバーターによる確認は利便性が高かったという。35ミリおよびHD720pの映像素材の調整とフィルムレコーディングはIMAGICA。フィルム素材とHD素材は、シネオンの10bitログをプラットフォームとすることでマッチングを行い、収録はHD D5で行われた。レンズはフジノンのHDスーパーシリーズのとツァイスの単焦点レンズ。CG作業は、10bit素材によってNTTメディアラボが行った。

○フィルムとデジタルの混在
 最初、撮影の話を受けたときは全部フィルムで、ということでしたが、いろいろ話をしていくに従って多くのCGカットが必要ということが分かってきました。矢が飛んだり、手裏剣が飛んだり、そういったカットが150以上ある、と。そういった合成パートすべてをフィルムで撮影することになると、規模的にかなり大きなものになってしまうため、撮影ではフィルムとVARICAMの併用というスタイルを採ることになりました。最終的にはフィルムとデジタルの比率は7:3くらいでした。
フィルムとHDの映像をマッチングする、というのは、撮影する立場としてはとても大変な作業が伴います。撮影準備から最終的な上映用フィルムに至るすべてのプロセスをいかに組み立てていくか、ということが最初に取りかかった作業です。そこでシネオン/10bitログを共通のプラットフォームとすることで、フィルムとHDの映像をマッチングしていく手法を考えました。デジタルでの撮影では、VARICAMが持つフィルムの特性曲線と親和性の高いF-Recガンマと、10bitに対応したHD D5収録という組み合わせを選択しました。
オールデジタルで撮る作品は増えてきています。最初から最後までデジタルでやるデジタルシネマについては、もうほとんど問題はないといえます。その一方で、まだまだ多くのカメラマンがそのなかに勇気を持って踏み込んでいける人が少ない、という現状もある。少なからず今の需要において、特撮・合成部分をデジタルで撮る、ということに対してはそれほど抵抗感は少なくなってきていて、フィルムをキャプチャーするためにはそれだけコストがかかり、また合成カットはデジタル上でコントロールすることになるため、撮りからデジタルにした方がいい、ということへの理解も浸透していると思います。ただし、フィルムとデジタルが混在した際のクオリティや手法といったものがまだ確立・保証されていないことによって、カメラマンが二の足を踏んでしまう、ということだと思います。
そういった意味において、今回の『あずみ2』はフィルムとデジタルの混在という大きなテーマに挑んでいるわけです。いまの日本の映画制作において、混在のスタイルの方がシェアがあるわけですから。『あずみ2』という作品で、キチッとその可能性を証明する必要があったということです。

○マルチパーパスカメラも使用
 『あずみ2』では、VARICAMだけでなく、松下のマルチパーパスカメラ[AK-HC911]も活用しました。主に殺陣のシーンなどにおける主観移動や、 カメラの小型性を最大限発揮できるような低い位置および俯瞰撮影などで使いました。ただ、元々このカメラはフィールド用に設計されたものではなかったため、制作現場で使えるようにバッテリーや強度などを少しカスタマイズしました。使ってみて、カメラ部とVTR部が分離したセパレートタイプのVARICAMがあると便利、ということを感じました。松下にはぜひ開発してもらいたいですね。

○キチッと管理されたモニターで見ることの重要性
 フィルムというのはRGBで、HDはYUVという全然違う傾向/軸を持っています。そのYUVとRGBの整合性を図ることが大切な作業でした。そのとき重要視したものの一つに、きちんとキャリブレーションされたモニターで見るということがありました。室内も僕の瞳孔がきちんと同じようになるように、光・環境を調整してテストを繰り返しました。
最近、映画のデジタル制作が増えてきていますが、現場のモニターで見た映像が最終的にどうして同じにならないんだろう?という疑問を持っている人たちが多いと聞きます。人間の目というのは瞳孔が自由に絞れるため、周りの環境にとても敏感に影響されてしまうものでもあります。そのことによって、現場のモニターは「絶対」ではない、ということを肝に銘じておくべきです。だから、僕はデジタルで撮って最終的にフィルムにする映画制作においては、モニターを基準とするのではなく、メーターでキチッと計測するということを提唱しています。 

○F-Recというガンマを持つVARICAMだからこそ
 HDカメラは現状、いくつかの機種が開発され、実際に使用されていますが、VARICAMの最も優れたポイントは、フィルムに近づけようという方向性を持ちながら開発が進められたことによって、F-Recというガンマを持っていることだと思います。F-Recガンマがあったからこそ、『あずみ2』では10bit収録という選択肢を採ることができました。そしてフィルムと同じカタチに持ち込めることが可能となった。シネオン/10bitログに統一しておくことで、フィルムと全く共通の同じステージで作業をすること、さらに世界各国どこのラボでも対応が可能になったわけですから。VARICAMによって、やっと放送用の機器が映画制作の仲間入りを果たせた、といえます。

『ビートキッズ』
 2005年春に全国ロードショー公開予定の映画『ビートキッズ』。第38回講談社児童文学新人賞、 第36回野間児童文芸新人賞、第9回椋鳩十児童文学賞などを受賞した風野潮氏の同名小説を映画化したもので、監督は塩屋俊氏が務めた。撮影では全編でVARICAMが使用されるとともに、計測技術研究所のHDDレコーダー[UDR2]を活用し10bit非圧縮による収録が行われた。ポストプロダクションは東映ラボ・テックが担当し、デジタル上映をHD D5原版で行う予定。

○テーマはHDD収録とシネスコ
 『ビートキッズ』は、ロードショー公開後のデジタルプロジェクターによるホール上映を見据えた企画ということもあり、最初からフィルム撮影ではなくデジタル撮影という方向でした。
撮影における大きなテーマはVARICAM+10bit非圧縮によるHDD収録です。[UDR2]を使い、10bitログのファイルに変換して、そのデータを東映ラボ・テックのPIRANHA HD(ピラニアHD)上で作業するというプロセスです。また、もう一つ大きなテーマとして、シネマスコープがありました。作品が群像劇なのでシネマスコープサイズを選択したわけですが、VARICAMにアナモフィクスレンズを装着して、上下を伸ばしたカタチで収録を行うため、どうしても10bitのレゾリューションが欲しい、ということもHDD収録にした要因です。

○デジタルシネマは非圧縮収録の方向に
 撮影中に、非圧縮と通常のDVCPRO HDの映像を比較する機会がありましたが、シャープネス、そして色味がここまで違うのか、と痛感しました。と同時に、映画のデジタル制作はこれから非圧縮の方向に向かう、ということも実感しました。少なくとも合成パートは非圧縮の方がいい。かといって撮影機材として非圧縮のハンドカメラというのはなかなか開発が難しいと思うので、限りなく圧縮率の低いカメラレコーダーが出てくると思います。その場合、通常の芝居部分はそれで充分かもしれないですが、合成カットについては、非圧縮は必須だと思います。
今回[UDR2]を使ってみて良かったのは、起動時間が速いこと。撮りたいタイミングですぐに収録が開始できる。フィルムをやっているのと全く変わらなかった。それと、VARICAMと組み合せることで、AUTO REC機能が働くため、基本的に[UDR2]を無人操作できるというのも、すごく使い勝手が良かった。あとは筐体がコンパクトになって欲しいですね。

○「映画」に一番近いカメラという強み
 VARICAMは、デジタルを非常にエコノミーな部分で使えるようにしてくれたカメラレコーダーといえると思います。その功績は大きい。
映画ということにジャンルを絞って話すと、今後収録メディアはテープからディスクに移行していくことは間違いないと思います。そういったときに、VARICAMがどういった進化を見せてくれるのか、という期待があります。VARICAMのカメラ部分については、かなりの完成度を持っているので、ENGスタイルではなく、カメラとVTR部分がセパレートしたカタチの撮影システムが欲しいですね。収録メディアも撮影者が選べるカタチのドッカブルスタイルといったものがあると、撮影のバリエーションも広がると思います。
そして、やはりVARICAMの魅力はF-Recガンマです。収録メディアがテープからディスクに変わっても、F-Recというガンマを持つVARICAMは、「映画」に一番近いカメラレコーダーであることは変わらないと思います。デジタルという名前のフィルムという考え方を持っている、というのは大きなアドバンテージです。