解凍保冷庫

解凍保冷庫 イメージビジュアル


厨房で行われている解凍方法と課題


冷蔵庫解凍

冷蔵庫解凍イメージ

解凍に時間がかかり、解凍ムラがある。


流水解凍

流水解凍イメージ

シンクスペースを占有してしまう。


常温解凍

冷蔵庫解凍イメージ

ドリップ量が多く、食材のうまみが逃げてしまう。


パナソニックの解凍保冷庫がこれまでの解凍時の問題を解決します!



特長


1.2種類の解凍モードを搭載

連続解凍モード  温度設定だけで使えるモードです。
設定した温度以上には昇温せず、品温を一定に保ちます。
取り出し不要で冷凍食品の追加投入もできます。【当社独自方式】

冷凍品を投入すると機器が感知し、解凍ヒーターが運転します。


ステップ制御モード  予め設定したプログラムで運用します(温度・時間設定)
一般的な冷蔵庫解凍での解凍に比べ大幅に解凍時間を短縮できます。(追加投入時には取り出しが必要です)

グラフ:冷蔵庫解凍と解凍保冷庫解凍 比較試験



2.Kシリーズのインバーター冷却ユニットを搭載

解凍ヒーターと相互にインバーター冷却制御。冷却能力の可変と省エネ運転を実現します。



3.小型ファンを複数搭載し温度ムラを抑制

送風による熱交換促進と庫内温度ムラを抑制し、均一な仕上がりを実現します。



4.単相100V駆動のため既存冷蔵庫からスムーズに入替が可能

※100V電源は単独1回路15Aが必要です。



ラインアップ