ブラストチラー&フリーザー

ブラストチラー&フリーザー イメージビジュアル

3種類の冷却モードと運転制御モードの組み合わせで、きめ細やかな冷却運転が可能

冷却モード 操作パネル部分拡大

ソフト冷却

凍結することで組織が壊れやすい食品(プリン、野菜類、豆腐など)の冷却に適しています。

ハード冷却

ハンバーグ、肉団子など、肉類の冷却に適しています。

急速凍結

できたての調理品などを急速に凍結させます。

プログラム
設定温度は冷却モード・運転制御モード毎の設定範囲内で変更可能です。
5段階の風量設定と合わせてお好みの食品の冷却・凍結に対応できます。
プログラムは全部で20個まで設定可能です。


メニューに応じて、風速を5段階に設定可能

乾燥を防止したいものや、形状が不安定なもの、グラタンなどの冷却しにくい形状のものなど、メニューに合わせて、適切な冷却を実現するために、風速を調整する事が可能です。



庫内をあらかじめ冷やす「予冷運転機能」をプラス。
食品の冷却温度も1℃単位で設定可能。(-35℃~30℃)

食品を庫内に入れる前にあらかじめ冷やしておける「予冷運転機能」を新たに追加。スムーズに冷却工程に移ることができるので、冷却時間を短縮します。



芯温センサーがスムーズに取り出せる「芯温ヒーター」機能


食品の芯温計測後に芯温センサーをヒーターで温め、凍結した食品から芯温センサーをとりだしやすくします。



深さ25 mmホテルパンを12段収容(FCS-BCU06N1の場合


FCS-BC07N1 14段(深さ25mm)、FCS-BC12N1 24段(深さ25mm)



集中監視通信対応


庫内温度データや異常時の警報データを通信出力する機能を標準装備しています。当社 P-AIMSを用いた設備温度監視、エラー監視など、機器保守に効果を発揮します。



庫内の菌※1を抑制する「ナノイー」搭載


パナソニック「nanoe(ナノイー)」技術

「ナノイー」ロゴ「ナノイー」は、高反応成分(ラジカル)、電荷を有し、弱酸性を示す直径約5~20nmの水粒子。高反応成分は、ニオイ分子の分解や、菌の表面を変性させることが知られています。「菌の抑制」 「付着臭の脱臭」等に効果があることが検証されており、すでに家庭用の空気清浄機、エアコン、冷蔵庫、洗濯乾燥機、美容機器、自動車等へ応用されています。

「ナノイー」詳細情報

予冷運転時に

予冷運転時に「ナノイー」を庫内に放出します。

1日の清掃後に

1日の運転、清掃後に「ナノイー」を庫内に放出します。

本体に添付の清掃マニュアルに則り、1日の運転後には清掃を実施してください。

「ナノイー」庫内放出イメージ



壁面に付着している菌の除菌※1効果

「ナノイー」あり・なし比較グラフ

※1試験依頼先:(財)日本食品分析センター
試験方法:FCS-BC12N1庫内に菌を塗抹した寒天培地を配置し、「ナノイー」噴霧4時間30分後の生菌数を測定。
対象場所:庫内壁面の付着菌
試験結果:4時間30分後で99%以上の除菌効果
報告書番号:第 13102167001-01 号
*上記試験は、2種類のみの菌で実施。


「nanoe」、「ナノイー」及び「nanoe」マークは、パナソニック株式会社の商標です。

実際の効果は、季節・周囲環境(温度・湿度)などによって異なります。

「ナノイー」は菌を抑制する機能はありますが、食中毒予防を保証するものではありません。



ラインアップ


アンダーカウンタータイプ


タテ型